ウブロは偽物が多い!?偽物の見分け方と本物を安く購入する㊙情報!

ウブロ(hublot)。中古でも50万円以上する高級時計ですね。

メジャーリーガーの田中将大や前田健太がつけていて、若い方に特に人気がある時計です。

悲しい話ですが、ウブロは高級時計の中でも偽物が特に多いブランドでもあります。

友人にもらったウブロが偽物だったり、とあるオークションサイトで偽物が3万円で売っていたり、なぜ高級時計は偽物が出回るのでしょうか?

このページではウブロの偽物の見分け方や何故偽物が出回るのか、ウブロの特徴などをご紹介していきます。

※本ページはコピー品の購入を推奨するためのものではございません。

1 ウブロは何故偽物が作られてしまうのか。

ウブロは50万円から500万円以上の値段で売られている超高級時計です。歴史は深くないものの、ウブロのマーケティング技術により、世界中で人気を博しております。

この項ではウブロがなぜ偽物を作られてしまうのか、そしてよく偽物が出回っているモデルをご紹介させていただきます。

1-1 ステータスがあり最近流行りのウブロは偽物が作られてしまう。

ウブロとは1980年よりスイスで作られている高級時計です。昔はクォーツ時計のみのラインナップでしたが、現代では機械式の時計のみで作られています。また、『ウブロ』という言葉はフランス語で舷窓(船窓)を意味しております。ベゼルのビスや丸いケースなどのデザインにも表れております。現代でも人気な金やステンレスのケースとラバーブレスのデザインは昔から変わりがないデザインです。

最近ではメジャーリーガーの田中将大や前田健太などの著名人や有名人がつけていることから、『成功者の証』と言われ多くの経営者やアスリートが愛用しております。

そのようなウブロは着用しているだけでステータスになり、ウブロのマーケティングにより大流行しており、偽物が多く作られております。

1-2偽物が出回っている注意すべきモデル4

全てのモデルで偽物が出回っているわけではありません。人気がないものは偽物でも売れないため、特に人気のあるモデルで偽物が作られております。

偽物を作る集団もビジネスで作成しているため、売れないものは作りません。安価で作れて売れるものを作り売ります。その売り方は後述する中国や韓国など海外の店舗で売ったり、サイトを作成して売ったり、ヤフオクやフリマアプリで販売をしております。

そんなウブロの中でも特に偽物が出回っている人気の4つのモデルの本物をご紹介させていただきます。

1-2-1クラシックフュージョン

ウブロクラシックフュージョン511.NX.7170.LR

実勢価格:600,000円前後

1980年に発売されたのがクラシック。そのクラシックのデザインを継承され、現代で発売されているのがクラシックフュージョン。ウブロの名前の由来となっている船窓をイメージさせるデザイン。そのシンプルなデザインは人を選ばず、いろんな人が似合うように設計されている。

そのシンプルなデザインからどんな人でも似合うため、幅広い層から人気なモデルです。ビジネスなどフォーマルなシーンからパーティーシーンまで色んなシーンで着用ができます。

派手で目立つデザインではなく、『さりげないオシャレ』で女性ウケもよく合コンでの着用におすすめのモデルです。

1-2-2ビッグバン

ビッグバン 301.PB.131.RX

実勢価格:2,100,000円前後

ウブロと言えばビッグバンという方も多いのではないでしょうか?

2005年にフュージョン(融合)のコンセプトに今まで使用していたステンレスやゴールドと共にセラミックやチタンなど異なる素材を組み合わせたビッグバンがウブロ再建をかけて発表されました。その斬新的で先進的なモデルから現代でも人気を博し、主力のモデルとなっております。

また、自社開発のムーブメントのウニコを使用したモデルや、2012年からはフェラーリとコラボした商品も登場しバリエーションが豊富です。

ビッグバンはクラシックフュージョンと比べると派手なデザインが多いので、派手な時計が好きな方はこちらが良いでしょう。ビジネスシーンには着用しにくいデザインなので、プライベートでの着用をオススメします。

1-2-3キングパワー

キングパワー 701.OX.0180.RX.1704

実勢価格:5,000,000円前後

キングパワーはビッグバンを大きくし、より派手にしたデザインと思っていただくとわかりやすいかと思います。ケースサイズは48mmなので、腕の太い方にオススメです。

ただ大きくしただけでなく、機能も大幅に強化されており、防水性能は「4000m」のモデルも存在します。他ブランドのダイバーズウォッチ(ロレックス サブマリーナなど)と比べて派手なデザインが採用されております。

ビッグバンと同様にさまざまな企業や有名人とコラボしており、2011年には鈴鹿サーキットとコラボした「キングパワー F1 Suzuka」、2015年にはサッカー界で神の手として知られるディエゴ・マラドーナとコラボした「キングパワー マラドーナ」など、多くのスポーツ界とのコラボモデルが存在しています。

1-2-4スピリット・オブ・ビッグバン

スピリット・オブ・ビッグバン647.OX.1138.RX

実勢価格:3,100,000円前後

ウブロで唯一トノー型(タル型)が採用されているモデルです。ビッグバンと名の付くモデルではあるが、ムーブメントはゼニスと共同開発を行い、エル・プリメロをベースに作成したキャリバーHUB4700を搭載しております。

トノー型の重厚感にムーブメントの機能を加え、ウブロの中でも最高ランクのモデルです。

このデザインから溢れるラグジュアリー感から特に機械的なデザインが好みの方に人気です。

 

以上4つのモデルがウブロの主要モデルで特に人気が出ており、悲しいことに偽物が最も出回っているモデルでもあります。

ウブロの特徴と言えるビスはすべてのモデルで採用されております。クラシックのようなシンプルなデザインからスピリット・オブ・ビッグバンのようなラグジュアリーなデザインまで幅広く用意されております。

そしてウブロはサッカー業界にて公式タイムキーパーで使われたり、世界野球ソフトボール連盟でスポンサーをしていたり、スポーツ業界にスポンサーとして大きく貢献しております。

そんなウブロですが、価格帯はおよそ60万円~500万円で販売されており、とても高価なブランド時計です。

一方偽物では15万円程度で購入が可能です。安価で手に入ると考えて購入してしまう若者が多いのも事実ですが、偽物の寿命は1年程度で本物は最大5年ごとのメンテナンスで数十年の使用が可能です。

ロレックスではアンティークデイトナとなると当時30万円くらいで購入したものが、1,200万円の価値がついたりしております。

ウブロも同様に今後資産価値として期待ができるブランド時計なので、1年で5万円をドブに捨てるくらいなら、一生使える本物を購入した方が良いでしょう。

2 偽物にはランクが存在。購入すると罰金刑のリスクが伴う!?

偽物と一言で言っても4つのランクがあり、それぞれのランクで特徴があります。

A品(粗悪品)

価格が安く誰もが偽物と判別できる、持っていて恥ずかしいレベルの粗悪品です。

S品(低ランク品)

本物と似たような素材を使用しているが、価格が安く誰もが偽物とわかるレベルの偽物です。

SS品(中ランク品)

Sランクよりも精巧に作られている偽物。価格は若干高くなるが、偽物とわかりやすい。

N品(高ランク品)

世間でスーパーコピーと言われているもの。とても精巧に作られており、スイスの高級ムーブメントETAを使用している。しかし文字盤や細かな部分の作りが甘いため、偽物と判断が可能。

 

以上の4つのランクで偽物が販売されています。N品(スーパーコピー品)の価格は35万円。

本物と間違えてしまうレベルの商品でおよそこれくらいの値段です。若者が偽物に手を出してしまう理由もわかる気がしますが、個人的にはそのお金で偽物を買うくらいならアップルウォッチを購入した方が賢い判断だと思います。

購入するだけが偽物を所持する方法ではございません。

インターネットを見ていると『ウブロをもらった』という言葉をよく見ます。

「海外のお土産に時計を貰った」「誕生日プレゼントにもらった」など、調べるとたくさんの偽物情報が出てきます

次項で偽物を所持しないために気を付けることをご紹介させていただきますので、今後のご参考にしていただけると嬉しいです。

2-1 偽物を所持しないために気を付けるべきこと3点

本物のウブロは80万円ほどするものなので、本物のウブロを貰うということはほとんどないです。もし本物をプレゼントされる方がいた場合には資産家だと思います。80万円~250万円くらいの時計をプレゼントできる人は限られております。

今後もしウブロの購入を検討していたり、もらう機会がある場合にあなたが偽物を所持しないために気を付ける点を3つほどご紹介させていただきます。

2-1-1 『中国』や『韓国』で購入したものは偽物の可能性が高まる

中国産、韓国産と言われた場合、9割以上の確率で偽物です。

偽物のN品(スーパーコピー品)のほとんどが中国や韓国で作られており、また販売もされています。

もちろん中国や韓国以外のハワイやグアムでも販売されています。旅行客は財布のひもが緩みやすくなっています。そのため、本物に見えてしまうブランド品のスーパーコピーを3万円で購入してしまう人が多くいます。

最近では偽物を購入するために渡韓するひともいるくらい偽物が流行っています。

「観光のお土産に時計プレゼント」と言われてブランド品を渡された場合には要注意しましょう。

2-1-2 オークションサイトやフリマアプリなど個人売買は偽物の可能性がある

オークションサイトやフリマアプリでは自分のものを販売することができます。

そのため、偽物をわからず販売しているケースがあったり、偽物ということを隠して売っていたりします。もちろん本物も売っていますが、本物と保証して言っている場合は大体業者です。古物商許可証の番号を掲載している人から購入する場合には安心して購入できますが、ない場合には気を付けましょう。

筆者もとあるフリマアプリで相場より若干安いヴィトンの財布を見つけたので購入したのですが、見事に偽物でした。取引していた方はプレゼントされたもので悪意なく出品しており、すぐに返品返金対応してもらえたので良いですが、対応してもらえないこともあります。

個人売買の場合にはリスクが伴うので、商品の調査を怠らないように気を付けたほうが良いでしょう。

2-1-3 高級時計が相場より格安で売られることはない

これが一番なのですが、敢えて最後の説明にしました。ここまでお読みいただいている方はもうお分かりかと思いますが、本物は600,000円以上します。その時計が3万とか5万円で売られることはないです。

しかしオークションサイトやフリマアプリで「これは本物ですか?」という質問をよく目にします。本物の値段とありえない金額で売られていることを知らないがための質問ですね。

重要なことなので覚えておいてください。

『本物は60万円以上する』

これがわかれば中古でも数十万円することが理解できるはずです。安価な商品には気を付けて絶対に偽物に手を出さないようにしましょう。

2-2 偽物を所持することの2つのデメリット

まず、偽物を所持することにメリットはありません。

偽物の所持は恥ずべき行為。見栄を張るのには良いと思いますが、偽物では見栄を張ることはできません。

偽物の所持のデメリットはたくさんあるのですが、大きく分けて2つなので、そのデメリットをお話します。

2-2-1 購入、販売共に懲役または罰金刑

偽物を所持する方法は購入とプレゼントの2つです。

購入方法はサイトからの購入と海外旅行した際の店頭購入です。

コピー品や偽物は著作権や特許を侵害している輸入規制品です。

つまり、海外から取り寄せた場合や海外旅行で購入することを規制されているものです。

偽物の輸入は関税法違反に値し、購入した人は5年以下の懲役または、500万円以下の罰金が科せられます。

購入して日本に持ち込んだ時点でアウトです。『バレなければ大丈夫』と思っていると痛い目を見ます。

偽物と知りながら“販売”を行った場合ももちろん刑罰があります。

その場合は商標権侵害する行為として、10年以下の懲役,1000万円以下の罰金,その両方の刑罰が科されます。

もしプレゼントしてもらったものが偽物とわかっていた場合には、売らずにゴミに捨てましょう。

分かった瞬間に捨てたほうが良いです。その理由は次項で説明します。

2-2-2 偽物を所持していると信頼を失う

偽物の所持は信頼を失います。知識のある方は、偽物の購入は“犯罪行為”ということを知っています。偽物の所持は犯罪行為を助長しているので、偽物とわかった場合には信頼はガタ落ちです。

また、偽物のプレゼントは人をバカにしていると思った方が良いでしょう。本当に大切にしている人なら、まず偽物は渡さないです。本物をプレゼントします。それを偽物で済まされているのです。

偽物の所持は社会的信用を失います。

一つ持っていると、どんなブランドを所持していてもすべて偽物に見えます。

そのような乏しい人間にならないように偽物の所持は絶対にやめましょう。

 

まとめると

  • 海外で購入したブランド時計をプレゼントされた場合には偽物の可能性が高い
  • 格安で売られている場合には偽物の可能性が高い
  • 偽物の購入や販売は犯罪行為で所持は信頼をなくす

この3点を覚えていただければ偽物を所持する可能性はかなり減るでしょう。

しかし現在すでに所持していたり、これからもし貰った場合に偽物かどうか判断する必要があります。

次項でウブロの偽物の見分け方を記載しておりますので、すでにウブロをお持ちの方は時計を片手にご参考くださいませ。

3 偽物を自分で見分ける簡単な5つのポイント

ROLEX 偽物』などで検索するとROLEXの偽物の見分け方が出てくるのに、ウブロだとなかなか出てきません。これは偽物の流通量がROLEXのほうが多いためで、ウブロはロレックスと比べると少ないためです。しかし昨今のウブロブームでウブロの偽物が増えてきました。

最近では私の周りでも海外で偽物を購入した人もいるくらい。涙

さて、偽物の見分け方ですが作りの甘いウブロではビスにプラスネジが使われているものがあり、ビスを見た時点で判別が可能です。遠目で見ても分かるレベルのものですね。

最近ではウブロのビスと似たものを使っているものもあるので、ビス以外の見分け方をご紹介させていただきます。

この項ではそのウブロが偽物かどうか、見分ける方法を5つご紹介していきます。

これは1つでも当てはまるものがあったらNGです。もし1つでも当てはまるものがあった場合には偽物の可能性もあるので疑いましょう。

※全ての情報を開示すると、偽物のアップデートに利用されてしまうため、一般的な見極めポイントを紹介してきます。

 3-1 偽物ポイント①ラバーベルトの香り

ウブロは他の時計と違いラバーベルトを採用しております。実はウブロはラバーベルトにとある香りを付けて販売をしておりました。

手元にウブロがある場合にはぜひラバーベルトの匂いを嗅いでみてください。

バニラの香り』がしましたか?

2005年より前のモデルではバニラの香りがするラバーベルトを採用して販売しておりました。

現在では一部特殊なモデルでは採用されていることもあるみたいですが、ビッグバンなどスタンダードなモデルではバニラの香りはしないようになっています。

つまり、バニラの香りがするウブロは偽物の可能性が非常に高いです。

もしもバニラの香りがした場合には要注意です。

 

3-2 偽物ポイント②光を当てると反射する

偽物と本物の違い。二つ目は風防の違いです。

偽物でもサファイアクリスタルガラスを使用しているものも多く、遠目では本物かと見間違えてしまうこともありますが、本物か偽物かの判断は光を当てるとわかります。

偽物のウブロ

本物のウブロ

本物はブルーコーティング+低反射加工が施されており、光を当ててもほとんど反射せず、明るい室内でも時刻の確認がしやすいのですが、偽物は加工がされていないため、蛍光灯や強い光をと反射してしまいます。

上記を見てもらえば違いが判るかと思います。両方ともわざと光を当てたわけでなく、蛍光灯の下で撮影したものです。偽物では光が反射して文字盤が見えにくく、時間の確認をしづらいですが、本物はほんの少し光の線が入るくらいでほとんど反射することがありません。

これは電車内の蛍光灯でも反射するレベルでわかりやすいので、お持ちのウブロに光を当ててみてください。

3-3 偽物ポイント③カーボン採用の文字盤は特に作りが甘い

偽物のウブロ

ウブロのビッグバンではカーボンの文字盤を使用していることがあります。

本物はカーボン文字盤を使用しており、一つ一つ厚さがありますが、偽物やコピー品はカーボン文字盤に似せたプリントなので厚さもなく、安い作りになっています。

上記のお写真は偽物のカーボン文字盤のウブロです。正直な話をすると写真だけでは判断が難しいです。ぱっと騙すことができても、よく見たら安い作りになっていたりするので、実際に査定スタッフが手に取ったらすぐに偽物とわかってしまうものです。

全く同じモデルで本物のウブロはこんな感じです。

本物のウブロ

出典:Twitter

 

これだけ見ても分かりづらいですね。並べて見比べてみましょう。

偽物/本物

 

偽物の方が安っぽい作りになっていることがわかりますでしょうか?ベゼル、文字盤、ビス、ケースすべての素材が違うため、モデルが違うものでも偽物と比べるとすぐにわかります。

本物の方が重厚感がありますが、偽物では重厚感を全く感じることができません。金色に輝いておりますが、メッキ品とすぐにわかるくらい作りが安っぽいです。

これはカーボン文字盤のみでなく全ての文字盤でも言えます。偽物やコピー品の文字盤は全体的に安っぽい作りになっています。一般の方が見ても分かりにくい文字盤でも1日に数10本以上の時計を見る査定のプロが文字盤を見ることで本物の判断を行うことができます。

お手元のウブロの文字盤に違和感がある場合は偽物やコピー品の可能性があるので、一度査定に出してみるのもいいでしょう。

3-4 偽物ポイント④秒針のウブロのロゴの斜めの棒が細い

偽物のウブロ

ウブロの秒針にはウブロのロゴマークがついております。そのロゴマークの左下から右上に流れている斜めの棒が細すぎるものであれば要注意です。

全体図だと少しわかりにくいのでアップにして見てみましょう

ウブロのロゴマークを分かりやすく黄色の円で囲ってみました。

どうですか?細く見えませんか?

それでは本物のロゴマークを見てみましょう。

本物のウブロ

 

どうでしょうか?本物と偽物の差は明らかになったかと思います。

ウブロのロゴマークの右上に向いている細い棒、これが偽物は細すぎることがお分かりいただけますでしょうか。

これも文字盤と同様で安っぽい作りかどうかでの見極めができます。

上記の偽物のウブロでは全体の作りが安っぽいため、針以外にもビスの部分やベゼルや文字盤、光の反射などすべてが偽物に当てはまります。素人目でも少しでもウブロに触れたことのある方では一瞬で見抜いてしまうでしょう。

3-5 偽物ポイント⑤クォーツ式のメンズモデルは存在しない

偽物やコピー品の中でも特にわかりやすいものです。ウブロのメンズモデルは自動巻きの機械時計になっています。このタイプの偽物やコピー品は特に質の悪い偽物なので、すべての状態が悪い持っていて恥ずかしいレベルの偽物だと思ってください。

基本的な見分け方は上記5つとなります。お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、これらの共通点は『作りが甘い』です。1,000,000円を超える高級時計なのにも関わらず、高級感がないものは偽物やコピー品の可能性が非常に高いです。

これはウブロだけでなく、ロレックスなどほかの高級時計でも同じことが言えます。1,000,000円を超える時計を作るのに、1万円程度ではその高級感を出すことができません。偽物は作りが甘く、本物を知らない人に向けて販売されています。もし本物を見たことない場合には、時計店に足を運んでみると圧倒的な違いが判るので、高級店に足を運ぶことはオススメです。

そしてそのついでに本物か心配な時計を見てもらうと良いでしょう。

3-6 心配ならプロに見てもらうのが1番!プロに頼む2つの方法

もしもご自身で確認して不安な場合にはプロに見てもらうのが一番です。

よく出回っている偽物は人気のモデルのものがほとんどなので、偽物か本物かの判断はすぐにできます。査定は時間がかからないので、見てもらう機会があれば、プロに見てもらうのが良いでしょう。

プロに確認してもらう方法は主に二つあります。
  • 買取専門店
  • オーバーホールをしてもらう

それでは順を追って説明していきます。

3-6-1 偽物を店舗に持って行くと査定してもらえない

昨今では時計やブランド品や貴金属の相場が上がっているのもあり、買取専門店が増えております。駅前やショッピングモールや商店街のなか、いろんなところに存在する買取専門店。時計やブランド品や貴金属のプロでないとお店を維持することができませんので、買取専門店には時計やブランド品などのプロが在中しております。

そして買取専門店に時計を持っていくと、時計を“査定”してもらうことができます。

基本的には買取のための査定なので、真贋のみはお断りしているお店も存在します。しかし買取を前提とした査定であれば対応してもらうことができます。

買取専門店では基本的に『郵送、来店、出張』の3種類の査定方法があります。郵送や出張の場合は基本的には無料で行っている店が多いですが、偽物の査定となると郵送代や出張費用が掛かってしまう可能性があるので、査定のみであれば実際に来店して見てもらうのが良いでしょう。

もし本物の場合には売ったり、大切にしたりそれはあなたの自由だと思います。もし使わないでそのままにしているのであれば、売って自分好みのものに買い替えたほうが良いと思います。いま高級時計の相場が上がっており、今後下がってしまう可能性もあります。いらない使わないものはなるべく早く手放しましょう。

3-6-2 偽物はオーバーホールに出すと何も言われず返品される

機械時計は部品に誇りがたまってしまったり、擦れて薄くなってしまったりするため、定期的にオーバーホールをする必要があります。ちなみにウブロのオーバーホールの頻度は3年に一度と言われております。

オーバーホールは時計修理をしている時計屋さんに持っていくか、郵送対応しているところに頼むとオーバーホールをしてもらうことができます。オーバーホールを出すと本物の場合には、オーバーホール対応をしてもらえます。その場合の費用はおよそ310万円以上です。偽物の場合には「修理不可」で返品されます。(偽物の流通を防ぐためのそのまま処分される可能性もあります。)

オーバーホールされれば時計は本物の証明となり、綺麗にもなるので良いことしかありません。オーバーホールされた時計はワインディングマシーンなどに入れて保存しましょう。

ワインディングマシーンとは

====

ワインディングマシーンは、自動巻き時計用のアイテムとして2005年頃から世界中で販売されるようになった機器である。発売当初は「音がうるさい」「ゼンマイが巻き上がらない」との不評もあったが、2011年現在では、聴覚上ほとんど音を感じないもの、多くの自動巻き時計に対応しているものも販売されている。2011年現在販売されているものの主流は、木製とプラスティック(ABS樹脂)製であり、デザインを重視するヨーロッパで販売されているものは木製が多く、一方で日本や台湾などではプラスティック製の安価なタイプも多く販売されている。自動巻腕時計を巻き上げるタイプが大半であるが、ごくわずかながら手巻式腕時計を巻き上げるものも存在する。

===

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ワインディングマシーンで保存することにより、高級時計は長持ちします。棚に飾っておくだけでもカッコいいのでインテリアの一つとしてもオススメです。

4 ウブロを安く購入するのに重要な3つのポイント

若者の憧れ、成功者の証、それがウブロです。偽物やコピー品の安さから購入する人が絶えず、この世の中に偽物やコピー品があふれております。私から言わせてもらうと、偽物やコピー品を購入することは人生において損をしております。

偽物の価格は115万円ですが、実は本物でも同様の感覚で買うことができます。むしろ購入したものが売却時には購入金額を上回ることもあります。

本題に入りましょう。ウブロを安く購入するためのポイントは『ローン』『相場』『売却』の3つです。

この3つのポイントを抑えれば安く購入することができます。

大雑把な流れを説明すると、『ローンを組んで安い時期に購入し、高い時期に売却』するだけです。

ポイント一つ一つを説明していきます。

4-1 購入ポイントローンを組んで1回の支払いを抑える

ローンを組むことができれば、1カ月12万程度の支払いで本物の高級時計を購入することができます。

1回の支払いで金額を用意できればそれが一番ですが、800,000円以上のお金を1度で用意するのは大変ですよね。もし好きなものがあって購入したい場合にはローンも頭に入れておきましょう。

ここで注意すべき点が一つあります。それが『金利』です。高金利で購入することは絶対にやめましょう。また購入する店舗により無金利のケースもあるので、ローンで購入する際には店員さんと相談するようにしましょう。

4-2 購入ポイント相場を把握して安い時期に購入する

高級時計には相場が存在し、それはウブロも例外ではなく日々の相場で取引されております。

そして相場には重要なことが一つあります。それが為替の情報です。商品の仕入れや卸は海外流通もしているため、円高円安が重要です。円高の時は海外に商品を卸す額が高くなり、逆に仕入れる額は安くなります。したがって円安の時に購入することができれば、安く購入することができます。

また、ウブロはロレックスと比べると投資としての価値は薄いですが、相場が安い時に購入し、相場が上がった時に売却することができれば、差額で得したりします。ブランドの歴史はまだ40年なので、そこまで長くはないですが、スポーツ業界とコラボしていたり、マーケティングに長けているので、ロレックスのように世界的に人気が出始めたら、10年後には今よりも価値が上がっているかもしれません。

また、とくに新品にこだわる必要がなければ、新品ではなく中古で購入することをオススメします。中古品でも傷が綺麗になっていたり、新品仕上げになっているケースもあります。中古品でも相場で値段が上下しますので、安い時に購入するようにしましょう。

4-3 購入ポイント売却することを検討しながら購入する

『売却』のことを検討してものを購入することってほとんどしないですよね。しかし、高級時計に関しては売却を検討しながら購入することで、安く手に入れることができます。

例えば511.NX.1171.LRですが、現在では中古5060万円程度で販売しております。買取価格は4050万円前後と幅はありますが、差額はおよそ10万円となっています。もちろん相場により上下しますので、50万円で買ったものが30万円になることもありますし、80万円に値上がりすることもあります。

これは実際にロレックス(ROLEX)では起こっている現象なので、ウブロが世界的に人気が出たら起こる可能性は大いにあります。

ロレックスデイトナ116520

出典:ROLEX(ピンタレスト)

ちなみにロレックス デイトナ 116520 では初値1,172,600円(2005年)だったのに対して、現在では3,180,000円で販売されております。もちろん買取価格では2,000,000円を超えることも珍しくはないため、2005年当初購入されていた方は1,000,000円以上の得をしている方もいるくらいです。

高級時計というものはそのような可能性もあるため、『売却』を検討した購入をすることを私はオススメします。

むしろ、偽物を購入して13万円をドブに捨てるくらいなら、本物をローンで購入。売ったらまた新しく購入を繰り返していた方が良いでしょう。高級時計を手にすることで、自信ややる気が出て仕事もうまくいくこともあります。良いサイクルを手に入れるには、偽物ではなく本物を手にしてみてください。

以上3つのポイントが本物を安く購入するためのポイントです。高級時計は資産価値があります。

ですので、購入する際は売却を検討して購入してみてください。

購入後愛着がわくこともあります。その時には長く使っていただくのが良いと思います。高級時計はこまめなメンテナンスを行うことで何十年も使用することができますので、将来的には子供が大きくなった時に譲ったり、お孫さんへのプレゼントにしても喜ばれるでしょう。

ここでもしあなたが売ることを想定しているのであれば、次の項で高く売れるポイントをちょっとだけご紹介していますので、最後までお読みいただけると幸いです。

5 ウブロを高く売るために重要な3つのポイント

購入後のお話しですね。ただ時計だけ持って行っても安く買い叩かれてしまう可能性もございます。そのようなことを防ぐために、売却に対する知識を付けておきましょう。

5-1 売却ポイント箱や保証書など付属品は取っておく

購入する際に付属品がいくつかついてきます。それらは“本物”を証明するものであり、これがあるかないかで買取額に変化があります。ない場合には5万円近く買取額が下がってしまうこともあります。購入した際には付属品を綺麗に保存しておきましょう

5-2 売却ポイント綺麗な入れ物に入れて保存をする

保存状態は買取額に一番影響します。その辺に放っておいて傷だらけになってしまうと買取額が下がってしまいます。それだけでなく長年使用しているのにオーバーホールに出していない状態のものもマイナスポイントです。そこでオススメなのがワインディングマシーン。ワインディングマシーンに入れておくと自動的に時計を動かしてくれるので、時計が止まりっぱなしになることを防いでくれます。またオシャレな形のワインディングマシーンも増えているので、入れ物を探すのも楽しいのでぜひ、購入してみてください。

5-3 売却ポイントちゃんと見てくれる店舗を選ぶ

どこに持って行っても同じ値段で購入してもらえるわけではありません。その時計の価値がわかるお店にもっていかないと意味がありません。時計の価値がわかるお店。それは『買取専門店』です。都心部では『BRAND BRAND REVALUE』や『BRING』が良いでしょう。買取専門店では時計を1日に100本以上時計を見ることもあります。BRINGは買取専門店ではないですが、BRAND REVALUEの系列店なので査定眼は一級品です。お近くに店舗がない場合には郵送買取も対応しているので頼んでみるのも良いでしょう。

気を付けたほうがいい店舗は『リサイクルショップ』です。日用品なども買取しており、買取の幅は広いですが、ブランド品が弱いケースが多いです。もちろんブランド品の買取が強いお店もあるみたいですが、ブランド品買取が強りリサイクルショップが圧倒的に少ないので、リサイクルショップでウブロを売るのは避けるようにした方が良いでしょう。

もしすでにウブロをお持ちで売却をされたい場合には以下記事に詳細が掲載されておりますので、ぜひご参考くださいませ。

★☆関連記事☆★

※『もう迷わない!時計を高く売るためのお店選び!高く売れる時計も紹介

さいごに

偽物やコピー品に対する知識、偽物やコピー品の見分け方。

本物の歴史やモデルの種類、本物を安く買うための方法。

以上となりますが、疑問に思っている部分は晴れましたでしょうか?

一度本物を手に取っていただければわかりますが、偽物はとことん作りが甘く、ダサいです。

法律にも違反しているので、購入を推奨することはできません。

本物を安い時期に購入して高い時期に売却すれば、高い金額で得することもあります。それが高級時計の世界です。

このページを読んでいただき、1本でも多く偽物がなくなることを祈っております。

あなたのウブロ、独自の中古時計再販ルートによりどこよりも高く買取します。

あなたが大切にしているウブロ

確かな目を持つバイヤーがお客様のウブロの正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は独自の中古時計再販ルートの他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。