ロレックスを売る前に知りたい相場の情報!最も高く売れる情報を掲載

「ロレックスを売りたいけど損はしたくない。」

「ロレックスってどこで売るのがいいの?」

「フリマアプリとかオークションサイトとかの個人売買の方が買取高いらしいけど実際どうなの?」

「傷だらけのロレックスって売れるの?」

ロレックスの買取を行っていると上記のような相談をよくいただきます。

もしかしたら皆様もそのような疑問点があってこのページにたどり着いたのではないでしょうか?

皆様が想像しているようなロレックスを売るときの悩みを解決できるように、このページではロレックスを高く売るための情報と損しないための気を付けるポイントをご紹介させていただきます。

目次

1 ロレックスの買取金額を決める2つのポイント

まずは「ロレックス”の買取金額は何で決まるのか?」という質問をいただくことがあります。

恐らく皆様のご想像通りにはなるかと思いますが、順を追って説明させていただきます。

1-1 相場でその日の買取価格のベースが決まる

ロレックスというのは日々の相場で買取金額が決定します。そのため、ロレックスの相場と言うものは最も重要な指標となります。なお、その日の相場により買取価格が大きく変わってくるので、“ちゃんとしている”買取店は日々の買取価格が若干異なる場合があります。

ここでのポイントは決して買取価格が決定するわけではなく、買取価格の“ベース”が決まります。このベースをもとに買取価格を決めるのです。

例えば、相場が100万円だとした場合に買取価格のベースは100万円になります。ここからロレックスの評価により買取価格が93万円になったり、70万円になったりするのです。

よく「相場が○○円だから○○円で買取してもらえないなんておかしい」と言う方も稀にいるのですが、相場の最大価格で買取してもらうには時計の状態が重要です。どのような状態が良いのか、次で紹介させていただきます。

1-2 時計の状態や付属品で査定が上がる

極端な話をします。新品と全く同じものと傷だらけのロレックスがあるとします。

新品と全く同じものの場合には“使用感”がなく、傷によるクリーニングの費用も全く必要がありません。それでは傷だらけの場合にはどうなるでしょうか?傷のクリーニング代はもちろん、扱いが雑だった場合も想定して故障していないかどうかの確認が必要になります。その分買取額は安くなります。

また、状態に加えて付属品も重要です。付属品と言うものは“本物”の証となり付属品の有無で売れ行きが変わってきます。そのため、付属品がある場合には査定額がアップしたり、逆にない場合には買取金額がマイナスになったりします。

この付属品というのは購入時の箱や保証書はもちろんオーバーホールを正規店で行っていた場合には、ロレックスから発行されている証明書も当てはまります。オーバーホールの証明書があれば、『買取後オーバーホールが必要か不要か』を判断することができるので、査定額がアップすることもあります。覚えておきましょう。

1章まとめ

1章をまとめとロレックスの買取金額を決める二つのポイントは相場と付属品の有無です。

この二つを参照して査定スタッフは査定金額を決めて買取を行います。相場だけで決まるわけではないので、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

そしてロレックスの買取金額を決めるにあたって最も重要なポイントは“相場”です。相場がどのように決まってくるのか、またどのタイミングで相場が上がりやすいのか次項で紹介させていただきます。

2 ロレックスの買取金額で最も重要な“相場”を決める3つの要素

皆様は「相場が上がるタイミングがわかったらうれしい」って思ったことはありますか?

私は毎日思っています。相場が上がるタイミングが分かれば投資で損することなくなりますからね…涙。

一般的に相場と言うと“経済”の視点から考察する必要があったり、国の状況に左右されたり勉強することはたくさんあるかと思います。しかし、ロレックスの相場を調べる場合にはそのようなことをせずに、大体の価格を知ることができます。

そんなロレックスの相場を決めている要素は『為替』『人気度』『レア度』この3つになります。この章ではロレックスの相場がこの3つの要素とどのようにかかわっているのかご説明させていただきます。

2-1 要素①為替相場~円安の時は買取額が高くなる~

ロレックスがスイス時計なことは有名な話ですが、ロレックスを輸入する際には主に米ドルで取引されていることはあまり知られておりません。米ドルで取引されているので、日本での販売や買取価格はドル円相場に影響され、ロレックス相場の一つの指標となるのです。(正規代理店の場合には販売価格は国ごとの定価が定められているので、ドル円相場の影響がないです。)

例えば、1ドル100円の時には10,000ドルは1,000,000円になります。1ドル110円の時には10,000ドルが1,100,000円になります。1ドルが100円の時と110円の時では100,000円の差がつきます。

つまり、円高の時にロレックスを輸入することができればロレックスの価格が安くなり、円安の時にはロレックスの価格が高くなります。

相場が上がるタイミングを一言で言うと円安のタイミングです。

それではここでロレックスの相場とドル円チャートを見てみましょう。

【ドル円チャート】

出典:SBI証券

出典:価格.com

何となくですが、似たようなグラフになっていることが分かりますでしょうか?

分かりやすいのは201910月上旬の相場です。1ドル106円近くまで落ちていた相場が109円弱まで上がりました。ロレックスの方でも同様に今まで下がっていた相場も上がってきております。

このようにドル円相場は一般人でもロレックス相場を見分ける一つの指標としても役立ちます。ただし、ロレックスの相場はドル円だけでは決まりませんので、ドル円相場だけを見て判断することはやめておきましょう。残りの二つの要素と組み合わせて考えると良いでしょう。

2-2 要素②人気度~人気なモデルは特に買取額が高い~

続いての要素は人気度です。この人気度と言うのは“需要”を表しております。相場で重要なのは需要と供給です。人気度が高いものは需要が特に高く相場が上がりやすい傾向にあります。逆に言えば人気がない商品は相場が下がり、安価で取引されております。

それではどのようなモデルなのかランキング形式で紹介しましょう。まずは表をご覧ください。

(買取相場は一般的に公表していないので、ここでは販売相場で表示させていただきます。)

ランキングを見るとほとんどがスポーツモデルということが分かります。

(※価格.com ロレックスより作成)

基本的には販売してから値上がりしていますが、3モデルのみ値下がりしてしまっていますね。

この3モデルに関しては、まだ流通し始めて日が浅い特徴があります。そしてこの3つは流通量が少なく、現在でもレア度の高いモデルです。そして流通量が少ないため、価格が安定していないため、強気に買取販売しているお店が少ないため、価格が低下してしまっております。

しかし、GMTマスターⅡ旧式の116710BLNRの上がり幅をみると新型の126710BLROでも同様に上がるのではないか?と私は考えております。

9位のシードゥエラーに関しては正直に言うと需要の少ないモデルとなっております。本来であればもっと相場が下がっていてもいいくらいなのですが、流通量が少ないモデルのため、そこまで落ちることなく現在の価格を維持しております。

それでは流通量がどのように相場に影響しているのか探っていきましょう。

2-3 要素③レア度~流通量が少ないほどレア度が上がる~

最後の要素はレア度です。

前述したシードゥエラーでお話すると流通量が重要になってくる部分になります。需要に対して供給が足りないことでレア度が上がることもありますが、基本的にはそもそもの生産量が少ないため、レア度が上がりやすいこともあります。シードゥエラーは人気度でいうと他のモデルと比べるとそこまで高くないのですが、その生産量の少なさから供給が追い付いていないため、“人気”という風に見られております。

そしてもう一つ例を挙げると人気度1位の116500LNについて。

このモデルは圧倒的に人気の高いモデルとなっております。その人気から供給が追い付いていないため、レア度が高くなっております。

このレア度と言うものは『元々の生産量が少ない』ケースと『供給より需要が圧倒的に少ない』ケースの2パターンあることを覚えておきましょう。

前者であれば、極端な話をするとコラボモデルなど数量限定しているものであれば、レア度が上がりプレミア価格で取引されます。コラボモデル以外でもアンティーク品なども同様に流通量が少ないため、プレミア価格で取引されております。

後者の場合には人気度が重要です。人気であれば需要が多くなり、供給が追い付いていないためレア度が上がります。しかし人気がなくなってしまうとレア度が下がってしまうため気を付けたほうが良いでしょう。

以上の3つの要素でロレックスの相場が決定します。

ロレックスの相場は円安のタイミング人気なモデル需要が高まっているで高くなると覚えましょう。

さて、相場がどのように決まりどのように上がるのかお分かりいただけたかと思いますが『ロレックスをどのように売ったら高く売れるのか』をまだお話しておりません。

次の項でロレックスを高く売るためのポイントを紹介しますのでぜひ読んでみてください。

3 ロレックスを高く売るために覚えておきたい3つのポイント

ロレックスは高級時計の中でも最もリセールバリューが良いブランドです。100万円で購入したロレックスが120万円になることもありますし、95万円で売れることもできます。

しかし、ただ査定に持って行っては損してしまう可能性があります。そのロレックスの評価が最大になるように、最大で評価してもらえるように3つのポイントをお伝えします。

3-1 新作発表や廃盤直後は相場が高騰する可能性大!

売却するタイミングは最も重要なポイントでしょう。

新作が発表されるタイミング、また廃盤直後は相場が高騰しやすくなります。例えばGMTマスターⅡ116710BLNRを例にしてお話すると、新作のGMTマスターⅡ126710BLNRが出たタイミングで相場は30万円以上に上がっております。これは新作が出たのと廃盤となりレア度が上がり、需要も高まったため相場が高騰しました。

人気なモデルが廃盤になるタイミングは相場が上がりやすいと覚えると良いでしょう。

また、新作が出るタイミングも既存のモデルが再注目されるタイミングです。再注目されると人気も再熱するので相場が高騰します。

この新作発表と廃盤直後のタイミングが相場が高騰しやすくなるタイミングですので、もしも売ろうとしているロレックスの新作が出そうであればそのタイミングで手放すようにしてみましょう。

3-2 時計が綺麗だと査定額があがる!こまめにクリーニングしよう

続いてはクリーニングです。1-2で軽く話しましたが、クリーニングは売却する際の査定がアップしたり状態が悪いと査定額が下がったりします。

ここでのポイントは“業者に頼んでクリーニングをしない”ということです。もうすでに傷だらけの場合にはクリーニングを行ってから売るのも、クリーニングしないで売るのも売却金額に変わりはないです。ただし、ちょっと拭いてから査定することは査定額アップにつながる可能性もあるので、査定してもらう時には拭いてから持って行くようにしましょう。

また、まだ購入して間もない方に関しては、傷がつかないよう綺麗に保存しておくようにしましょう。状態が良いか悪いかで査定額に10万円以上の差がつくこともあるので、こまめなメンテナンスとクリーニングを怠らないようにしましょう。

3-3 査定前のオーバーホールは意味がない!余計な費用を発生させないようにしよう

よく聞く悩みの一つ「査定前にオーバーホールすると査定額はあがるの?」

これの答えは『上がります。』です。しかしオーバーホールをしないことをオススメします。理由は簡単で、オーバーホールの料金よりも上がることがなく、オーバーホール代損してしまう可能性が高いからです。

また、もしもアンティーク品だった場合には正規店でオーバーホールはしないようにしましょう。アンティーク品をオーバーホールすると部品が“新品”に換えられてしまう可能性があります。アンティーク品の部品が新品になってしまうとアンティークとしての価値がなくなってしまうので、アンティーク品は正規店でオーバーホールしないよう気を付けましょう。

この3つのポイントを守ることでロレックスを高く売ることができますので売る前にはタイミングと状態に気を付けて査定に挑んでみましょう。

ここまででロレックスを高く売るために必要な基本的な情報とポイントを紹介してきました。

そしてよくお客様から「個人売買と店舗で売るのどっちがいいの?」という質問をいただきます。この質問について4章でお答えさせていただきます。

4 個人売買は買取価格は高くなるがやめたほうがいい。1つのメリットと2つデメリット

結論から言うと、個人売買はオススメしません。それは売却するだけでなく、購入するときも同様です。

私の個人の考えをお伝えすると、フリマアプリやオークションサイトの利用は高級品以外であればいいと思いますが、高級品の場合には偽物も流通している可能性もあります。悪意なく売っている方もいるのですが、悪意があってわざと偽物を販売している人もいます。ですので、フリマアプリには高級品の売買は向いていないと私は考えております。

それでは“売却”するときにどのようなメリットとデメリットがあるのかをお伝えさせていただきます。

4-1 【メリット】販売価格を自由に決めることができる

フリマアプリやオークションサイトは自分が売りたい価格を設定して売ることができます。そのため、買取店の設定した価格よりも高い金額で売ることも可能です。正直な話メリットは金額しかないです。

個人的には絶対に利用しないですが、もしも買取店に持って行って買取金額に納得ができない場合にはフリマアプリやオークションサイトを使ってもいいかと思います。

個人的に絶対に利用しない理由が下記の二つのデメリットになるので、そちらでご紹介します。

4-2 【デメリット①】販売までに時間がかかるので即時現金化が難しい

まず、自分で設定した価格で売れる保証がありません。“一生売れない”可能性もありますし、売れるまでに1年以上必要とする可能性もあります。

“時間がかかる”ということは即時現金化できないデメリットもありますが、それ以外にも『その時にお店に売った方が高くなった』という損をしてしまう可能性があります。

例えば、デイトナ116500LNを売ろうと考え、20196月にお店に持って行って250万円の査定額が出たとします。納得がいかずに300万円でオークションサイトで掲載してもまった売れなく、仕方なく20199月にまたお店に持って行って売ろうとすると200万円まで査定額が下がってしまう。

と言うようなことが起こります。前述している通り、ロレックスは相場物です。相場が下がってしまって損してしまう可能性があります。もちろん逆も可能性としてはあるのですが、そのメリットを追いかけることができる人はそもそも店頭で売却しますので、あまり考えない方が良いでしょう。

また、高級品をオークションサイトで売るときには出品者の評価がポイントになってきます。高評価で埋まっているのであれば問題ないのですが、評価がない状態だと、まず売れないと思った方が良いです。

4-3 【デメリット②】売買トラブルが多発。返品や未入金の対応もある

そしてもう一つのデメリット。トラブルが発生する可能性もあります。

あなたが出した商品が本物だとしても、「これは偽物だ!」とクレームを出して返品をするような方もいます。そして返品をしてその商品がちゃんと戻ってくるのであればいいと思うのですが、その商品がちゃんと戻ってくる保証はどこにもありません。もしもそうなってしまった場合、これを法的に対応するのは出品者自身となるので、時間的にも体力的にも損をします。

時間、体力、お金そのようなデメリットがある個人売買での高級品販売はオススメできません。

もしも高級品を売却したい場合には買取店を利用することをオススメします。

5 安心と信頼の買取業者。ロレックスを最高値で買取してもらうために気を付ける2つポイント

買取業者は古物商許可証を必ず所持しております。偽物を販売することまずないのですが、もしもそういうトラブルがあった場合でも対応してくれます。売却トラブルが少ないだけでなく、お店選びを間違えなければ損することがなくなります。

この章で重要なのはお店選びです。お店の選び方を間違えてしまうと買取額に20万以上の差がつくこともあります。まず結論から言っておきますと、査定するお店は『ブランド買取専門店』にしましょう。

ロレックスの査定してもらえるお店は以下のような感じです。

  • 質屋
  • 総合買取店
  • リサイクルショップ
  • ブランド買取専門店

簡単に説明しておきますと、リサイクルショップや総合買取店は“ブランド品”の買取をメイン商材としていないため、ロレックスの価値をしっかりと定めることができません。ですので、リサイクルショップや総合買取店でロレックスを売ることはやめましょう。

それでは質屋と買取専門店の特徴を次項でお話しましょう。

5-1 安心と信頼の“買取専門店”はロレックスを最高値で買取!

ロレックスを高価買取してもらうのには査定してもらう人がロレックスに詳しい必要があります。ロレックスに詳しい店舗は大きく分けて質屋とブランド買取専門店の二つがあります。そしてその2種類の特徴をお話させていただきます。

【質屋】

・昔からあるため信頼が強い

・質預かりがメイン

・質預かりで売却をしなくてもお金を手に入れることができる

【ブランド買取専門店】

・お客様から購入したものは市場で卸す

・都心部だと買取専門店が乱立しているため価格競争につよい

・買取に特化している

2種類の特徴を見比べてみるとブランド買取専門店の方が良いことが何となくお分かりいただけるかと思います。質屋さんは昔から長く店舗経営しているところが多く、信頼が厚い特徴もあります。しかし昔ながらということもあり、最近の相場に疎い可能性が非常に高いです。高齢な方が経営している質屋さんにはありがちなパターンになります。

すべての質屋さんに当てはまるわけではありませんが、ブランド買取専門店よりも買取価格が10~20万円以上安いケースもございます。質屋さんでも2代目3代目など若い方が経営していた場合には、買取専門店の勢いに負けないように買取強化をしているケースも十分にあります。そのようなパターンも存在するので、一概に安いとは言い切れません。都心部で買取店が多い中質屋さんがあった場合には買取店が高い場合が多いので、質屋さんを使ってみても良いでしょう。

ブランド買取専門店の良いところをお伝えする前に、敢えて悪い部分をお伝えします。それは『ブランド品や貴金属』以外の日用品や家具家電に関して全くもって知識がないため、高価買取することができません。お気づきかもしれませんが、これが専門店良い部分になります。

ブランド買取専門店はブランド品に特化している買取店です。そのため、ブランド品の知識が長けております。もちろんロレックスは流通量も他のブランドと比べて圧倒的に多いため知識は他の店舗と比べると圧倒的に高いです。そして、現代ではブランド買取専門店の乱立が続いております。そのため、どのエリアでも価格競争が起きているため、買取額が高くなる傾向にあります。

高い買取額でないとお客様はついてこないので、必然的に買取額が高くなるのがブランド買取専門店なのです。これは実店舗だけでなく、インターネットでも同じことが言えます。

今の集客経路のほとんどは店頭ではなく、インターネットからのお申し込みになります。インターネットで申し込みを行い郵送で対応している人が急増しております。実は最も高く買取りしてもらえる可能性が高いのが郵送買取なので、その買取方法についてお話させていただきましょう。

5-2 買取方法は郵送買取が一番!全国どこでも高価買取を実現!

郵送買取が一番!と言いつつも、あなたが都心部に住んでいて、都心部の買取店を利用できるのであれば、店頭買取でも良いと思います。郵送買取が一番な理由は“どこに住んでいても高価買取を実現”してもらえるところにあります。

例えば、地方に住んでいた場合は利用できる買取店が限られてしまいます。その場合に近くの価格競争をしていない買取店を利用してしまうと安い価格で買取されてしまう可能性があります。

そのような可能性を回避できるのが郵送買取です。郵送買取であれば全国どこでも都心部の買取店を利用することができます。

一般的に郵送買取は無料で利用することができますし、もし値段が気に入らない場合には返品してもらうこともできます。そのため、利用する際には安心して頼むことができます。(弊社では無料ですが、一部有料の企業もありますので注意してください。)

郵送買取の頼み方はすごい簡単で、弊社の場合にはこのままスクロールしていただければお申込みすることができます。もしも他でも調べてみたい場合には『ロレックス買取』などのキーワードで検索してみて郵送対応しているところに頼んでみても良いでしょう。

また、郵送買取の前にLINE査定を試してみるのもおすすめです。LINE査定は簡易査定をしてもらうことで、大体の金額を知ることができます。写真の場合には基本的に綺麗に映ってしまうので、査定額は大きめに伝えることが多いので、あくまで目安として知っておくと良いでしょう。もちろんこの際に状態を事細かに説明することで具体的な金額も知ることができます。

いきなり郵送するのが心配な場合にはLINE査定も試してみてください。

以上の2点がロレックスを高価買取してもらうためのお店選びになります。

ブランド買取専門店で郵送買取をしてもらうことで、全国どこでも高価買取してもらうことができるので、地方に住んでいる方はもちろん、都心部の方でも一度試してみると良いでしょう。

まとめ

以上がロレックスを売るのにあたり大切な情報と高く売るためのポイントでしたがいかがでしたでしょうか?

ロレックスの金額は【相場】を参照して【傷や状態】でマイナスポイントを見て【付属品】でプラスされ、買取額が決定します。そして査定は店舗ごとに違うので、【ブランド買取専門店】に持って行って査定してもらうか【郵送買取】を利用して最高額で査定してもらう。

このページをまとめると上記のような感じになります。

売り時を間違えてしまうと損してしまうので、売り時に関してはシビアに対応するようにしましょう。

尚、弊社ではこの記事以外にも、ロレックスの記事を記載しておりますので、よかったらトップページからご覧くださいませ。

あなたのロレックス、独自の中古時計再販ルートによりどこよりも高く買取します。

あなたが大切にしているロレックス

確かな目を持つバイヤーがお客様のロレックスの正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は独自の中古時計再販ルートの他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。