高値で売れるルビーの特徴や相場、売る際のテクニックをご紹介

宝石の女王と呼ばれる真っ赤な色が特徴のルビーは、実はダイヤモンドよりも歴史が古く、太古から多くの女性に愛されてきました。 
限られた産地でしか採れず、大きなサイズのルビーは稀にしか採れないこともあり、ダイヤモンドに次ぐ存在として扱われています。 
そんな世界的にも貴重なルビーを手放すのであれば、なるべく高く売却したいですよね。 

ルビーの買取金額はお店によって大きく異なるため、査定士に任せっきりにするのではなく、あなた自身も売却に必要な知識や高値で売る方法を知る必要があります。 
そこで今回は高値で売れるルビーの特徴や買取相場、売却のコツなどをご紹介いたします。 
お手持ちのルビーを高値で売りたいと考えているあなたの参考になれば幸いです。 

1 高値で売れるルビーの4つの特徴 

いくら元値が高いからといって、全てのルビーが高く売れるわけではありません。 
色や品質、産地の違いによって同じサイズのルビーでも全く値が付かないものや、何百万円になる場合もございます。 
それでは高値で売れるルビーの特徴についてご紹介していきます。  

1-1 色味が濃く不純物が少ないもの 

出典:http://lomen.con-text.co/

 高値になるルビーの特徴は、他の宝石同様、深みのある色と透明感の強いものです。 
ただ写真の一番左のルビーのように、あまりにも深すぎる赤色の場合は黒味も混ざっていることもあり、あまり高値にはなりません。 
高値になるは上記写真の右2つのような深い赤色のルビーです。 
もし10カラット以上のサイズであれば、300450万円ほどの値がつきます。 

1-2 鮮血のように赤いミャンマー産の「ピジョン・ブラッド」 

 ※左からピジョンブラッド、ビーフブラッド、チェリーピンク 

高値で売ることができるルビーの特徴として、産地は非常に重要となってきます。 
品質のよいルビーが採れるのは主にミャンマーやタイ、スリランカ、といった東南アジアが中心です。 
その中でも全体の1/20程度しか取ることが出来ない、ピジョンブラッドと呼ばれる最高品質のルビーが取れるのは、ミャンマーの鉱山です。 

他の産地のルビーと比べると、カラット当たりの単価は10倍以上の価値があります。 
ピジョンブラッドとはハトの鮮血のように鮮やかで深い赤色と、中から輝く強い照りが特徴のルビーです。 
通常のルビーと比べてみると一目瞭然で、上記写真だと一番左のものがピジョンブラッドです。 

他にもタイで採れるビーフブラッドや、スリランカで採れるチェリーピンクなども高値で売ることが出来ます。 
ビーフブラッドはピジョンブラッドと比べると黒味の成分でもある鉄が多く含有されており、写真でいうと真ん中の色がさらに深いルビーになります。 

価値はピジョンブラッドの半分程度なので、値段があまりつかないかと思われると思いますが、そもそも産出量が少ないことから市場では高値で出してもすぐに売れてしまうほどなので、需要は高いです。
チェリーピンクは産出されるルビーの中でも透明度が高く、ピンクサファイアのような明るいピンク色が特徴の石です。 

写真でいうと一番右になります。
色が明るいので高級感というよりもファッション感覚で使われる用途が多く、ピジョンブラッドやビーフブラッドに比べると高値にはなりづらいです。  

1-3 加熱処理が行われていない「非加熱ルビー」 

出典:https://www.gemstonebuzz.com 

ルビーや他の宝石にもあたるのですが、基本的に流通している宝石の大半は、発色をよくするために熱処理や含有処理が行われます。 
写真のように宝石の原石は色が悪く、そのままでは綺麗なものとは言い難いです。 
ただ稀に非加熱ルビーと呼ばれる、原石の時点で処理が不要なほど透明感と鮮やかな発色の宝石が採れることもあり、希少価値は非常に高いです。 

加熱処理の有無は鑑別書を見ればよいのですが、もしない場合はルビーの内包物が上記写真のような、針状の内包物(シルクインクルージョン)が見られるのであれば、非加熱のルビーです。 
あなたがお持ちのルビーはいかがでしょうか? 

例えば3カラットの加熱処理が行われた、ミャンマー産のピジョンブラッドの買取額が60万円だとすると、同じ条件の非加熱だと300万円買取額が見込めます。
それほど非加熱ルビーは貴重な存在なのです。

出典:https://www.wwdjapan.com/

 非加熱ルビーで話題になったのが、2015年にで開催された宝石オークションで出品された、カルティエ製のルビーリングです。 
こちらはミャンマーのモゴック鉱山で採れた、25.59カラットの非加熱ピジョンブラッドのルビーリングで、世界最高値の117000万円で落札されました。 

非加熱ルビーは産出量が極めて少なく、5カラット以上のサイズであればダイヤモンドよりも高値になります。
もしお手持ちのルビーが非加熱処理であれば、査定額は期待して良いです! 

1-4 六方の星模様に輝く「スタールビー」 

出典:https://www.gemrockauctions.com/ 

一般的に宝石は透明度が高くなるほど価値も高くなるのですが、スタールビーと呼ばれるルビーは、内包物が星模様に見え、色の濃さと光の輝きが重要視される宝石です。 
スタールビーとは光の反射ではなく、針状のインクルージョン(内包物)が原因で六方の星のように見え、別名シルクインクルージョンとも呼ばれます。 

このシルクインクルージョンは、ルビー以外にもスターサファイアやキャッツアイなどにも該当します。 
現在流通している多くのスタールビーは色が薄く、シルクインクルージョンの輝きが弱いものが多くいので、全般的にあまり高くはなりません。 
しかし星模様がくっきりと見える程濃い赤いスタールビーは流通量が極めて少ないことから、タイ産のものと比べると10倍近い値で売ることができます。 

2 ルビーの産地別の買取相場 

ルビーは色の濃淡やインクルージョン(内包物)、照りなどの品質、産地によって査定額が大きく変わります。 
特にミャンマーやタイ、モザンビークで採れるルビーが多く出回っているので、お手元のルビーも該当するかと思います。 
ここからは産地の確認方法と買取相場をご紹介していきますので、お手持ちのルビーがいくらぐらいになるか参考にしてみて下さい。 

2-1 産地の確認方法 

お持ちのルビーがどこの産地で採掘されたのかは、鑑別書で確認することができますが、発行元が日本国内か海外なのかによって見方が変わってきます。 
海外で発行された鑑別書には産地が明記されていますが、国内で発行されたものには記載がございません。 

しかし国内で発行される鑑別書にピジョンブラッドと明記されていれば、ミャンマー産かそれ以外の産地ということは判別することができます。 
日本の鑑定機関は色や品質でミャンマー産ということが確認でき、なおかつカラーが基準値以上であれば、鑑別書にピジョンブラッドと明記することができるからです。 

2-2 ミャンマー、タイ、モザンビーク産の買取相場 

ここからはルビーの主な産地でもある、ミャンマーとタイ、モザンビークの買取り相場についてご紹介いたします。 

ミャンマー(モゴック)産 

タイ産 

モザンビーク(アフリカ)産 
 

3 ルビーを高く売るためにしておくこと4 

ルビーの買取相場は知っていただけたと思いますが、どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね。 
査定に出す前にちょっとした工夫をするだけで、査定額は大きくあげることができます。
ここからはルビーを高く売る為にしておく4つのコツについてご紹介していきます。 

3-1 宝石鑑別書があれば持っていく 

宝石は一般的に産地や色、内包物の違いで買取金額が大きく変わるので、鑑別書がないと正確な査定を行うのが非常に困難です。 
宝石は数百年~数千年単位で形成されるものではなく、数億年という長い期間を経て形成されることから、同じ産地であっても表情がそれぞれ異なります。 

なので宝石買取を行う上で鑑別書の存在は非常に重要となってくるのですが、ルビーは他の宝石に比べると、インクルージョンや成分を分析すれば産地を特定することができるので、鑑別書がなくても大丈夫です。 

その他にも 

  • サファイア 
  • エメラルド
  • パライバトルマリン 
  • レッドスピネル 
  • アレキサンドライト  

なども、同様に鑑別書がなくても産地の特定を行うことが出来ます。 
ただ買取を行う上で鑑別書がないと、産地や品質などの特定に時間がかかってしまうので、預かり対応になってしまうこともございます。 

また宝石の知識がない査定士の場合、適当な査定額になってしまう場合もございます。 
なので鑑別書をお持ちであれば、必ず持っていきましょう。  

3-2 中性洗剤などで汚れを落としておく 

皮脂やホコリで宝石が汚れていると、内包物や色の濃淡が見えにくくなるため、正しい査定を出すことができません。 
乾いた布などで簡単に汚れを落としておくだけでも、査定士からの評価も良くなるので必ず綺麗にしておきましょう。 

しっかりと洗浄するには、水もしくはぬるま湯と中性洗剤やハンドソープなどを使い、使わなくなったやわらかい歯ブラシなどで優しく磨いてください。 
たったそれだけでもルビーの輝きはかなり増しますので、手間ではありますが洗浄は必ず行いましょう。 
またルビーはダイヤモンドの次に硬度が高いので、超音波洗浄機などで綺麗にすることもできます。 

3-3 欠けやすいので個包装しておく 

ルビーはダイヤモンドに匹敵する程硬度が高い宝石ではありますが、一定方向から衝撃与えると簡単に欠けたり割れたりします。 
取り扱いに注意しないと、表面に傷がついてしまうこともあるので注意してください。 
傷がついてしまうと査定額に大きく影響していますので、ご自宅での保管や持ち運びの際は個別に包装して分けておきましょう。 

3-4 複数店舗に査定してもらう 

ルビーは金プラチナやダイヤモンドのように相場がないので、査定士によって大きく金額が異なります。 

例えばA社では30万円、B社だと10万円というようにお店や査定士よって評価基準が変わってきますので、最低でも3社以上は見てもらいましょう。 
その際に見積書を発行してくれないか、聞いてみるとよいです。 

すぐ発行してくれるところは値段に自信のある良いお店で、見積書をかたくなに作ってくれないところは、次回持込時になんくせつけて査定額を下げてくる可能性が高いので、避けた方が良いでしょう。  

4 ルビーの売却方法 

昨今はネットオークションやフリマアプリなど、お店を介さずで品物を売り買いできる時代となったので、ルビーも個人で売ることができます。 
しかし画面越しでは色味や品質の確認はとれませんし、ルビーの鑑別書がついていてもグレードの表記はないため、宝石をネットで売るのは非常に難しいです。 

なのでルビーを売却するには買取専門店で実際に見てもらうのが一番手っ取り早く、正しい価値で買取ってもらえます。 
もしお住まいの近くに買取専門店がなくても、郵送や訪問での買取が可能です。 
ここからはルビーの3つの売却方法についてご紹介いたします。 

4-1 宝石専門の買取店に持っていく 

大切なルビーを郵送するのに抵抗があるし、査定士の顔を見て売りたい。 
すぐに現金でもらいたい。 とお考えされているのであれば、店頭買取がおすすめです。 

店頭であれば宝石の裏事情やブランドの豆知識など、興味深い話を聞くことができます。 
お店によっては駐車場代やタクシー代を負担してくれるところもございますので、来店前に確認しておきましょう。 

4-2 宅配買取サービスはどこのお住まいでも利用可能 

ご自宅の近くの買取店に持って行くのも良いのですが、高く買い取ってもらいたいのであれば、多くの買取店がひしめく都心部で出展しているところに行くのがベストです。 
ただ都心部まで持って行くのが出来ない場合や、宝石以外にも多くの品物を売りたい場合は、宅配買取サービスがおすすめです。 

ブランドリバリュをはじめ、多くの買取り専門店が無料のサービスとして実施しております。 
配送料やキャンセル料などは一切なく、ご自宅から宝石やブランド品などを郵送し、お店に伺うことなく店頭同様の査定や買取を行えます。 

依頼をすれば必要な箱や緩衝材、発送伝票などを一式お送りしているので、お住いの場所に関わらず高値で売却することができます。  

4-3 商品点数が多い場合は出張買取サービスもおすすめ 

宝石やブランド品などを大量に持っていきたいけど、どうしても査定士の顔を見ないと不安。という方は、出張買取サービスがおすすめです。 

家から出ることなく、こちらも店頭同様の査定額で売却することができます。 
ただし離島や一部地域では迎えないこともあるので、出張買取の対応が可能か確認しておきましょう。 

5 高く買取してくれるお店選びのポイント3 

ここまではルビーを高く売るコツと売却方法についてご紹介してきましたが、最後は高く買取りをしてくれるお店選びのポイントについてご紹介ていきします。  

5-1 資格を持つ宝石鑑定士が在籍しているお店 

 ルビーは町のリサイクルショップなどでも買取りをしてくれますが、ほぼ間違いなく石には値段がつかず、土台の地金部分の買取り金額になってします。 
前述でもご紹介したとおり、プロの査定士でも色や品質の見極めが困難な為値付けが難しく、知識が無い場合は土台の地金部分でしか値段にならない場合が多いです。 

なので宝石の知識を兼ね備えた、宝石学会が認定したGIAFGAといった資格を取得している査定士が在籍する買取店を選びましょう。 
宝石専門の資格を取得するためには長い期間の受講と、多額の費用が必要なので、費用をかけてでも良い宝石を買取るということは、それだけ高値で売れるだけの販路を持っていることにも繋がります。 

ルビーを売却する際は、予めホームページで有資格者が在籍しているか、確認してから査定をお願いするようにしましょう。 

5-2 ブランド料はもちろんデザイン料も見てくれるお店  

小さなお店や貴金属買取専門店は、基本的に宝石と地金部分をそれぞれ分けた金額になります。 
ブランド品であればブランド料、可愛いデザインのジュエリーであればデザイン料も考慮してくれるお店を選びましょう。 

デザイン料が取れるということは、自社販売や販路が他のお店に比べると多い証拠です。 
そういったお店はルビーはもちろん、時計やブランドバッグなども査定額が高い傾向です。 
過去に買い取ったジュエリーにデザイン料も含まれた実績などがホームページに記載されているので、是非チェックしておいてください。 

5-3 貴金属の買取価格を公表しているお店 

ルビーを高く買取ってくれるお店選びは非常に大事です。 
付け加えるならさらに宝石を支える金やプラチナ部分にも、しっかりと値段を付けてくれるお店にお願いするのが一番です! 

そのためにも事前に今日の金相場は確認しておきましょう。 
ただし、金やプラチナはどこのお店に持って行っても、公表されている価格で買取ってくれるわけではありません。 

小さなお店やフランチャイズ店などは、手数料を取られたり、重さをごまかしたりと、必ずしも本日の金相場で買ってくれません。 
そうなってしまわないためにも、自社の自社のホームページで本日の貴金属の買取価格を公表しているお店を選びましょう。 

また事前にジュエリーの重さや金額をある程度知っておくことで、安く買い叩かれてしまうのを防げます。 
大きな宝石が付いているから重さは半分くらいあるのかな?と思っていても、実は以外と宝石自体は重さがありません。 

ご自宅に「はかり」があれば、ジュエリーの地金部分の金額を確認しておきましょう。 
下記は宝石を除いた、地金部分の計算方法は下記です。  

「計算方法」 
全体の重さ-(カラット数×0.2 

「例」 
重さ:6.0g 
カラット:1.0ct 

6.0全体の重さ-(1.0カラット数×0.2)=5.8g(純粋な地金の重さ) 

まとめ 

高値で売れるルビーの特徴や買取相場、売却のコツなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 
今回ご紹介した高値になるルビーの特徴は 

  • 色味が濃く不純物が少ないもの 
  • 鮮血のように赤いミャンマー産の「ピジョン・ブラッド」
  • 加熱処理が行われていない「非加熱ルビー」
  • 六方の星模様に輝く「スタールビー」 

です。 

売る前には汚れを落として傷がつかないように個包装をし、複数のお店に相見積もりを取りましょう。 
昔に比べるとルビーは希少性が高まり相場も高くなったので、売却を検討しているのであればお気軽にお問い合わせください。 

あなたのルビー。確かな目でどこよりも高くお買取りします。

あなたが大切にしているルビー

確かな目を持つバイヤーがお客様のルビーの正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は真贋技術の他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。