【2020年版】オーデマピゲのシリーズ別人気ランキングとリセール率

世界三大高級時計のうちの一つで世界中のセレブから大人気なオーデマピゲ

オーデマピゲはラグジュアリースポーツウォッチとして、初めてステンレス製のアイテムを出したことで話題となりました。そして当時出したロイヤルオークは現在のデカ圧ブームの先駆けとして現代でも人気の高いアイテムとなっております。

ただ悲しいことにロイヤルオークの人気が高過ぎてロイヤルオーク以外のモデルを知らない人が多く存在します。

そこで今回は、ロイヤルオークはもちろん他のモデルを人気ランキングとして紹介させていただきます!

これからオーデマピゲの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

1 オーデマピゲの人気が出た二つの要因

まずはオーデマピゲが“なぜ人気が出たのか”という要因からお伝えさせていただきます。

世の中には高級時計メーカーはたくさんありますが、その中でも特に人気が高いオーデマピゲです。

100万円を超える価格で売っているにも関わらず人気が高いのには二つの要因があります。

  • 元々高く売れる素質がある時計だった
  • ロレックスなど他ブランドの価格高騰の影響

この二つの要因がどのように作用しているのかをお話させていただきます。

1-1 世界三大高級時計メーカーとして人気が出る素質があったから

オーデマピゲは元々世界三大高級時計のうち一つに数えられる時計として知名度が高いブランドです。

1875年に創業し1921年に世界で最も薄い懐中時計を開発したくらい高い技術力を持っているメーカーで、歴史はもちろん技術力も確かなブランドです。

代表モデルであるロイヤルオークは1972年に発売されたスポーツタイプの時計です。当時、高級時計と言うと18金やプラチナなど高級素材を使うのが一般的でしたが、オーデマピゲは高級時計としては珍しくステンレススチールの素材を採用したことにより話題となりました。

また、現代では39mmというサイズは普通ですが、当時は小さい時計が多かったため珍しさから注目の的となりました。現代でいうパネライやウブロで起こったデカ圧時計ブームのようなイメージで盛り上がったようです。

この高度な技術がありながら常識を覆すようなデザイン性から世界三大高級時計として知れ渡ったのです…。しかし、それでも一般の人の知名度は現在より低く一部の時計好きのみ知っているようなブランドでした。

現代のような知名度が高いブランドに成長したのは“ロレックス”と“パテックフィリップ”の二つブランドの影響だと言われております。

1-2 ロレックスやパテックフィリップなどの値上げによる影響

オーデマピゲの人気を語るのに“ロレックス”と“パテックフィリップ”の存在は欠かせません。競合他社であるこの2社の影響が大きくかかわってきます。

時は2013年ロレックスの高騰まで遡ります。

当時ロレックスは現在のような100200万円で売っている時計ではなく、~100万円くらいの価格帯のアイテムでした。そして2013年にロレックスの人気と共に高級時計ブームが到来します。人気が高まる需要が供給を大きく上回り相場が高騰します。

ロレックスが高くなると当時ロレックスよりも高かった“オーデマピゲ”が安価に感じ注目を集めます。

同時にパテックフィリップの高騰により同じ三大高級時計のオーデマピゲをチャレンジしてみようという方も増えてきます。

この二つのブランドの高騰によりオーデマピゲの人気が加速して現在でも特に人気が高いモデルとなりました。人気が出た後もオーデマピゲの技術力やデザイン性の高さから人気を保ち続け今の立ち位置で落ち着いているのです。

以上がオーデマピゲが人気な二つの要因でした。

元々の素質もあったので何もしなくても現在のような立ち位置にいることはできたのかもしれませんが、パテックフィリップやロレックスなど他ブランドの影響もあって人気が出るスピードが速まりました。

それではどのようなアイテムが人気なのかまずは特徴から見ていきましょう。

2 オーデマピゲの人気ラインの3つの特徴

オーデマピゲのモデル各自のランキングに入る前に簡単にどのようなものが人気なのかをざっくりとお伝えさせていただきます。

  1. モデル:ロイヤルオーク>ミレネリー>ジュールオーデマ
  2. 文字盤カラー:青>白>黒
  3. 機構:クォーツ式>自動巻き>自動巻き>クロノグラフ>複雑機構(コンプリケーション)

    今回紹介させていただくのは

    • ロイヤルオーク
    • ミレネリー
    • ジュールオーデマ

    この3つのシリーズとなります。

    特に人気なシリーズはロイヤルオークで続いてミレネリー、ジュールオーデマとなります。

    スポーツタイプが特に人気でオーデマの顔とも言えます。ミレネリーとジュールオーデマはドレスモデルとなっており、所持している人は少ないアイテムとなります。

    続いて文字盤のカラーと機構の傾向なのですが、青色>白色>黒色の順で人気となっております。

    ただ、人気と言ってもわざわざ人気なものを選ぶ必要はないので、ご自身でお好きなカラーを選んで購入するようにしましょう。

    ※他ブランドでは黒⇒白⇒青の順なのでオーデマピゲ独特な人気傾向となります。

    最後は機構についてご説明します。

    機構は

    クォーツ式>自動巻き>自動巻き>クロノグラフ>複雑機構(コンプリケーション)

    というような感じになっております。

    オーデマピゲの場合には基本が自動巻きとなり、分かりやすく“シンプル”とさせていただきます。

    クロノグラフや複雑機構の場合には機能性が追加され、文字盤も機械的になりデザインも異なります。機能が追加されるとその分価格帯が大幅に上がり、購入層が絞られてしまいます。

    比較的安価で購入することができるのと、シンプルなタイプの方が普段着用しやすいという特徴から人気が出ています。また、特にロイヤルオークはシンプルで洗礼されたデザインが人気ということも要因の一つだと思います。

    この人気の傾向がざっくりと分かったところで本編のランキング紹介とさせていただきます。

    3章ではロイヤルオーク

    4章ではロイヤルオークオフショア

    5章ではミレネリー

    6章ではジュールオーデマ

    気になるところからお読みくださいませ。

    3 【ロイヤルオーク編】人気モデルランキングTOP5

    ロイヤルオークはオーデマピゲの顔でありメインラインとなります。

    オーデマピゲと言えばロイヤルオークをイメージされる方も多いかと思います。

    ロイヤルオークをデザインしたのは“ジェラルド・ジェンタ”と言うデザイナーで、オーデマピゲをデザインしたのち、パテックフィリップのノーチラスやIWCのインジュニアなどを手掛けております。

    この独特なデザインはイギリス王立艦船ロイヤルオーク号の船窓をイメージしており、名前もそこから付けております。

    そしてロイヤルオークは、ただの高級時計ではなく“ラグジュアリースポーツウォッチ”としてどの高級時計メーカーよりも先に発売し、世界の最先端を取っておりました。

    そんなロイヤルオークの人気アイテムはどのような並びになるのでしょうか。

    先ずは一覧でご覧ください。

    【ロイヤルオーク人気モデルランキングTOP5

    ロイヤルオークは定価よりも中古相場の方が高くなっておりますね。

    人気から現行品が出てもすぐに売り切れてしまったり、そもそも入荷しないことで市場価値が高まり相場が高くなっております。

    定価で手に入れることができればそれが一番いいのですが、定価を正規店入手することはまず無理だと思って、中古や並行輸入品から購入するように考えておくと良いでしょう。

    それではそれぞれの詳細について掘り下げていきましょう。

    3-1 ロイヤルオークオートマティック 15500ST.OO.1220ST.03

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,365,000

    中古相場

    ¥2,880,000

    買取価格

    ¥2,400,000

    リセール率

    101.48%

    シンプルなタイプのロイヤルオーク

    素材はステンレススチールでケースサイズは41mmと大きいサイズです。文字盤は黒色です。

    2019年に出た新作で発表当時は310万円で取引されておりましたが、現在では290万円前後となっております。2019年末には270万円までさがっており現在は相場が上がってきておりますので、安く購入したい場合には少し様子見が必要です。しかし、新作で流通量が少ないためどうしても欲しい場合には早いうちに購入をしましょう。

    もしも売りたい場合には今の高い価格のうちに売ると良いでしょう。ロイヤルオークの相場は一覧で見た通りかなり上がるわけではありません。今が最も高い価格となりますので、なるべく早い売却がオススメです。

    3-2 ロイヤルオーククロノグラフ 26331ST.OO.1220ST.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,080,000

    中古相場

    ¥3,880,000

    買取価格

    ¥2,600,000

    リセール率

    84.42%

    クロノグラフタイプのロイヤルオークで2018年に出たまだまだ新しいモデルです。

    文字盤は青で日付機能+スモールセコンドの機能を搭載しております。

    中古相場は発売当初260万円だったものが現在では380万円まであがっております。2019年の夏ごろにパテックフィリップやロレックスの相場が一気に下がったのですが、このモデルはその時期に60万円も相場が上昇しました。現在は相場が上がってきておりますので、23カ月ほど様子見してから購入することをオススメします。

    買取価格は現在は若干落ちてしまっております。そのため少し様子見して動いた方がよさそうでしょう。

    3-3 ロイヤルオークエクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,970,000

    中古相場

    ¥4,600,000

    買取価格

    ¥3,300,000

    リセール率

    111.11%

    ロイヤルオーク「ジャンボ」エクストラシンと言う名称のロイヤルオークです。

    ジャンボと言いつつ他モデルよりもケースサイズは2mm小さい39mmとなっております。

    中古相場は460万円と今回のランキングの中で最も高い金額となります。

    このモデルも中古が流通し始めた当初は200万円と安価で購入できたのですが、現在では460万円まで値上がりしました。これはエクストラシンの人気が高く新品はブティック限定で入手することがほぼ不可能であったためこのように相場が高騰したのです。現在では着用目的の人もそうですが投資や鑑賞目的で購入する方も増えており今後も相場は上がる可能性が高いです。購入するならなるべく早めに購入しましょう。

    買取相場は現在中古相場が上がっているということと需要がかなり高まっていることもあり、今が最も高くなっておりますので、下がる前に早く売りに行きましょう

    3-4 ロイヤルオークオートマティック 15500ST.OO.1220ST.02

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,365,000

    中古相場

    ¥2,640,000

    買取価格

    ¥2,400,000

    リセール率

    101.48%

    1位の文字盤のカラー違いとなります。

    相場や買取の情報は1位と同じなので省略させていただきます。

    1位をご参照ください。)

    3-5 ロイヤルオークオートマティック 15450ST.OO.1256ST.03

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,255,000

    中古相場

    ¥2,828,800

    買取価格

    ¥1,700,000

    リセール率

    75.39%

    1位のモデルのサイズ違いとなります。1位が41mmなのに対して37mmと小さ目のサイズです。

    中古相場は1位と同じなので省略させていただきます。

    買取価格は現在は落ち込んでおりますので、可能であれば売るのは~3カ月待った方がよさそうでしょう。

    4 【ロイヤルオークオフショア編】人気モデルランキング

    ロイヤルオークオフショアはスポーツモデルのロイヤルオークの上位モデルのようなラインナップとなります。機能はクロノグラフでダイバーズウォッチとして作られたモデルです。

    防水機能をロイヤルオークよりも向上させていることもあり、ケース圧サイズ共に大きいものが多くなります。

    そんなロイヤルオークオフショアの価格帯はどのようなものがあるのでしょうか?

    【ロイヤルオークオフショア人気モデルランキング】

    ロイヤルオークと同様に中古相場が定価を上回っているものもあれば、少しだけ下がっているものもありますね。定価は300万円以上とかなり高額な商品は多いです。

    それではどんなものがランキング上位なのか、詳細を見ていきましょう。

    4-1 ロイヤルオークオフショアクロノグラフ 26480TI.OO.A027CA.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,080,000

    中古相場

    ¥3,190,000

    買取価格

    ¥2,800,000

    リセール率

    90.91%

    2019年に出た新作で42mmとかなり大きいサイズで作られたロイヤルオークオフショア。素材はチタンを使っております。

    発売当初の相場は340万円でしたが、現在は320万円まで落ちております。中古相場は不安定なので23ヵ月は様子見をした方がよさそうです。

    買取相場も同様で安定していないので売るのは少し待つと良いでしょう。

    4-2 ロイヤルオークオフショアクロノグラフ 26470ST.OO.A099CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,135,000

    中古相場

    ¥2,450,000

    買取価格

    ¥2,100,000

    リセール率

    66.99%

    2018年に発売された新作でサイズは42mmです。カウンターのブルーと文字盤のブラウンは『ハバナスタイル』と言われるデザインで、キューバの首都であるハバナのファッションをモチーフとしております。

    中古価格はここ1年程安定しており今が買い時でしょう。2020年に入って若干上がり傾向となっているので早いうち購入すると良いでしょう。

    買取相場も同様に落ち着いておりますが、販売相場が上がり傾向にあるので1,2カ月は様子見をしてから売ると良いでしょう。

    4-3 ロイヤルオークオフショアクロノグラフ 26401RO.OO.A002CA.02

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥5,280,000

    中古相場

    ¥4,830,000

    買取価格

    ¥3,850,000

    リセール率

    72.92%

    18金ピンクゴールドのケースにブラックのダイヤルで高級感が溢れているモデルです。

    相場は発売された2017年以降、相場は特に落ち着いており2020年現在でも10万円ほどしか上がっておりません。価格幅は大きくないのでお好きなタイミングで購入すると良いでしょう。

    買取価格も落ち着いておりますので急ぐ必要はありませんが、不要であれば下落する前に売りに行くと良いでしょう。

    4-4 ロイヤルオークオフショアクロノグラフ・オートマティック 26470SO.OO.A002CA.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,190,000

    中古相場

    ¥3,110,000

    買取価格

    ¥2,650,000

    リセール率

    83.07%

    2018年発売の新作です。黒の文字盤、ベゼル、ストラップにステンレススチールのシルバーでシックに決まっているモデルです。

    発売当初の中古相場は350万円と高騰しておりましたが、一時期300万円まで下がりました。現在では320万円まで戻ってきており、相場は上がり傾向にあります。購入するとしたら上がる前に今のうちに購入した方が良いでしょう。

    買取相場は今後上がる可能性があるので、~3カ月くらい様子見することをオススメします。

    4-5 ロイヤルオークオフショアクロノグラフ 26231ST.ZZ.D027CA.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,410,000

    中古相場

    ¥2,880,000

    買取価格

    ¥2,700,000

    リセール率

    79.18%

    ケースサイズは37mmのロイヤルオークオフショアで、ステンレススチールのケースにダイヤモンドを搭載しているレディースモデルです。ダイヤモンドを使用しているということもあり、ステンレススチール素材でも定価は340万円と高額です。

    中古相場は一時期300万円でしたが、現在は下がって290万円となっております。購入するとしたら下がっている今のうちがオススメです。

    買取価格はこれ以上下がる可能性は低いので不要であれば売りに行くと良いでしょう。

    5 【ミレネリー編】人気モデルランキングTOP5

    ミレネリーはオーデマピゲを代表するドレスモデルで、実は日本人が開発に関わっているモデルです。

    開発に携わったのは浜口尚大さんと言う時計技師です。浜口さんはオーデマピゲの子会社であるルノー・エ・パピと言うムーブメントメーカーに唯一の日本人として入社しました。(※ルノー・エ・パピは複雑機構を得意とするメーカーです。)

    この子会社に居た浜口さんがオーデマピゲに移籍したすぐに担当したのがミレネリー41011位)です。

    ミレネリーはオーバル型が特徴的なアイテムで、その形はコロッセオからインスピレーションを得たと言われております。

    そんな日本人が関わっているミレネリーはどのようなアイテムが人気なのか、まずは一覧でどうぞ!

    価格はロイヤルオークより若干下がるモデルが多いのが特徴です。中古の場合には150万円ほどで購入できるアイテムもあります。

    リセール率は定価と比べてかなり落ちてしまっております。メインラインでないロイヤルオークと比べてドレスモデルは人気がないものが多いためリセール率が下がってしまう場合が多いようです。

    さて、実際にどのようなデザインをしているのか詳細を見ていきましょう。

    5-1 ミレネリー 4101 15350ST.OO.D002CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,805,000

    中古相場

    ¥1,919,900

    買取価格

    ¥1,000,000

    リセール率

    35.65%

    自社制作のムーブメントを搭載しているミレネリーです。透けて見えるムーブメントや文字盤のデザインが特徴的で美しいですね。

    中古相場は180190万円で落ち着いており、買い時はいつでもいいかと思います。

    ただし、すでに廃盤となっており新品を正規店で入手することは難しいので並行輸入品か中古品を購入するようにしましょう。

    買取相場は現在の価格で落ち着いております。不要なタイミングで売りに行くようにしましょう。

    5-2 ミレネリー 手巻き 77247OR.ZZ.A812CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,300,000

    中古相場

    ¥2,750,000

    買取価格

    ¥1,250,000

    リセール率

    37.88%

    ベゼルにダイヤモンドがあしらわれているタイプのミレネリーです。

    ケースは18金ピンクゴールドを使用しており高級感があふれ出ているモデルです。

    相場は1位同様安定しておりますので、購入時期はいつでも良いでしょう。こちらのモデルは新品がまだ販売されておりますので、欲しい方はブティックに問い合わせしてから購入しましょう。

    買取相場は現在の価格で落ち着いております。不要なタイミングで売りに行くようにしましょう。

    5-3 ミレネリー 77301ST.ZZ.D015CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥1,890,000

    中古相場

    ¥1,460,000

    買取価格

    ¥500,000

    リセール率

    26.46%

    白と黒で統一された綺麗なデザインの時計です。ベゼルには合計0.62カラットのダイヤモンドが66個使用されております。

    相場も140150万円でおちついておりますので、お好きなタイミングで購入すると良いでしょう。ただし、この商品も1位同様に廃盤となっているので、購入は並行輸入品か中古を探すようにしましょう。

    買取相場は現在の価格で落ち着いております。不要なタイミングで売りに行くようにしましょう。

    5-4 ミレネリー 手巻き 77247BC.ZZ.A813CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,520,000

    中古相場

    ¥2,980,000

    買取価格

    ¥1,250,000

    リセール率

    35.51%

    ホワイトゴールドのケースに合計0.60カラットのダイヤモンドを使用しているモデルです。

    手巻き時計となっており、パワーリザーブは49時間となっております。

    このモデルは3位と販売と買取の相場の傾向が同じなので省略させていただきます。

    5-5 ミレネリー リミテッド エディション 15331OR.OO.D002CR.01

    出典:楽天市場

    定価

    ¥3,905,000

    中古相場

    ¥3,397,900

    買取価格

    ¥2,100,000

    リセール率

    53.78%

    このモデルはインテリアデザイナーの森田恭通がデザインした特別なモデルで200本限定で販売しました。時計左側はシャンパンの泡をモチーフにしたものです。

    2019年に発売されたモデルで相場は出始めの375万円から340万円におちておりますので、購入するとしたら今が良いでしょう。

    売却時期においてもこれ以上相場が下落しないように、高い今のタイミングで早めに売るようにしましょう。

    6 【ジュールオーデマ編】人気モデルランキングTOP5

    オーデマピゲは“ジュール=ルイ・オーデマ”と“エドワール=オーギュスト・ピゲ”の二人によって設立した会社です。ジュールオーデマはそのうちの一人から命名されたクラシックタイプのシリーズです。

    円形でシンプルさに特化したデザインが多く、スーツ姿でもパーティーシーンでも選ばず使用することができます。

    それではまずは価格帯を見てみましょう。

    【ジュールオーデマ人気モデルランキングTOP5

    100万円台で購入できるモデルが多いのが特徴的です。

    オーデマピゲが欲しくて価格を抑えたい場合にはこのモデルから購入してもいいかもしれませんね。ただ、リセール率を気にされるようであれば、ドレスモデルではなくロイヤルオークやロイヤルオークオフショアを選ぶと良いでしょう。

    6-1 ジュールオーデマエクストラシン 15180OR.OO.A102CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,135,000

    中古相場

    ¥1,369,850

    買取価格

    ¥950,000

    リセール率

    30.30%

    ロイヤルオーク3位のエクストラシンと同じムーブメントと搭載しているモデルです。

    ケースは18金を使用しておりケースサイズは41mmとなっております。

    定価は300万円ですが中古は130万円とかなり下がっており購入までのハードルが下がっております。相場は2年以上この価格帯で落ち着いておりますので、お好きなタイミングで購入すると良いでしょう。

    買取価格も安定しておりますので特にいつが良いというタイミングはありませんが、高級時計ブームが去る前に売りましょう。

    6-2 ジュールオーデマエクストラシン 15180BC.OO.A002CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥3,245,000

    中古相場

    ¥1,450,000

    買取価格

    ¥750,000

    リセール率

    23.11%

    1位のモデルのカラー違いです。

    中古、買取相場の情報は1位と同じなので省略させていただきます。

    6-3 ジュールオーデマスモールセコンド 77238BC.OO.A002CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,090,000

    中古相場

    ¥1,080,000

    買取価格

    ¥900,000

    リセール率

    43.06%

    スモールセコンドを採用したタイプのジュールオーデマ。18金ホワイトゴールドのケースにシルバーの文字盤を採用しております。ケースサイズは33mmとかなり小さ目なモデルです。

    価格は100万円前後での販売となりますが、商品の状態によっては100万円を切るアイテムもあるので予算に応じて安い価格のものを購入しても良いでしょう。また、相場は安定しておりますので、特に急ぐ必要はなさそうです。

    6-4 ジュール オーデマ 15170OR.OO.A809CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,640,000

    中古相場

    ¥1,525,000

    買取価格

    ¥850,000

    リセール率

    32.20%

    1位のモデルのムーブメント違いとなります。ケースサイズも39mmと若干ですが小さくなります。

    ムーブメントの違いで定価は50万円ほど違いがありますが、中古相場はこちらの商品の方が高くなっております。

    2018年は120万円でしたが、徐々に上がって今のような価格となっております。もしも安く購入したい場合には早めに購入した方が良いかもしれません。

    買取価格は今落ち着いてはおりますが、長い目で見ると少し上がるかもしれません。~6カ月くらい様子見をして変化がなければ売るようにしましょう。

    6-5 ジュールオーデマエクストラシン 15180OR.OO.A002CR.01

    出典:AUDEMARS PIGUET

    定価

    ¥2,970,000

    中古相場

    ¥1,380,000

    買取価格

    ¥800,000

    リセール率

    26.94%

    1位のモデルのカラー違いとなります。

    文字盤の違いもあり、若干定価が安くなっております。

    中古、買取相場については1位と同様の働きとなりますので、そちらをご参照くださいませ。

    7 リセール率を求めるならロイヤルオークがオススメ

    以上ランキングをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

    お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ロイヤルオークのみ定価よりも中古価格が高くなっております。これはロイヤルオークが人気のあるモデルということも理由の一つですが、投資や鑑賞用として購入されている方が多いことがこのような結果となっております。

    逆に他のモデルでは“オーデマピゲ”と言っても価格を抑えて購入することができますので、オーデマピゲを始めたいという方は、ミレネリーやジュールオーデマからスタートしてもいいかもしれません。

    リセール率を気にされるのであれば“ロイヤルオーク”一択となります。

    確実に相場が上がるわけではありませんが、傾向として高くなっているアイテムが多いので、もしも安く購入できるのであればオススメです。

    【正規店でロイヤルオークは買えない!?】

    ロイヤルオークは正規店では取り扱いしていないケースが多く、購入するとしても新規顧客の場合にはオーダーを受け付けない可能性が非常に高い商品であります。

    それは転売があまりのも多いため、ロイヤルオークを本当に愛してくれる人に売りたいというメーカーの気持ちが大きいからだと思います。

    もしも購入するとしたら中古品か並行輸入店を見て購入するようにするとスムーズに購入することが可能です。ただ、ロイヤルオークは人気商品で並行輸入店でも流通が少ないことも多いので、複数店舗見て回ることもあると心に刻んでおきましょう。

    最後に

    今回はオーデマピゲがなぜ人気なのか、どのようなモデルが人気なのか…。あまりネットで出回っていないロイヤルオーク以外のモデルもご紹介させていただきました。

    最近の時計すべてに言えるのですが、リセール率を求めるのであればスポーツタイプの時計がよくなりドレスモデルは下がってしまう傾向にあります。

    しかし時計と言うものはリセール率がすべてではありませんので、好みの時計を見つけて購入したらいいと私は考えております。

    また、時計の購入の際に今ある商品を売ったり下取りを出して資金にされる方も多くいらっしゃいます。

    弊社では高級時計買取専門店を運営しておりますので、もしも“金額が気になる”商品がありましたら、ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

     

    オーデマピゲ。確かな目でどこよりも高くお買取りします。

    あなたが大切にしているオーデマピゲ

    確かな目を持つバイヤーがお客様のブランド時計の正しい価値と驚きの価格を提案します。

    弊社は真贋技術の他にも4つの強みがあります。

    ・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
    ・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
    ・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
    ・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

    現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

    下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。