パネライの高価買取のためのポイントと買取相場の調べ方

デカ圧ブームの火付け役ことパネライ。

昔にデカ圧ブームが来たときに購入された方も多いのではないでしょうか?

そんなパネライは未だに根強いファンがいる中、人気が薄れていて売却する人が多いブランドでもあり高級ブランド時計の中では中堅のような立ち位置にいます。

需要と供給が落ち着いている中、現在のパネライは中古を購入される方が多く新品よりも中古の需要の方が高まっており、中古買取相場が上がっている現在では昔購入したパネライを手放す方も多くいらっしゃいます。

そんなパネライを高く買取りしてもらうためのポイントが3つあります。

ポイント①前準備
ポイント②業者に売る
ポイント③店舗選び

 

簡単にお話すると、『パネライを綺麗な状態で付属品をもって、高価買取してもらう店舗に売る』だけです。

今回はこの3つのポイントとパネライの買取価格の調べる方法についてお話させていただきます。

1 前準備が最も重要!タイミング、状態、付属品の有無で査定額が10万も変わる

何もしないで売りに行っても良いと思いますが、必ず損をすることとなるので簡単な準備だけはした方が良いでしょう。

今お持ちのパネライが“大体”どのくらいの値段で買取してもらえるのかを知りたい場合には何もせずに査定してもらってもいいかと思いますが、そうでない場合には絶対に前準備を行うことをオススメします。

前準備をするとしないとでは買取額が210万円ほど差がつくことがありますので、金銭的に損してしまいますし、安い買取額は心身的にもあまりよくないでしょう。それではどのような前準備が必要なのか。

必要な前準備は主に以下3つになります。

  • 相場を確認して高いタイミングで売る
  • パネライをお手入れして状態を綺麗に保つ
  • 付属品を揃えて持って行

前もって相場を調べておけば下落する前に売却することができます。

そして時計の状態は時計そのものの評価に最も関わってくる重要なポイントです。たまに使用感がすごいパネライを査定することがあるのですが、外の状態が悪いと機械内部の状態も悪いものだと思ってしまいます。機械内部の状態が悪いとオーバーホールが必須になるので買取金額が下がってしまいます。

次に重要なのが付属品。付属品の有無で査定額は15万円ほど変わることもあります。査定額が目に見えるくらい分かりやすいのでもしも残している場合には必ず持って行った方が良いでしょう。

それでは上記3つの前準備について掘り下げてご説明させていただきましょう。

1-1 人気が出始めたタイミングが買取価格の上がるタイミング

高級時計には相場というものが存在し、買取店はその相場に応じて金額を提示します。しかし買取相場と言うものは一般的に公開されていないため実際に“今日現在の買取が高いのかどうか”分からない状態となっております。

その買取相場の一つの指標となるのが中古販売相場です。買取したものは国内で流通するものから海外流通まで様々な動きがありますが、日本で買取してもらうケースがほとんどなので、海外流通は意識しなくても良いでしょう。

まず相場の説明をする前に買取相場が上がるタイミングがあるのでお伝えさせていただきます。

それは『中古販売相場が上がったタイミング』です。中古販売相場が上がっているということは需要が高まっている、もしくは供給が少なくなっていることを指しております。このポイントさえわかれば大体の買取額は予想することができます。

それでは実際に20191年間の中古販売相場を見ていきましょう。

【ルミノール マリーナ 1950 3デイズ アッチャイオ PAM01312】

出典:panerai

発売年:20171

定価:¥946,000

パネライの一番人気の商品で2017年に発売されたまだまだ新しい分類のパネライです。

定価は¥946,000と高級時計の中では若干高めな設定。それでは中古販売相場はどのような動きがあるのでしょうか。

引用:価格.com

注目すべきは青色の平均価格のグラフです。2019年の3月よりじわじわと相場が上がり10月ごろには72万円に到達しております。66万円から比べると販売相場が6万円も上がっているので買取額もこのくらいの価格変動していることを意味しております。

ピークから現在までの動きを見ていると若干下がり傾向にあることが分かります。そのためもしかしたら66万円台まで相場が下がる可能性があるため、今のうちに買取してもらうことが賢明な判断と言えるでしょう。

相場を調べるには『型番 価格』で調べると中古での販売価格を調べることができるので、もしも売りたい商品がある場合には調べてから売りに行くようにしましょう。

【型番の調べ方】

パネライにはPAM番号というモデルを識別するための番号があります。

型番が掲載されているのは付属の外箱に貼られているステッカーかバーコードと一緒に記載されております。

もしも捨ててしまっている場合にはOP番号というものが裏ブタに記載されており、この番号でモデルと特定することができます。OP番号を検索するとPAM番号を知ることが可能です。もしもご面倒な場合には『モデル名 買取』で検索すると一覧でパネライが出てくるのでそこからご自身でお持ちのものを探すと良いでしょう。

1-2 細かな傷は買取額がマイナスに状態はキレイにしよう

続いては状態です。時計の状態は使っている人により変わり、査定額も大幅に変動します。

言い方は悪くなってしまいますが、汚い時計は扱いも雑だと想像できるのでケースやベゼルなど外の部分だけでなく、内部の状態も悪いと予想されます。そのため、買取を行う店舗では購入後のメンテナンスを前提に査定を行うため買取額が安くなります。

状態をよくする方法は日々のお手入れと内部メンテナンスの二つに分かれます。

【日々のお手入れ】

まずは日々のお手入れから説明させていただきましょう。

方法は簡単で日々パネライを使い終わった後に乾いた布で拭くだけです。これはケースだけでなくベルトも丁寧に拭きましょう。

尚、パネライは防水加工のされている時計ですが、水洗いはオススメできません。水洗いでも綺麗にはなるのですが、もしも拭き漏れがあった場合には錆の原因となってしまいます。また、拭き漏れ防止のためにドライヤーを使う人もいますが、これは温度変化により故障の原因となってしまうので、結果水洗いはオススメできません。

【メンテナンス】

時計の内部状態を良くしておくと査定時に買取額が高くなります。

パネライの場合にはオーバーホールは45年に1度と言われているので、もしも長く使っている場合には必ずオーバーホールをすることをオススメします。

ただし、“オーバーホールをしてから売却”することはNGです。売る寸前になってオーバーホールをしても査定額はオーバーホール代くらいにしか変わらないので無駄な手間だけが増えてしまいます。長年使用する場合にはオーバーホールをしておくと良いでしょう。

メンテナンスではオーバーホール以外にも使用頻度も重要です。時計には機械油が使われているため使わないままでいると油が固まってしまい時計が故障してしまいます。

もしも長い間使わない場合でも定期的にネジを巻いたり着用して動かすようにすると良いでしょう。

1-3 箱、保証書などの付属品があると査定額が2~5万円上がる

私は家電などを購入した場合でも箱や保証書などすべて取っておくタイプの人間なのですが、この記事をご覧いただいている方は残しておくタイプの方でしょうか?

もしも残さないタイプだとしたらこの項については諦めたほうが良いでしょう。ただ、これからパネライを購入してリセールを気にされている方がお読みの場合には必ず覚えておいてください。

“付属品の有無で買取額が大幅に変動する”

付属品を残している方は高価買取してもらうチャンスです。なぜ付属品があると高価買取につながるのか説明させていただきます。

パネライなどの購入時計を買取した後は中古品として販売を行います。

中古品を売るときに箱や保証書があるものとないもので比べると箱や保証書がある方が販売スピードが速く、箱保証書がないと売れ残ってしまうこともあります。

これは高級品に関してはコレクターや記念品として購入する層が要るため、なるべく完品を求める人が多いためです。箱や保証書がないものは元々の状態をよくないと考える人もいるため、付属品がないものは売れるスピードがどうしても落ちてしまいオークションでも安くなってしまいます。

そして付属品ですが、なるべく綺麗な状態を維持しておきましょう。

箱の角が擦れていたり、つぶれている箱は付属品としての価値がなく、ないものとして取り扱いするので状態を気を付けるようにしましょう。

☆パネライの付属品一覧☆

・箱

・保証書

・取扱説明書

・クロノメーター証明書

・替ベルト

★限定モデルにのみある付属品一例★

・箱のカギ

・ルーペ

・専用の冊子

基本的には購入時にそろっているものを全て残しておくと良いでしょう。ただ、レシートなどは付属品ではないので、捨ててしまっても問題はありません。

以上の相場、状態、付属品の前準備の3点が買取額を上げるための一つ目のポイントになります。

そんなに難しいことはなく、日々の積み重ねだったり売る前に少し確認するだけで買取額を上げる事が出来ます。すべて簡単に実践することができるのでぜひ試してみてください。

2 個人売買と業者買取の違い。パネライの個人売買は絶対にNG

さて、二つ目のポイントはどこで売るのかです。

この章では個人売買と業者買取の違いについて掘り下げていきます。

先に結論から伝えるとうまく売ることができれば個人売買の方が高く売ることができます。

しかし、慣れていない人が個人売買で高級品を売ろうとした場合には個人売買の方が安くなってしまう可能性が非常に高く、結果“業者買取の方が高い買取だった”ということも起こります。

そのため私は個人売買よりも業者買取をオススメしております。

それではそれぞれどのような特徴があるのか、メリットデメリットをお伝えさせていただきます。

2-1 個人売買は適正価格で売れないので絶対にやめましょう。

最近特に流行りの個人売買。某フリマアプリは世界で1億ダウンロードを突破し、この記事を読んでいる方の中にも利用したことのある方もいるのではないでしょうか。また、某オークションサイトでは個人で商品登録している人よりも業者の方が多く個人売買とは若干離れてきていますよね。

個人売買の良いところは自分自身で値段を設定できることです。これは個人売買の一番の特徴でもあり一番のメリットです。自分自身で値段を決めることができるということは、買取店の買取金額よりも高い金額で設定することを意味します。

例えば買取店で80万円の査定だった商品を90万円で設定するとします。もしも売れた場合には手数料などを除いても81万円くらいは手元に入るような感覚です。ご自身で対応するのが億劫でなければこの方法が最も高く売れる方法だと思います。

しかし個人売買のデメリットがここで影響します。

その個人売買のデメリットとは“いつ売れるか分からない”です。フリマアプリやオークションサイトではパネライなどの高級商品よりも日用品や比較的安いブランド品などがメイン商材となっております。

パネライなどの50万円を超える高級商品は個人売買で購入する際に“偽物かどうか”を気にする人が多いため購入される層が少ないのが現状です。そのため、数カ月売れ残ってしまうこともあります。

数ヶ月売れ残るということは相場はすでに変動していることもあります。

例えばフリマアプリで初めに50万円で提示して売れずに3ヵ月放置したケースを想定すると、その時期には買取店での買取額が60万円に上がっていることに気づかずフリマアプリで50万円で売却してしまうこともあります。また、逆に相場が下落しており、50万円での提示が高すぎで30万円まで値下げしないといけないということもリスクとして存在します。

尚、基本的には相場は落ちていくものなので後者の相場が下落する事例の方が多いです。

個人売買のデメリットは金額的なものではなく、一対一で対応をしなければいけないことです。

フリマアプリやオークションサイトを利用されたことのある方ならお分かりかもしれませんが、例えばフリマアプリの場合には値下げ対応に応じなければいけなかったり、両者共通で入金対応や発送処理などを行わなければならないのでとても面倒です。

また、購入者が返品の依頼があった場合には基本的には対応しなければいけないので、そのような工数もかかってきます。一言で済ませるならば個人売買はとても“面倒”なのです。

個人売買を行う方は“相場が下がってもいい”という方と“時間がかかってもいい”という両方を満たしてもいい方に限りオススメです。

ちなみに私は購入者目線で考えてオークションサイトやフリマアプリには偽物の流通が多いため絶対にオークションサイトやフリマアプリから高級品を購入しません。以前Louis Vuittonの財布を購入し偽物だったこともあり、絶対に利用しないようにしております。

もしあなたがフリマアプリやオークションサイトで高級品を購入される方だった場合には一度試しに出してみると良いでしょう。

2-2 業者買取は適正価格で即金対応が可能

業者に直接持って行って買取してもらうのが私のオススメです。

メリットは“相場で買取してもらうことができる”です。

時計の相場は日々変動しており、その日その日で買取金額が変わります。また、状態により買取額を精査してもらうことができるので正確な価格で買取してもらうことができます。

デメリットは自分の欲しい金額で売ることができないことです。デメリットというよりは相場で決まっているので当然なことなのですが、これが納得できない場合には個人売買のデメリットを理解した上でフリマアプリやオークションサイトを利用されることをお勧めます。

高く売りたい場合には買取店に持って行って売りに行くと良いでしょう。

高く売る方法は1章を参考にしてもらえば問題なく誰でも高い金額で買取してもらうことができるのでオススメです。

店頭買取のデメリットは金額以外にはパネライを持って行ったり郵送したりと面倒なところもあります。

個人売買と比べて自分で持って行ったり郵送するのはそこまで面倒ではないのですが、なかなか腰が上がらないですよね。ただ、この腰を上げないと売るタイミングを間違えて安い買取金額になってしまうので、ここはマネーモチベーションでどうにか腰を上げてなるべく高い買取金額で買取してもらうことのできるようにしましょう

以上ポイント②の売り方についてでした。

結論をもう一度言うと個人売買と業者買取では個人売買の方がうまくいけば高い買取金額で売れることができるが、平均してみると高い買取金額になるのは“業者買取”ということになります。

個人売買が流行っている現在では店頭に持ってきている人も若干少なくはなっているのですが、実際にはフリマアプリやオークションサイトであまりにも安く購入している人が多くいるため損している人が多いです。

(フリマアプリやオークションサイトで仕入れを行う中古業者もいます。)

高く売りたいからフリマアプリやオークションサイトを使っているのに結局業者買取よりも安い金額になっては全く意味がありません。

また、パネライなどの高級商品はフリマアプリやオークションサイトで売れることは少ないため、金額設定もシビアで手数料などを引いたときに業者買取の方が高かったこともよくあります。

ご自身が何を目的に買取をしてもらうのかもう一度考えてみて個人売買にするのか業者買取にするのか見極めると良いでしょう。

それでは続いてのポイントである“店舗選び”について重要なポイントを紹介させていただきます。

3 高価買取している店舗を選ぶ3つのポイント。キーワードは『ブランド買取専門店』

何度も言うようですが、パネライは高級時計です。

パネライの買取をしているお店はどのくらいあるかお分かりでしょうか?パネライを買取できるお店はリサイクルショップ、古着屋、質屋、総合買取店、ブランド買取専門店など…大きく分けて5つに分かれます。

この5つすべてが高い金額で買取しているわけではありません。

基本的にはブランド買取専門店が高価買取をしており、その中でも特に都心部に店舗展開をしており、ネットで集客しているところの査定額が高い傾向にあります。

理由は簡単でブランド買取専門店はブランド品に特化しているため専門性に長けており正確な値段を提示することができます。

都心部に店舗展開しているということは複数店舗のライバル企業ある中で生き残らなければいけないので安い買取額では勝負することができません。そのため必然的に買取額が高くなる傾向にあります。

また、ネットでの集客というのはネットリテラシーの高い若者向けの集客となります。買取金額を簡単に調べ

ることができる世代からも強い支持を集めるためネットで集客し勝ち続けなければなりません。

この3つのポイントに当てはまる店舗が高価買取をしている店舗の特徴です。

実際にどのように作用しているのか掘り下げていきましょう。

3-1 リサイクルショップは絶対にダメ

高級時計は専門性が高いため、リサイクルショップや古着屋、古い質屋や総合買取などは実際の相場が分からずに店舗が損しない安い金額で買取を行います。これは専門性が低い商品なためどうしようもないことです。

もっと分かりやすく言うと、ブランド買取専門店に家電を持って行くようなことをイメージしてみてください。家電の買取金額が高いのは日用品の査定に強いリサイクルショップです。ブランド買取専門店では家電の買取をしていないためいくら高級な家電を持って行っても査定してもらうことができません。

パネライでも同じことが言えます。高級な時計と言っても知識のない人からしたら“高そうな時計”にしか見えないのでパネライの価値が分かりません。そのためブランド品の知識が高く高額査定をしているのは“ブランド買取専門店”です。

ことわざに“餅は餅屋”という言葉があります。これは何事においても専門店にはかなわないというような意味なのですが、これはもちろん現代でも同じです。幅広く買取りしているお店は便利なのですが、専門性に欠けるため買取額は安くなります。どの商品でも言えることですが、あなたが買取額にこだわる場合には“専門性”を意識して買取店を選ぶようにしましょう。

3-2 都心部で展開している買取専門店が高価買取店の証

続いての高額買取のポイントは都心部での展開になります。

まず高額買取をしてもらうために必要な条件をお話しておくと、それは資金力にあります。

買取業界において最も重要なものは資金力で次いで卸先になります。

資金力があれば自分で購入したものをプールしてそのまま店頭販売することができます。しかし資金力がない場合にはそもそも高い金額を支払うことができないので買取金額が抑え気味で“利益重視”の店舗経営となります。

長い目で見た場合には高価買取をしてお客様を付けることが利益につながるのですが、短期経営の場合には安い買取金額で買取して店舗をつぶすようなことをしている会社もあります。そのような会社には資金力がなく、長く続ける必要がないので店舗も“家賃が安い地方部”に構えがちです。

都心部は家賃が高いですがその分集客を十分に行うことができるので長い目で見た場合に短期経営よりも利益を獲得することができます。また、都心部に店舗を構えている業者は長期経営をしている場合が多いため信頼も厚いです。

都心部に店舗を構えるということはそれだけでライバル店が増えることを意味しますので、必然的に買取額が高くなります。買取額が安いお店の口コミはあっという間に広まってしまい店舗経営をできなくなってしまうので当然のことです。

あまり意識されたことがないかもしれませんが、都心部に構えているのかどうか、それとも地方チェーンなのか、地元愛で地元にお店を構えているのか調べてみると良いでしょう。

最も高く売りたいなら新宿、渋谷、名古屋、梅田、福岡などの都心部に店舗を構えている業者を選んでみると良いでしょう。

私は地元が好きなので金額をあまり気にしないものは地元で売って地元に還元するようにしています…笑

3-3 ネット集客をしているお店は買取額に自信あり

ネット集客と言うと色んなものがあるのですが、分かりやすいインターネット広告でお話させていただきます。

上記のような写真の[広告]と書いてあるものを見たことはございますでしょうか?

この広告はGoogleにお金を支払い集客を行うシステムになっております。チラシのWEBバージョンのようなものです。

このWEB集客は安く買取をしたい業者は絶対に行いません。理由は簡単で若い世代からの利益率が低いためです。団塊の世代や高齢層の場合には利益率重視の買取をしている業者もおり、そのような業者は相場の半額以下の買取を行う場合もあります。そのため“知識のある”若い世代は集客しないようにしているのです。

WEB集客をしているお店は今後はWEBからの集客がメインとなると考えている業者で今の世代が10年後20年後でも使ってもらえるように今のうちに名前を覚えてもらおうと広告を出しております。

買取金額の話に戻ると、このWEB集客で相手にするのは若い世代なので相場などに詳しい方となります。相場に詳しい方は安い買取金額では納得しないため買取金額が高くなります。

そして若い世代は特に金額にシビアで今後もWEBを中心に店舗探しを行うと私は考えております。現段階でWEBからのお客様と大切にしておりリピーター獲得や口コミからの集客を行うためにWEB広告で集客を行っているお店は比較的高価買取をしているお店が多いです。

3つ目のポイントお店選びでしたが何となくイメージは沸きましたでしょうか?

ここでのポイントを一言でまとめると

“都心部に店舗を構えてWEBで広告を出して集客をしているブランド買取専門店”

に売りに行くことです。

WEBで集客しているお店は郵送買取をしているお店がほどんどなので、もしも地方に在住な方でも問題なく高価買取してもらうことができるので、ぜひ一度検索してみてください。

4 パネライの買取価格を簡単に調べることができる2つの方法

最後にパネライの買取相場を調べる2つの方法をお伝えさせていただきます。

パネライはロレックスやパテック・フィリップなどと異なり特出して“人気なモデル”と言うものが存在しません。たくさんのモデルが出る中で幅広く愛されているブランド、それがパネライなのです。

そこでこの章ではパネライの買取相場をざっくりと調べる方法から正確なものまで確認する2つの方法についてお話させていただきます。

4-1 中古販売相場からリセール率70%で計算すると大体の買取価格を知ることができる

1-1の売るタイミングにて相場の確認方法をお伝えしましたが、この情報がここでも活躍してきます。

中古販売相場から買取価格と言うものは大体の予想を立てることができます。

『ルミノール マリーナ 1950 3デイズ アッチャイオ PAM01312』を例に説明させていただきます。

出典:panerai

発売年:20171

定価:¥946,000

最安価格(税込)¥676,980

(※上記価格は執筆当時の価格となります。)

この最安値を70%にしたものが買取価格の凡その金額となります。

最安価格(税込)¥676,980 × 70% = ¥473,886

この上記の約47万円というのは買取額のベースとなります。状態が良いと47万円くらい悪いと『10万円以上買取金額が下がることもある』いう事を覚えておくとご自身の時計が大体いくらになるのか試算することができます。

(※執筆時現在のリセール率となりますので、商品や状態により大きく異なります。あくまで目安としてお考え下さいませ。)

因みにこの中古最安値は『価格.com』で簡単に調べることができます。

出典:価格.com

もしもご自身でお持ちのパネライの型番が分かる場合に、“大体”の買取相場を知りたい場合にはこの方法で簡単に調べることができるので調べてみると良いでしょう。

4-2 『BRAN DREVALUE』にLINE査定やWEB査定で聞いてみる

全ての型番において買取金額を知ることができる有効な方法があります。

それはBRAND REVALUELINEやWEBで査定依頼をすることです。

この記事をお読みの皆様は査定と言うものをしたことはございますか?

査定と聞くと面倒なイメージがあったりするとよくお客様からお声をいただくのですが、実はとても簡単な方法なのです。

LINE査定の場合にはLINE登録して写真を送るだけで概算金額を知ることができます。

メール査定の場合には専用のフォームに情報を入力してメールの返信を待つだけ

とても簡単ですよね。

商品写真を撮って送るだけで買取金額を知ることができますし、もちろんお値段が気に入った場合にはそのまま売ることもできます。

売却される際には郵送キットを無料で送付しますのでお客様は一切お金を支払うことはありません。

この方法であれば型番を調べる必要もなく買取金額を知ることができます。

他の方法と違ってそのまま売却をすることもできるので、スムーズに売却することが可能です。このページの下部に査定のリンクが張ってありますので、もしご興味がありましたら下までスクロールしてみてください。

まとめ

パネライを高く売る方法は前準備を行って商品を綺麗にしてからブランド買取専門店に持って行くようにする。たったこれだけのことでパネライを高く売ることができます。

そしてロレックスやオメガなどと違いパネライの場合には種類が豊富過ぎて買取金額を提示しているお店が少ないので、もしも査定金額を知りたい場合にはBRANDREVALUELINE査定やWEB査定がオススメです。

あなたのパネライ、独自の中古時計再販ルートによりどこよりも高く買取します。

あなたが大切にしているパネライ

確かな目を持つバイヤーがお客様のパネライの正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は独自の中古時計再販ルートの他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。