オメガの偽物の見分け方と本物を安く購入する秘密の情報!

高級時計としてロレックスに次いで知名度の高いオメガと言うブランド。
機械式時計入門と言われ、ロレックスやその他のブランドと比べると安いと言われるオメガですが、安くても1本30万円以上するのが現実です。

30万円以上もすると購入するのに抵抗が出てしまい、悲しいことに偽物を購入している人もいるくらいです。

先に私の個人的に偽物に対しての考えを述べてくと、偽物は安物買いの銭失いで買えば買うだけ損すると思っています。本物であれば30万円で購入したものが40万円で売れることもあり、10年以上しようすることも可能です。偽物は3万円で購入したら1,2年で壊れてしまう上に、もしも偽物と分かってしまったらその人の信頼も一気になくなり、品性も疑われてしまいます。

偽物は所持していても良いことは一切ないので、もしも偽物とわかった場合には処分することをオススメします。
※本記事は偽物の購入を進める記事ではありません。

目次

1 オメガはなぜ偽物が流通するのか。その2つの理由と流通量が多い2つのモデル

まずはなぜオメガの偽物が流通しているのか、その理由と要注意モデルについてご説明させていただきます。
ざっくりと先にお伝えさせていただくと、知名度が高く人気なブランドなので偽物の需要が高く、偽物が売れてしまうため、偽物が作られてしまいます。

オメガの知名度が高かったり、人気な理由にはオリンピックや007に選出されたことや、ブランド屈指の技術力があります。
この章ではこの知名度と人気の秘密と、オメガで要注意のモデルをご紹介させていただきます。

1-1 オリンピックや007などスポンサーで知名度が高いから

オメガというとオリンピックのタイムキーパーというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
オリンピックのタイムキーパーに選ばれたのは1932年のロサンゼルスオリンピックの時です。当時は正確な時計というものが少なく、スポーツ業界には正確に動く時計は必要でした。

そこで当時最も正確な時計を作っていたオメガに声がかかり、タイムキーパーとして正式登録されました。
ちなみに、当時の精度は1/10秒でしたが、現在では1/1000秒とかなり正確に時間を測ることが可能です。
また、映画好きの方は007の時計というイメージを持っている方もいるかと思います。

007の主人公であるジェームズボンドがオメガを着用しており、1シリーズだけでなくすべてのシリーズで着用していることで、有名でオメガの中に007のシリーズがあるくらいです。
このようにオリンピック効果により世界中で有名となり、007により映画界隈で人気が出たため、オメガの知名度が爆発的に伸びたのです。

1-2 本物は技術力が高いアイテムとして人気だから

ただ、知名度が高いだけではなく前項でお伝えしている通り、オメガの時計はブランド時計屈指の技術力の高さを誇っております。精度に於いてはオリンピックという世界的に大きなスポーツイベントに選ばれるくらい精確です。
また、技術力の高さはそれだけでなく、本物は10年間オーバーホールを不要にしたマスターコーアクシャル機構を開発し、時計業界の中でも話題となりました。

10年間オーバーホールが不要ということは単純にオーバーホール費用が他ブランドと比べて1/2以上に安くなるので、一般ユーザーにとってかなりお得となりました。
過去の栄光にすがるわけでは無く、常に新しい技術を求め進化し続けているのがオメガなのです。
そんなオメガの中でもとくに偽物が多いアイテムについて次項よりご紹介させていただきます。

1-3 要注意モデル①『スピードマスター』

スピードマスターとはオメガで最も人気のシリーズです。スポーツタイプのモデルでクロノグラフを採用しているのが特徴です。

このアイテムはムーンウォッチとも呼ばれ、NASAが月面着率した際にも採用されたことで世界的に有名となりました。また、NASAの公式キャラクターでもあるスヌーピーが採用されているモデルは中古価格で100万円を超えるアイテムも存在しております。

デザインは高級時計の中でも最も有名なロレックスデイトナと似ており、男性に人気が高いアイテムです。

1-4 要注意モデル②『シーマスター』

シーマスターはスピードマスターの次に人気なアイテムで、ダイバーズウォッチやシンプルなドレスウォッチのようなアイテムまで幅広くあるシリーズです。
昨今のデカ圧ブームからダイバーズウォッチタイプのシーマスターが人気が高く、腕が大きい人から小さい人まで選ばれております。

また、本物は300m防水の機能を兼ね備えているものもあり、プロダイバーにも愛用されているモデルです。
コピー品は当然ながら防水機能は兼ね備えていないアイテムがほとんどで、生活防水ですら守ることが出来ません。
以上、一章ではなぜ作られてしまうのか、どのようなアイテムが流通しているのかご紹介させていただきました。

それでは偽物はどこで流通しているのか、続いては流通経路についてと、デメリットについてご紹介させていただきます。

2 偽物が流通している主要国はどこ?偽物市場と所持するデメリット

偽物の流通場所を知ることで、自分が偽物をつかむリスクを限りなく低くなります。
リスクを回避するためにもここで偽物の流通とデメリットを勉強していきましょう。

2-1 偽物は主に『韓国』や『中国』など国外で流通

偽物はどこで流通しているのか、それは主に『韓国』や『中国』などの国外で流通しております。そして購入層はブランド知識が少ない日本人などの旅行客です。
もちろん現地の人も購入はするのですが、旅行客というのはお財布のひもが緩くなっているということもあり、少し高い時計でも購入してしますことがあります。

ちなみに偽物の時計は1万円~5万円ほどの価格で販売しております。
この価格差は偽物にはランクというものが存在しており、乱雑なコピー品から本物に限りなく近いスーパーコピーまであります。
価格差に関係なく言えることはどの偽物も壊れやすいと言うことです。本物の時計であれば15万円で買って4年使って12万円で売るみたいなことが多く、実際3万円くらいで使えているということも多いです。

しかし、偽物は1年ほどで壊れてしまう乱雑品が多く、さらに売ることは出来ないので使い捨てになります。1年で5万円を捨てるのか、それとも本物を4年で3万円で使うのか…冷静に考えれば分かることですが、旅行効果で買ってしまう人が後を絶ちません。この記事を読んだ方は決して購入されないことを祈ります。

2-2 国内ではオークションサイトやフリマアプリは要注意

国外だけではなく、国内でもオークションサイトやフリマアプリなどで流通しております。
販売しているのは日本人もいますが、主にアジア系の人で、海外から持ち出したものを売っているケースが多いです。
見分ける方法は簡単で、値段を確認すると一瞬で分かります。

オメガの時計は凡そ15万~120万円くらいの価格で販売しております。
その時計が1万~5万円で売っていたらほぼ確実に偽物で、もしも本物の場合はアンティークのオメガでかなり古いものや、一部破損しているジャンク品の可能性が高いです。

また、偽物を本物の価格と同じで売っている人もいます。こう言う人から買わないようにするには以下2つのポイントを見るようにしましょう。

【本物を見分けるための二つのポイント】

①古物商許可証を持っていて番号を記載している

そもそも、商売として中古時計を売る場合には古物商許可証を所持しておく必要があります。古物商許可証を持っていないのに中古品の売買を行うのは法律で禁止されております。
また、古物商許可証を所持している業者は偽物の流通を止める義務もあり、販売は当然ながら禁止されているのです。古物商許可証を持っている業者の場合は本物の可能性が限りなく高いので、まずはここを確認しましょう。

②取引の履歴を見て信頼のできる業者か確認する

個人取引の場合には取引の履歴を確認するようにしましょう。取引回数が少ない場合や低評価がついている場合には要注意が必要です。
また、似たようなアイテムを大量に出品していないか確認してみましょう。似たようなアイテムを出品しているということは業者ということで間違いないのですが、この場合には①の古物商許可証の確認が役立ちます。

古物商許可証の番号を掲載していない場合は絶対に取引しないようにしましょう。
ここまでが流通についてのお話しで次から偽物を所持するデメリットについてご説明させていただきます。

2-3 偽物を所持するデメリット『罰金刑』のリスク大

偽物やコピー品というのはそもそも著作権や特許を侵害しているものですので、存在自体がアウトなアイテムです。そして著作権のや特許を侵害しているアイテムというのは“輸入規制品”として取り扱いされております。
偽物の購入方法というと“海外”の実店舗で購入する方法と“国内”でネットを介して購入する方法の二種類に分けることができます。

海外で購入した場合にはそもそも関税申請をしなければなりませんので、本来であれば空港から出ることもできません。もしもしっかりと申請した場合には輸入規制品を輸入したことによる関税法違反にあたり、購入者は5年以下の懲役、または500万円以下の罰金が科せられてしまいます。

ネットで購入する場合も販売場所が日本と書いてありながらも海外から輸入して販売する人がほとんどですので、このケースが該当します。
また、偽物と知りながら“販売”をしようとした場合には商標権侵害として10年以下の懲役、1000万円以下の罰金刑、その両方が科せられます。

このようなリスクを背負いたくない方は偽物を分かった場合にはすぐにゴミに捨てるか貰った方に返すようにしましょう。
さて、なぜこのようなリスクがありながらも偽物が流通しているのでしょうか?

その理由は簡単で、偽物やコピー品の販売で得た収益というのは反社会的勢力の資金源になっており、リテラシーの低い人をターゲットにしたビジネスになっているため、簡単に黒字化できてしまうからです。
偽物を“持つ”だけでは犯罪にはなりません。そのためほとんどの方は上記のような知識を持っておらず、軽い気持ちで偽物を購入してしまいます。

しかし偽物を所有するためには必ず海外を経由するため、ちゃんと関税審査した場合には輸入規制品として罰せられる可能性が非常に高いです。この記事を読んでいる方が偽物を所持しないことを心より祈っています。

3 自分でオメガの偽物を見分ける5つの方法

それではここからは本題のオメガの偽物と本物を見分けるポイントについてご説明していきます。
予めお伝えしておくと、一目でわかる保証書の有無は記載しておりません。
新品購入した場合に保証書が必ずついてきますので、もしもついてこなかった場合にはすぐに返品しましょう!
中古品で購入した場合やプレゼントで貰った場合には下記5つの方法で偽物と見分けてみてください。

  1. フォントが雑で汚い
  2. 全体的に彫刻が甘い
  3. ベルトのパーツの大きさがちぐはぐ
  4. タキメーター400と500の間に点がない
  5. 反射加工してないので光を当てると文字盤が見えない

この章ではここの偽物ポイントについて掘り下げて説明させていただきます。

3-1 偽物ポイント①フォントが雑で汚い

このポイントはとても分かりやすいです。
フォントが雑で汚いものは偽物の中でもランクが低く質の悪いものが当てはまります。

◆ロゴの例

例えばオメガ(OMEGA)の文字についてですが、正規品の場合にはどの文字も綺麗に整っており、『OMEGA』ということが一目で分かるくらいはっきりしております。

↑本物のスピードマスター

偽物の場合にはOとMの間にインクあとがあったり、Eの中棒が長かったりとバランスがとても悪く見るに耐えないモノとなっております。
このくらい質の悪いものだと、素材の違い、風防の違いから遠目でも偽物と分かるレベルのモノが多いです。
このレベルの偽物は一般人の方でも簡単に見分けることができます。

3-2 偽物ポイント②全体的に刻印が甘い

スケルトンを除いたアイテムでは、OMEGAということが瞬時に分かるようにくっきりと刻印が彫られております。
偽物の場合は価格を抑えることができるレーザー刻印を使用していることにより、本物よりも浅くうっすらとしか確認することができません。

特に偽物の多いアイテムであるシーマスターやスピードマスターではシーホースという刻印が彫られていることで有名で、一般の方でも簡単に見分けることが可能です。
個人的にはロゴや文字の判別よりも簡単だと思っていますので、まずは裏ブタを見てみることをオススメします。

3-3 偽物ポイント③ベルトのパーツの大きさがちぐはぐ

ベルト部分には2つの見分けポイントがあります。

①ベルトバックル部分の刻印

こちらは3-2と同様に偽物は浅く彫られているのが特徴でとても分かりやすいので、まずはここを見てみましょう。
素材の違いもありますが、偽物の方が脆く傷が付きやすいのが特徴的で、傷だらけで刻印が見えなくなってしまっている場合は怪しんだ方が良いでしょう。

②ベルトのコマのサイズがチグハグ

偽物のベルトはそれぞれのパーツのサイズがあっていないため、ベルトとベルトの間に隙間があったり、フラッシュフィットと呼ばれる部品(コマをつなぐ真ん中の部品)とコマの間に段差が出来てしまっております。
着用してみると腕に違和感というのはあまり感じませんが、見た目がとてもチープで偽物ということはすぐに分かります。本物に限りなく寄せているスーパーコピー品でもベルトの継ぎ目が甘いアイテムが多いので刻印やロゴが当てはまらない場合はここを確認してみましょう。

3-4 偽物ポイント④タキメーターの400と500の間に点(・)がない

タキメーターとはスピードマスターにのみ使われている機能の一つで、簡単にお伝えすると時計のベゼル部分に当たります。
すごく細かい部分にはなりますが、偽物のタキメーターの400と500の間に点が刻印されていない個体も存在するため、モノによっては遠目でも偽物ということが分かります。

シーマスターや個体差によって本物に近いものありますが、400と500の間に点がなかったら偽物ということを覚えておいた方が良いでしょう。

3-5 偽物ポイント⑤反射加工していないので光に当てると見にくい

最後のポイントは文字盤の視認性についてです。
本物のオメガは風防(文字盤のガラス)にサファイア加工しており、光の反射を抑えて視認性を良くしております。どの高級時計にでもいえることですが、視認性の高さは高級時計にとって最も重要なポイントであるため、かなり重要視されております。

近代では室内では蛍光灯の光を浴びることが多く、蛍光灯の光の反射を抑えて視認性を高くする工夫がされているくらいです。(※サファイア加工)
一般の方には最も分かりにくく伝わりにくいのですが、本物を持っていると一瞬で見分けることができるポイントであるため、このポイントを注目してみると良いでしょう。

また、これはオメガ以外にも当てはまることですので、もしも他の高級時計で偽物か本物か気になるアイテムがあれば確認してみましょう。

4 【最終手段】プロに頼んでみてもらう

ここまで来て本物か偽物か分からない場合…プロに頼んでみてもらうのが一番です。

プロに頼んで確認してもらう方法は2種類あります。

  1. オーバーホールを頼む
  2. 買取店に持っていく

ただ、注意が必要なのはどの業者も『本物と偽物の真贋』は行っておりません。

真贋をしない理由は単純に売り上げにならないためです。買取業者は買取を前提としてビジネス展開しているため、本物の査定のみ行う必要があります。オーバーホールを行っている業者ではそもそも本物しか取り扱いしていないので真贋をしてもらうことができません。

ここで見てもらうのは、オーバーホールを頼むのであれば、本物だった場合はオーバーホールを実際に頼んで、買取店に見てもらう場合には将来売るときの価格を知るチャンスだと思って使用するようにしましょう。
少し話が逸れてしまいましたが、実際にどのように行ったらいいのかご説明させていただきます。

4-1 偽物はオメガにオーバーホールを頼むと返品される

オーバーホールとは何か簡単に説明させていただくと、オーバーホールとは時計の修理や分解清掃の総称のようなものです。
機械時計と言うのは何百もの細かな部品が重なり動いており、部品が摩耗して壊れてしまったり、磁気帯びで故障してしまったり、油が固まってしまったりと、定期的なメンテナンスが必要になります。

それを直したり、内部にたまったほこりを綺麗にする作業がオーバーホールです。
さて、そんなオメガにオーバーホールを頼むとどうなってしまうのか…。

答えは簡単で商品が返品され、そのまま自分に戻ってきます。本物の場合にはオーバーホールの見積書が届きますので、オーバーホールに出して綺麗な状態のオメガを使うと良いでしょう。

4-2 質屋や買取店に持って行くと査定不可で返される

質屋や買取店では本物を買取しているので、偽物の区別は最も得意です。
偽物を買取してしまうと店舗はその分損失となってしまうため、かなり丁寧に査定を行います。日々偽物情報をチェックし、日々新しい情報を仕入れて勉強を行っております。

そんな買取店に偽物を持って行くとどうなるかというと、『基準外』と言われ査定してもらうことができません。
なぜ『偽物』と言われないのかというと、買取店は本物か偽物かを判断するところではないという理由が一つと、正式に真贋を行う権利を持っているのはブランドホルダー(メーカー)のみですので、買取店は偽物ということすら出来ないのです。

ですが、査定してもらえない=『その店が定める本物の基準を満たしていない』ということを指しますので、本物と偽物の判断は容易なのです。
ここまでが偽物を判断するためのポイントになります。

まずは自分で確認してみる。そのあと不安であればプロに頼んでみる。この手順を行うことで本物偽物の区別は簡単ですので、試してみましょう。

5 オメガを安く購入するのに重要な3つのポイント

もしもオメガが偽物だった時はこの機会に本物を購入してみてはいかがでしょうか?
最後の章ではオメガを安く購入する方法についてお伝えさせていただきます。

この章のネタバレをすると、ローンを組んで支払いを安く抑えたり、相場を確認して安い時期を見て購入したり、売却前提で使用することでオメガを安く購入することができます。
其々のポイントについて掘り下げて説明していきましょう。

5-1 購入ポイント①ローンを組んで1回の支払いを抑える

購入に関して、ローンを組んですることで毎月定額支払うことでお財布の負担を下げることができます。
一気に30万円支払いするのもいいのですが、時計の場合はローンの手数料がかからない場合も多いため、ローンを使用するのも一括で支払いするのも変わらないことが多いです。

もしも手数料が発生する場合には購入する店舗を色々と見て比べてみると良いでしょう。

5-2 購入ポイント②相場を把握して安い時期に購入する

中古の高級時計と言うのは相場が存在しており、相場に応じて販売価格が異なります。
毎日細かく変動するわけでは無いのですが、下落して5万円くらい安く購入できる場合もありますし、購入するタイミングによっては2~30万円高くなってしまうことがあります。

時計の販売相場は『価格ドットコム』で簡単に調べることができますので、気になるアイテムが決まりましたら、『○○ 価格ドットコム』と調べてみましょう。
※オメガのアイテムについては下記記事で記載しておりますので、参考にしてみてください。

5-3 購入ポイント③売却することを検討しながら購入する

ここが最も重要なポイントです。
車を購入する場合は売ることを考えて購入する人や、つぶすことを前提に購入する方の二つに分かれるかと思います。

時計の場合には一生使うと決めている人から売ることを前提に購入される方の二つに分けることができます。もちろん前者でもいいのですが“安く”購入されたい場合には売却前提で購入するようにしましょう。

オメガの時計はリセール率がとてもよく、30万円で購入した時計が25万円で売れたり、40万円で売れたりします。売るタイミングについては購入ポイント②と同様で相場を確認することで高いタイミングで売ることができますので、必ず確認するようにしましょう。

また、高級時計を売る方に多いのが、使用した時計を売って、その売ったお金を元手に他の時計に切り替えるという人もいます。時計で資産運用をしている人もいるくらいですので、このタイミングで資産運用に挑戦してみることも個人的にはオススメです。

最後に

今回はオメガの偽物についてご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
オメガの偽物は他の時計と比べてかなり分かりやすく、一般人の方でも簡単に見分けることができます。ぜひ自分で持っている時計と見比べて、確認してみてください。

最後になりましたが、弊社ではブランドリバリューというブランド買取専門店を運営しております。
時計、バッグ、宝石、貴金属を専門に取り扱いしておりますので、もしも不要なものがあったり、オメガの本物偽物が気になった場合には下記からお問い合わせしてください。

お客様のご利用お待ちしております。

あなたのオメガ。確かな目でどこよりも高くお買取りします。

あなたが大切にしているオメガ

確かな目を持つバイヤーがお客様のオメガ時計の正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は真贋技術の他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。