高く売れるブランド財布5選|財布を売る前に知りたい高価買取のコツ

学生から社会人、一般人からセレブまで愛され人気のブランド財布。Louis Vuitton、CHANEL、Hermèsなどの海外ブランドは特に人気が高く、高価買取をしている買取店も特に多いブランドでもあります。

しかし実際には『どのブランドが高く売れるのか・・・』『どの店舗で高く売れるのか・・・』などブランドを高く売るためのポイントなどを知らない人は多くいらっしゃるかと思います。

1  高級ブランドの中でもリセール率が高い商品2つの特徴

まず初めに”ブランド財布全てが高く売れるわけではない”ということを頭の片隅に入れておくといいでしょう。『20万円で買った財布が4万円になる。』と言うこともよく起こるのが財布買取の特徴でもあります。

しかしこれは全てがこのようになるわけではありません。16万円で売れることもありますし、25万円にもなることがあります。

なぜこのような差が生まれるのかというとブランド財布の知名度に関係があります。

知名度の低いブランドは質が悪いわけではないのですが、ファンが少ないため中古品の再販が難しいのが現状です。

知名度が高いブランド品であれば中古品でも購入する方が多いため買取店も高い金額で買取することができます。再販ができない可能性があるブランド財布を高値で買取することができないのでこのような差が生まれてしまうのです。

知名度が高いブランドで言うと以下のブランドとなります。

  • 『Louis Vuitton(ルイヴィトン)』
  • 『CHANEL(シャネル)』
  • 『Hermès(エルメス)』
  • 『GOYARD(ゴヤール)』
  • 『GUCCI(グッチ)』

聞いたことがあるブランドも多いのではないでしょうか?

ちなみにLouis Vuittonは世界で最も有名なブランドでリセール率は高いものだと8割を超えるものもあります。

そして、知名度が高いブランド財布の中でも高く売れるアイテムには以下2種類の特徴がありました。

  • 人気モデルは高く売れる傾向がある
  • 限定品の場合には定価よりも値上がりする可能性が高い

どちらも知名度があるからこそ成り立つことで、人気モデルはすぐに売れるので薄利多売することが可能で、限定品の場合には需要が高まり相場が上がった状態でも販売ができるので高価買取することができるのです。

この二つの特徴についてこの章では掘り下げてお話させていただきます。

1-1 『人気モデル』は相場が安定しているので高価買取

人気モデルの場合には買取した後ですぐに売れるので買取店は強気に買取することができますが、人気モデルではない場合にはすぐに売れないので買取額が安くなります。

また、人気かどうかは相場にも影響してきます。人気モデルは相場が下がりにくく、高い相場で安定しております。しかし人気のないモデルは相場が下がってしまうことがあります。

たまに「この商品は人気だから古くなったらアンティーク品として価値が出る」と思い残している方もいるのですが、アンティークとして価値がつくのはほとんどありません。現在アンティーク品として高額で取引されているのはLouis Vuitton初期のトランクくらいです。

基本的には置いていることで商品の状態も悪くなることが多く、また相場も下がった状態になってしまうので、買取額が低い状態で損をされるケースが多いです。

1-2 『限定商品』はプレミア価格がついて定価よりも価値が高くなる

限定商品と言うものは“プレミア”がつく可能性が高い商品です。

そのため、これは人気かどうかと言うよりも“希少性”がポイントになってきます。希少性が高い商品であればあるほどその価値は高くなります。もちろん、人気のない商品だった場合は需要がないため価格が上がることがないのですが、人気と需要が高い商品であれば定価よりも高い金額で売れることもあります。

最近の例で言うとLouis Vuitton×Supremeのコラボがありました。Supremeの商品は最近特に人気が高く、転売屋が多く狙っている商品でもあります。このような“特に人気が高い”限定品は発売直後から買取額が高騰する傾向にあります。

出典:楽天市場

この商品はポルトフォイユブラザというSupremeとのコラボ商品で、定価は213,840円で販売されておりましたが、現在の販売価格は約450,000円と2倍以上の差がついて販売されています。買取価格は最も良いものであれば30万円を超えることもあります。

このような“希少性と人気が高い商品”であれば買取金額が定価を超えることもあります。もちろんこのような商品は最新のものやコラボ商品だけでなく、アンティーク品も含まれます。アンティーク品の場合には状態が最も重要なポイントとなりますので、アンティーク品を売ろうと思っている方はこのページにお手入れ方法を掲載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

以上3つの特徴がブランド財布の中でも特に高く売れる財布の特徴です。あなたがお持ちの財布に当てはまりましたでしょうか?前述している通り、もちろんすべてが当てはまるわけではありません。もちろん1-3のような例外もございますので、買取価格が気になる場合には一度査定に出してみると良いかもしれません。

2 結局どの形の財布が高く売れるの?人気はラウンドファスナー

財布と一言で言っても大きく分けると下記5種類にあります。

【財布の種類】
  • ラウンドファスナー
  • L字ファスナー
  • 長財布(かぶせ蓋)
  • 二つ折り
  • コンパクトウォレット

この順番で羅列したのには意味があり、この順番は高く売れやすい財布の順番になっております。

買取店は商品を買取した後市場に卸すか中古で販売を行います。そして人気商品であれば在庫リスクが低くなるため、基本的には人気が高い商品であるほどの買取価格は高くなります。

この章では最も高く売れやすい財布の『ラウンドファスナー』と現状では比較的安価な『コンパクトウォレット』の2種類の財布について、なぜ高いのか(又は安いのか)今後はどうなっていくのかをお話させていただきます。

2-1 ラウンドファスナーは人気があり高く売れる!

出典:Louis Vuitton

ラウンドファスナーのお財布は長財布にファスナーがついているタイプのお財布です。携帯性が低く収納性に長けているのが特徴です。

この財布が人気な理由はその存在感にあります。

ラウンドファスナーのお財布は特に大きく、ブランド財布ということと同時にどんなブランドなのかを一目でわかるモノが多くなっております。また、ラウンドファスナーのお財布はポケットに入れて持ちあることができません。ブランドのラウンドファスナーのお財布を使用している人はブランドのバッグを合わせて使用している人が多く、ブランド物が好きな方が好む傾向の高い財布でもあります。

特にLouis Vuittonのモノグラムや最近流行りのゴヤールなどモノグラム調でブランドと分かりやすいデザインのタイプではラウンドファスナーのお財布を選ばれる方が多いのです。

また、男性よりも女性の方がラウンドファスナーのお財布を好む傾向にあります。

女性の場合は男性よりも財布の中のものが多く、このような収納性の高い財布を購入される方が多いのです。

ブランド財布のメイン市場は女性ですので、ラウンドファスナーのお財布は圧倒的に高価買取をしやすい商品なのです。

もちろん似たような長財布であれば比較的高価買取につながりやすいのですが、長財布の中でも最も高く買取りしてもらえるのは“ラウンドファスナー”と覚えておくと良いでしょう

尚、ラウンドファスナーの人気は長く続いており、今後も続いていくと予想されております。リセール率を気にされる場合には買い替え時にラウンドファスナーを選ぶようにすると良いでしょう。

2-2 コンパクトウォレットは最近人気が上昇中!

出典:Louis Vuitton

最近特に話題のお財布コンパクトウォレットをご存知でしょうか?

前ポケットに入るくらい小さいお財布です。

昔はこのような小さい財布は好まれることが少なく、ラウンドファスナーのような大きなお財布か、二つ折りの財布がメインでした。ここ近になって特に人気が急上昇しているタイプの財布がこのコンパクトウォレット。

Louis Vuittonは高いもので8割を超えるものも多いのですが、リセール率は上記画像のLouis Vuittonで凡そ75%ほどと若干低い位置にあります。

この理由は二つ。

  • まだまだ知れ渡っていない
  • 人気が出始めなので売れ行きがよくない

ちなみにこの財布ですが、個人的にも業界的にもこれからどんどん人気が出てくるであろう財布と言われております。その人気が出ると予想されている理由の一つに日本で進んでいる“キャッシュレス化”に秘密があります。

キャッシュレス化は普段の支払いを携帯での電子決済やSuicaなど電子マネーやクレジットなどカード決済のことを指します。この支払のキャッシュレス化により、現金を歩く人が現在減ってきているのです。

実際に私もそうなのですが、普段のコンビニやスーパーでの買い物、ランチや飲み会の支払いなど現金を使うことがないため財布を持たずに買い物に出かけることが多いです。

そのため、荷物になりにくい小さな財布であるコンパクトウォレットに注目が浴びて人気が急上昇してきております。現在ではキャッシュレス化もまだ始まったばかりなので、中古市場ではまだまだ控えめの買取額の業者も多いです。

しかし、今後キャッシュレス化が進むことで財布をコンパクトウォレットに買い替える人も増えてくるかと思いますので、ここ数年で一気に買取相場は上がってくるでしょう。

3 高く売れるブランドはこれだ!高価買取財布5

1章でお話ししましたが全てのブランドが高く売れるわけではありません。

高く売れにくいブランドを先にいくつか紹介させて頂きます。

  • COACH(コーチ)
  • PRADA(プラダ)
  • BVLGARI(ブルガリ)

この3ブランドのように比較的安く購入できる財布の場合は買取金額が安い傾向にあります。買取価格が安いということは中古でも安く購入できる商品が多いのでこの3ブランドが好きで購入金額を抑えたい場合には

それではこの上記のブランドに当てはまらない、高く売れやすいブランドがルイヴィトン、シャネル、エルメス、ゴヤール、グッチの5ブランドになります。

どのくらいの価格で売れるのか、どのようなモデルが高くなりやすいのか順を追って紹介させていただきましょう。

3-1 Louis Vuitton(ルイヴィトン)

ブランド財布の中でも最もリセール率が高い商品と言ったらLouis Vuittonです。

その人気は日本だけにとどまらず世界中で人気の高いブランドで、高級ブランドの中でも特に値崩れすることなく、高い相場で安定しているイメージのブランドです。また、定期的に本格的なメンテナンスをする必要もなく丈夫で長持ちしますので、商品に対する信頼も高いです。

そんなLouis Vuittonの中でも特にリセールが良い商品を紹介させていただきます。

(※この中で記載している買取価格は20201月現在の新品未使用品での価格となります。)

【ジッピー・ウォレット】

出典:Louis Vuitton

定価価格:¥92,400

買取価格:¥75,000

リセール率:81.17%

【ポルトフォイユ・サラ】

出典:Louis Vuitton

定価価格:\80,300

買取価格:\65,000

リセール率:80.95%

【ジッピー・コイン パース】

出典:Louis Vuitton

定価価格:\45,100

買取価格:\35,000

リセール率:77.61%

【ポルトフォイユ・ヴィクトリーヌ】

出典:Louis Vuitton

定価価格:¥52,668

買取価格:¥47,000

リセール率:74.96%

【ポルトフォイユ・マルコ NM】

出典:Louis Vuitton

定価価格:¥67,100

買取価格:¥50,000

リセール率:74.52%

Louis Vuittonと言ったらコレ!と言うようなデザインのモデルです。Louis Vuittonを知っている方でもそうでない方でも見たことがあるデザインだと思います。

誰もが知っているデザインということはLouis Vuitton史上最も売れている且つ有名なデザインということを意味します。この5種のデザイン財布は特に中古品でも人気が高いので度の買取店でも高い金額で買取をしている商品です。

もちろんモノグラムやダミエ以外のデザインでもLouis Vuittonであれば高価買取を実現しております。

リセール率は商品の状態にもよりますが凡そ65~80%くらいの感覚で思っているといいでしょう。

また、モノグラムやダミエのデザインの商品は財布だけでなくバッグやアパレルも高価買取しているものも多いので、気になるものがある場合にはまとめて査定に出すことをオススメします。

3-2 CHANEL(シャネル)

まず、CHANELのリセール率のお話をさせていただきます。通常のCHANELの場合のリセール率は凡そ2割くらいです。…低いと思われたかもしれませんが、高級ブランド品の財布であればこれくらいが普通のリセール率です。

CHANELをここで紹介するのか幻滅させるためではありません。CHANELにはヴィンテージ品や人気のモデルが存在し高いリセール率を維持している商品もあります。

その中でも特に財布で高価買取をしているのが『キャビアスキン』タイプの財布です。キャビアスキンのモデルはCHANELの中でも人気が高いためリセール率が高くなりやすいモデルでもあります。

もちろんこの章でも商品と合わせて紹介させていただきます。

【マトラッセ キャビアスキン A31509

出典:Amazon

定価価格:¥104,760

買取金額:\70,000

リセール率:66.82%

【マトラッセ キャビアスキン A80758

出典:ヨドバシカメラ

定価価格:¥122,040

買取金額:\70,000

リセール率:57.36%

【マトラッセ キャビアスキンAP0231

出典:楽天市場

定価価格:¥93,852

買取金額:\43,000

リセール率:45.82%

CHANELの中でもリセール率が高い商品は上記の3種類になります。CHANELの財布でキャビアスキン以外の商品だった場合にはリセール率は3割程度になる可能性が高くなります。

理由は簡単で『CHANELと言えばキャビアスキン』と言われるほど、CHANELはキャビアスキンの人気が高く、CHANELのイメージとなっているためです。他のラムスキンも個人的には好きなのですが、買取の際には安くなってしまうので売ることを考えて購入されると損してしまう可能性があります。不要になったら売却してもいいかと思いますが、リセール率を気にされる場合にはキャビアスキン以外のモデルはやめておいた方が良いでしょう。

3-3 Hermès(エルメス)

元々は高級馬具工房で、現代のレザー業界の王様と言われているエルメス。Louis VuittonCHANELと同じく世界で人気が高いブランドでしょう。そんなエルメスは他のブランドと違い圧倒的に高価であることも特徴です。

例えば、一般的に売られているエルメス財布の新品定価の価格は10万円~100万円前後で売れ筋モデルは30万円前後が多いです。他のLouis VuittonCHANEL2ブランドでは7万~100万円程度の価格幅ですが、売れ筋モデルは10万円と価格差に20万円近く差が出ております。

そのため、エルメスはCHANELLouis Vuittonと比べて購入層が高所得者層が多く他の2ブランドと比べて所持者が限られております。

さてそんなエルメスのリセール率はどのくらいになるのでしょうか?詳細を見ていきましょう。

【ベアンスフレ ヴォーエプソン ジョーヌドール】

定価価格:\356,400

買取価格:\207,000

リセール率:58.08%

【ケリーウォレット】

出典:Hermès

定価価格:\467,640

買取価格:\260,000

リセール率:55.60%

【コンスタンス コンパクト】

出典:Hermès

定価価格:\458,700

買取価格:\180,000

リセール率:39.24%

エルメスもCHANELと同様比較的高いリセール率を持っておりますが、CHANELと比べると若干落ちてしまいます。これはCHANELよりもエルメスの方が元の金額が高いのもあり、若干需要が落ちてしまうことに原因があります。

もっとLouis Vuittonのように需要が高まることがあればエルメスも同様のリセール率を実現することができるかと思いますが、Louis Vuittonの位置に立つのはなかなか難しいのが現状です。

3-4 GOYARD(ゴヤール)

ここ最近人気が急上昇しているブランド『ゴヤール』をご存知でしょうか?

最近できたブランドと思われがちなゴヤールですが、実は160年以上長い歴史を誇るブランドです。そのゴヤールの特徴はロゴマークを並べたデザインにあり、一度使用してしまうと癖になり好きになってしまう人も続出しています。

そして最近“人気”が高いからこそ、リセール率も高い数値をたたいております。どのくらいのリセール率なのか一部ご紹介させていただきます。

【ラウンドファスナー マティニョンGM

定価価格:\138,240

買取価格:¥98,000

リセール率:70.89%

【ラウンドファスナー ジップGM

定価価格:\164,000

買取価格:\ 110,000

リセール率:67.07%

【リシュリュー】

出典:楽天市場

定価価格:\147,960

買取価格:\52,000

リセール率:35.14%

ブランド財布は基本的に二つ折りの財布よりもラウンドファスナーの財布の人気が高いです。それはゴヤールにも言えることでリセール率の差は2倍以上もあります。もしもあなたがリセールを気にして財布を購入される場合にはラウンドファスナー型を購入しましょう。

また、最近では特に人気が急上昇しているゴヤールですが、急上昇した人気は“基本的には衰える”ものです。ゴヤールは昔からあるブランドなので急激に落ちるわけではないと思いますが、人気がなくなったら相場も落ちてしまうため、もしも売ろうと考えている方がいる場合には早めに手放すと良いでしょう。

3-5 GUCCI(グッチ)

【〔オフィディア〕GG コンチネンタルウォレット】

出典:GUCCI

定価価格:¥84,700

買取価格:\65,120

リセール率:76.88%

【〔オフィディア〕GG カードケース(コイン&紙幣入れ付き)

出典:GUCCI

定価価格:\49,500

買取価格:¥31,752

リセール率:64.15%

【〔オフィディア〕GG ジップアラウンドウォレット】

出典:GUCCI

定価価格:\83,600

買取価格:¥47,840

リセール率:57.22%

GUCCIは最近特に人気急上昇中のブランドです。以前は一部の人に愛されるブランドでしたが、オールドグッチを元にデザインした復刻品が人気を加速させております。

上記3種に共通しているシェリーラインと言うデザインなのですが、このデザインはGUCCI初期に使われていたデザインで最近まで使われておりませんでした。『オフィディア』として復刻した際にシェリーラインがかわいいと話題になり大流行、人気が加速したのです。

その人気加速の結果リセール率は高いもので76%となったのです。

もしもオールドグッチについて詳しく知りたい方がいた場合には下記にリンクより読んでみてください。

『オールドグッチとは』のリンク

https://revalue-news.media/oldgucci

尚、この5つのブランドや他のブランドでも当てはまるのですが、上記で記載している金額で購入してもらえるわけではありません。買取金額は『相場』と『状態』で決まります。上記の金額はあくまで相場であり、状態が悪い場合には値段がダウンしてしまいます。

そんな買取価格が下がるようなことがあるととてももったいないですよね。どうせ売るなら高く売るべきだと私は思います。

そこで、買取店にお財布を持っていく前に行っておくことで買取金額をあげる方法があるので紹介させて戴きます。

3 買取価格をアップさせるためにやるべき3つの方法

予めお伝えするとこれをやるのとやらないのでは買取額に大きな差がつきます!ちょっとしたひと手間で買取額を1万~5万円以上アップする方法があります。その方法はとても簡単で、簡潔に伝えると付属品などをそろえて商品のお手入れをしてベストのタイミングで売却するだけです。

財布を何も手入れもせずそのまま査定に持って行く方がかなり多いのですが、これはとてももったいない行為です。クリーニングをしていないと汚いものと判断されてしまいます。汚い財布は一度店舗やクリーニング専門店でお手入れをしてから販売を行いますので余計な手間や費用が発生してしまいます。

簡単な手入れを行うだけで査定額をアップすることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

4-1 買取額を簡単に上げるには箱や付属品を揃えておく!

まずお聞きしたいのですが『箱、保存袋、保証書、ギャランティ』などの付属品は残してありますでしょうか?実はこれらの付属品と言うものは査定額を簡単に上げる事が出来ます。逆に言うと付属品がないというだけで査定額が大幅に下がってしまいます。

箱、保証書、ギャランティなどがあると完品として販売することができます。購入者は裸で売られている商品よりも完品の方を好む傾向にあり、これが再販スピードに関わってきますので購入額が大きく変動します。

また、ギャランティがついているブランドではギャランティがないと買取をしない場合もあります。ギャランティは本物の証明でもあるためギャランティの有無は重要な要素でもあります。

もちろんブランドの種類によってはギャランティ自体ないものもあるので、持っていない場合にはそのままでも問題はありません。

ちなみに2章で上げた中で『ギャランティカード』自体がないブランドは

  • Louis Vuitton
  • Hermès
  • GUCCI

この3種類となります。

(※GUCCIの場合にはギャランティカードの代わりにコントロールカードと言うものが付属します。)

他のCHANELGOYARDの場合にはギャランティカードが用意されているので、もしも所持している場合には綺麗に保存しておきましょう。

他の付属品ももちろん保存状態がよければさらに買取額が上がりますので、同じく丁寧に保存しておきましょう。

4-2 ホコリや汚れを綺麗にクリーニングする!

次に重要なポイントはブランド財布本体の状態です。

ホコリや汚れと言うものは蓄積されていきますので、可能であれば毎日乾いた布で軽く拭いた方がいいでしょう。しかし私の周りでも私自身もそうなのですが、毎日財布の手入れをしている人は少ないかと思います。ですので、もしも売る前には“必ず汚れやほこりを落とす”ようにしましょう。

クリーニングの注意点は『ルイヴィトンとは(リンク)』に記載しておりますので、ぜひ合わせてお読みください。

そしてここでのポイントはクリーニングだけではありません。“香水”や“タバコ”や“カビ”などの匂いがある場合には買取額が大きく下がってしまいます。匂いがついている商品はなかなか売れないため、かなり査定額が下がってしまいます。匂いがつかないように気を付けていても外に持ち運べばタバコの近くに置く場合もありますし、香水の匂いもついてしまう可能性も高いですしなかなか完全にガードするのは難しいのが現状です。

もしも嫌な“臭い”がついてしまった場合の臭いを除去する方法をここではお伝えさせていただきます。

嫌なにおいを取る方法①重曹を使う
  • 重曹を布製の袋に入れる
  • その重曹の入った袋をバッグの中に入れる
  • バッグをビニール袋で密封する
  • 数日放置する
  • 臭いが軽減する
嫌なにおいを取る方法②茶葉を使う
  • 緑茶の茶葉をティーバッグのような茶葉がこぼれないものに入れる
  • その茶葉をバッグの中に入れる
  • バッグをビニール袋で密封する
  • 数日放置する
嫌なにおいを取る方法③炭を使う
  • 炭をキッチンペーパーで包む
  • バッグに入れる
  • 数日放置する

炭の場合には炭の種類により取れる臭いが変わります。

汗や皮脂などの匂い:白炭(備長炭など)

タバコなどの匂い:黒炭(切炭など)

※個人的には両方の炭を入れて放置することをオススメします。

この3つの方法である程度の臭いを取ることができます。

もしもこの方法で臭いが取れない場合には諦めることも重要です。売らないで使用するのであればクリーニングに出してみてもいいでしょう。

4-3 使わないと思ったらすぐに売る!放置していると金額が下がる可能性大

最後は売るタイミングです。

2章で軽く触れさせていただいているのですが、『売ろう』と思ったときに『売る』ことが大切です。

理由は簡単で人気なものは人気なうちは高い相場で維持することができるのですが、人気がなくなると相場は下落します。所持し続けていることで高い金額で売れるタイミングを逃してしまう可能性が高いので『売ろう』と思ったタイミングが『売り時なのです。』

そしてアンティークや限定品を除いた一般的な現行品の場合には“新作”のうちは人気が高まりますが、他に新作が出た場合には人気は落ちます。人気が落ちると再販スピードも下がってしまうため、基本的には相場が下がります。

売ろうと思ったタイミングで手放すことができれば相場が下落する前に売ることができるので、10万円以上得することもあります。

尚、ルイヴィトンなどシリアルが記載されているブランド品の場合にはシリアルにより製造年月が分かります。口頭でいつ頃購入したものなのかお聞きした時にごくまれに嘘を言う方もいるのですが、丸わかりなのでやめることをオススメします。

以上の3つのことを守るとブランド財布を損せず高い金額で売ることができます。

本当に簡単なことなので、この章についてまとめさせていただきます。

付属品を持って、綺麗にした財布を、売りたいと思ったときに売る

これだけ覚えておいて、売りに行く前に思い出して実行していただけると私は嬉しいです。

そして売る方法は主に個人売買と買取店売却の2種類あります。

フリマアプリやオークションサイトなどの個人売買

買取店に持って行って売る買取店売却

どちらの方が良いのか、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

5 財布を高く売るために知っておきたい2つの手段

フリマアプリやオークションサイトを使ったことはありますでしょうか?

ここ数年でフリマアプリは何かと話題に上がりとても有名になりました。某フリマアプリ最大手のアプリは日本国内で7500万ダウンロード、世界で合計1億ダウンロードを突破しました。おそらくこの記事をお読みの方もダウンロードしているのではないでしょうか?

私が買取を行う時にお客様からよくいただく質問があります。

『ブランド財布を売るときってフリマアプリとお店で売るのどっちがいいの?』

恐らく皆様も同様な疑問を持っているかと思います。この章ではそんな疑問を解決させていただきます。

5-1 フリマアプリなど個人売買は高く売れるが面倒

フリマアプリやオークションサイトと言うものは自分自身で売りたい金額を設定することができます。金額を設定することができるということは、“買取相場”を超えた金額で売ることができます。

メリットはこの“金額を自由に設定できる”ということです。

100万円の買取相場の商品があった場合には120万円で設定し販売することができます。そのため、買取相場よりも高い金額で売ることが可能です。

ただし、デメリットも大きいのがフリマアプリやオークションサイトの特徴でもあります。

そのデメリットは“売れるかどうかわからない”ということです。個人売買の場合には買い手側は安く購入したがりますので、設定した金額よりも値下げを要求されたり、そもそも設定した金額で売れない可能性が高いです。

売れない場合にはどういうことが起こるかと言うと、“高く売れるタイミング”を逃してしまいます。また、設定した金額で売れないからもっと値段を下げて売ろうとすると、結局安く売ってしまうことになります。

タイミングよく高い金額で売ることができればいいのですが、なかなか難しいのが個人売買です。

個人売買で高い金額を付けて売れる自信があれば個人売買はオススメですが、もしも自身がない場合には個人売買はブランド品以外のものを売って購入者への対応を慣れておくと良いでしょう。

5-2 買取専門店は即金で楽に高価買取してもらうことができる

個人売買と対照的な買取店売却です。買取店の売却は個人売買と比べて圧倒的に楽です。

財布を買取店に持って行くことでその場で現金化することができます。また、買取店では基本的には相場に基づいて査定を行っております。そのため、基本的には高い買取を実現してもらうことができます。

デメリットは個人売買と比べると若干安くなってしまうのですが、それでもほんの少しの差しかありません。個人売買の人とのやり取りだったり自分で送る手配をする面倒と比べるとそんなに多くなデメリットではありません。

ただし、ここで注意していただきたいのは、“買取店”によって買取額が異なることです。

買取店と一言でいってもリサイクルショップや質屋などたくさんの種類があります。

どのような買取店が高価買取を行っているのかご説明させていただきます。

6 高く売れる買取店の3つの特徴

お財布を買い取りしているお店は大きく分けると以下の4種類に分かれます

  • リサイクルショップ
  • 総合買取店
  • 質屋
  • ブランド買取専門店

その中でも得に買取金額の高いお店は“ブランド買取専門店”です。

他の3店舗はブランド品以外の商品も買取しており、一見便利なのですが、相場に詳しくない特徴があります。それではなぜブランド買取専門店の買取額が高いのかご説明させていただきましょう。

6-1 ブランド品特化のお店は適正な相場で買取をしている

買取している商品が特化しているということはその商品に詳しいということを意味しております。

つまりブランド品に特化しているということがブランド品に詳しいお店ということを意味します。

いきなりですがここでブランド買取専門店とリサイクルショップを比べてみましょう。

リサイクルショップではブランド品はもちろん家具家電も取り扱いしているお店も多いのが一番の特徴で、ブランド買取専門店ではブランド品や貴金属のみを専門として買取を行っております。

極端な例を出してみると、家電製品を両店舗に持って行った場合、ブランド買取店では“適正な相場”が分からないため買取を行うことができません。しかしリサイクルショップでは家電製品の“適正な相場”が分かるので家電製品を高価買取することができます。

これをブランド品に当てはめて考えてみると、ブランド買取専門店では“ブランド品”に特化しているため、“適正な相場”を毎日確認して高い買取額を提示することができます。しかしリサイクルショップでは“適正な相場”が分からず強気な買取を行うことができないので買取額が安くなってしまいます。

このように何かしらに特化しているお店は一見不便ではありますが、特化しているからこそ高価買取を実現できます。ブランド財布だけに限らずもしもあなたが売りたいものがある場合には適正な店舗に売るようにすると良いでしょう。

6-2 貴金属の買取相場を日々更新しているお店は高価買取の期待大

これは一つの基準だと思ってください。

貴金属の相場はインターネットでも簡単に調べることができる買取額です。その買取額を公開している且つ日々更新している場合には、同様にブランド品の相場も日々更新している可能性が高いです。

貴金属の相場ですら更新されていない買取店では毎日相場を確認する癖がないので、買取額が安い傾向にあります。貴金属の相場は日々確認することができますので、よかったら参考にしてみてください。

https://kaitorisatei.info/brandrevalue/

6-3 都心部などの買取激戦区のお店は買取額が高い

店舗がどの地域にあるのかも重要です。

買取店が少ない地域では買取競争を行わないため、相場より安い金額で買取をしていることが多いです。買取店もビジネスで行っており、買取額が安くなるほど利益が増えます。競争がない地域の場合にはわざわざ高価買取する必要がないため利益率を上げて買取を行います。

しかし買取激戦区で店舗を構えている場合には安い買取額ではお客様は満足せず他の買取店に行ってしまいます。そのため買取激戦区では買取額を高く設定して買取対応をしております。買取店を選ぶ際には東京や大阪などで店舗を構えているお店に出すようにしたらいいでしょう。

…しかし地方にお住いの方は都心部まで出てくるのはなかなか難しいかと思います。もし買取激戦区での買取額を体感したい場合には、郵送買取という買取方法を利用すると良いでしょう。

郵送買取の場合にはお財布を段ボールに詰めて送るだけなので簡単に激戦区での買取りを体験することができます。もちろん弊社でも郵送買取を行っておりますので、興味のある方はページ下部からお問い合わせしてみてください。

まとめ

なんのブランド財布が高く売れるのか、またどんな方法を使えば高く売ることができるのか紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

高く売れるブランド財布は

  • Louis Vuitton(ルイヴィトン)
  • CHANEL(シャネル)
  • Hermès(エルメス)
  • GOYARD(ゴヤール)
  • GUCCI(グッチ)

主にこの5ブランド

高く売るためには

『付属品を持って、綺麗にした財布を、売りたいと思ったときに売る』

高く売れる店舗は

『都心部にあるブランド買取専門店』

このポイントを守ってブランド財布を査定することで高価買取を実現することができます。

これからブランドを買う人も、今持っているものを売る人も是非参考にしてみてください。

ブランド財布。確かな目でどこよりも高くお買取りします。

あなたが大切にしているオメガ

確かな目を持つバイヤーがお客様のオメガ時計の正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は真贋技術の他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。