自粛期間を利用して行う二つの金策!給付金がもらえないリスクを解消

最悪な時代が到来しましたね。
国内外問わず感染者死者が多数いる新型コロナウイルス。このウィルスが蔓延したせいで倒産した会社があったり、大切な方が亡くなったり、世界的に大不況が訪れたりどの方面から見ても最悪な状況です。

ただ、最悪な状況の中でも動かなければ状況を変えることはできません、(家からは出ないでください。)
このページでは不要不急の外出を抑える自粛期間を利用してできる金策をご紹介させていただきます。
金策で心配の方はぜひ最後までお読みください。

1 まずは給付金についての情報を徹底的に調べる

まず大切なことは国からもらえる給付金の情報です。
仕事が無くなってしまった方、収入が下がってしまった方など生活が困難になる可能性が高い方は給付金の情報について必ず調べ上げましょう。

例えば収入が減った人が公共料金を支払えなくなってしまった場合には電気会社やガス会社に電話をすることで支払い期間を延長してもらうことが出来たり、お住いの地域によっては貸付制度もあるみたいです。

このサイトでまとめて上がっているみたいですので、給付金について知りたい方は参考にしてみて下さい。

出典:https://covid19.moneyforward.com/

ただこれは貸付だったり支払い期間の延長にすぎないので、実際にお金を援助してもらえるわけではありません。しかし最近では国が10万払うか払わないかで色んなところでもめているので、今後のお金について、かなり心配ですよね。

そこで弊社からはこの自粛期間を利用して利益を出すことが出来る金策についてご紹介させていただきます。

2 自粛期間を利用して行うことが出来る金策① 投資

自粛期間に出来る金策というとどのようなことを思い浮かべますでしょうか?
家にいてお金を稼ぐ方法としては、主に自宅で働くフリーランスの仕事を思い浮かべるかと思います。フリーランスも実際には在宅で稼げる業種ではあるのですが、このご時世サラリーマンの方と変わらず、収入が落ちている人がほとんどです。

ではどのような金策をご紹介するのかと言うとズバリ投資です。

今は世界的大不況が訪れており、金を除く投資アイテムのほとんどが下落している状況にあります。
このまま下落して無くなる投資アイテムもありますが、ここで紹介させていただくのはそのようなリスクが低い投資方法になります。

一つ目は、金投資
二つ目は、株投資

2章ではこの2点について詳細をご説明させていただきます。

2-1 金投資は今がチャンス!相場の動きが大きいので利益獲得のチャンス大

金とプラチナ、貴金属投資でよく比べられることの多いこの二つですが、弊社が現在オススメできるのは金投資です。

は有事の際に強いと言われておりますが、不景気であればあるほど金の相場が上がるという特性があるため、現在の相場が急上昇中となっております。
相場が上がる理由としては、国の貨幣価値が下がることに危機感を感じ、国ではなく世界で対応できる金を購入してリスク回避しようとする人が多いため、不景気の際に金の相場が高騰しやすいのです。
日本では貨幣価値は安定しているため『不景気になったから金を買う』と言うのは馴染みのないことですが、経済が不安定な国では給料のほとんどを金にしている人もいるくらいです。

さて、なぜ金投資が良いのか少し掘り下げてみましょう。

新型コロナの影響により金がかなり上がっている。

金は先ほどご説明させていただいた通り、不景気にかなり強いという特色があります。
そのため、本来であれば無事の際に購入しておくことが金投資のすゝめになるのですが、現在の経済状況から新型コロナの影響により不景気はかなり長い間続くと予想することが出来るので相場が上がりきる前に購入が出来る今がチャンスなのです。

どのような金が売れる?何を買ったらいいの?

まずはどのような金が売れるのか
売れる金についてご説明させていただきます。結論から先にお伝えすると、K○○などの刻印が彫ってある金製品であれば何でも売ることができます。
金のネックレス、ブレスレット、リングなどといったアクセサリー類から、金の仏像、時計のブレスレット、インゴットなどなんでも売ることが可能です。

それでは今からから購入するとしたら何が良いのか…。
それはインゴットがオススメです。インゴット投資はかなり原資が必要となりますが、利幅を大きくすることができます。また、現物であればもしも下落した場合でも長期投資に切り替えてリスクヘッジすることもできます。
最近では金ETFというFX取引のようなものもあるのですが、現物取引ではないため、現状の相場の動きからするとオススメはできないです。

最近の金相場の変動について

出典:田中貴金属

投資をするとしたら気になるのが金の相場変動です。上記の画像は年単位で見た相場です。年単位で見てみるとどんどん相場が上がっていることが分かります。
この上がり方は不景気の影響もあるのですが、インドなどの発展途上国の成長により金需要が高まったことと、コロナの不景気の影響により金を購入する人が増えたことにあります。

それでは最近ではどのようなうごきをしているのでしょうか?3月~4月の相場を見てみましょう。

34月の相場

出典:田中貴金属

一目見て分かるように新型コロナが爆発的に広まった3月後半から金相場が高騰しております。
これは国の貨幣にリスクを感じて金の購入が増えたことが理由の一つですが、もう一つの影響は投資家の買い占めにあります。
不景気の訪れは誰もが予想できたかと思いますが、不景気時に金相場が上がることを知っている人は少ないです。この相場が上がる情報を誰よりも持っている投資家たちの回心により相場が高騰したのです。
3/25に高騰して4/1頃下落したのは600円近くの上昇があったのでその時に手放した人が多いことが理由です。その下落からは緩やかに上昇しており、高い位置で推移しているので今が買い時といえます。

さて、それでは本題のこれからの金相場の予想をしていきましょう。

現在の金相場は1gあたり約6,500円で販売しております。ここからの予想をするにはまずはコロナの状況から知る必要があります。

新型コロナは研究者の発表によると、暖かくなっても収束しないと発表されております。インフルエンザなどは暖かくなると流行しなくなりますが、新型コロナウイルスの場合には暖かい地域でも感染が急増していることもあるため気温は関係ありません。
つまり、抗体が出来て感染が自然と収まるか、薬の開発により収束に向かうと予想されています。しかしこの収束時期についてですが、専門家の手によっても予想が出来ていない状況であります。
この不安要素というのは金の相場にかなり影響し、金相場は上昇していきます。

ここからはコロナが1年で収束したと仮定してお話させていただきます。
まず、コロナが収束したら金は必ず手放した方が良いです。コロナが収束して起こることは経済成長です。
世界は経済的にかなり冷え込んでいるのでどの会社も利益を獲得できるように動いていきます。そして日本ではオリンピックが開催される予定です。

オリンピックがある都市はお金の動きがかなり良くなるので経済が大きく回復する要因になります。この回復は金相場が下がる原因となりますので、コロナが収束に向かったら必ず売りましょう。

2-2 株投資は全体的に下がっている今が買い時!

二つ目の投資は株です。
株投資は難しいイメージやかなりリスクが高いイメージがあるかと思いますが、実際にはそんなに難しくはありません。
デイトレーダーなど日々の変動で利益を求める場合には、経済の流れを先読み先取りする必要があり、経験もそうですが、勘がある人が向いております。
ここでご紹介させていただくのは、短期投資ではなく、中期的に見た投資方法です。

一般的に中期投資と言うと季節銘柄を指し、季節銘柄と同じような投資方法になります。

季節銘柄とは??
季節銘柄は『特定の季節』に株価が上がる銘柄を指します。おもちゃ屋の株で例えると、おもちゃ屋は基本的には毎年何かしらのイベントを行っており、株価は落ち着いている印象があります。しかしおもちゃ屋は12月になると株価が最も高くなります。これはクリスマスと言う日本中で話題となるイベントがあるため、このようなことが起こります。確実に上がるタイミングと下がるタイミングがあるので、そのタイミングに合わせて購入と売却をすることでほぼ確実に利益を獲得ができる銘柄です。

この方法と同じようなことを現在行うことが可能なのです。
日経平均株価と言うものを聞いたことはございますでしょうか?
日経平均株価と言うのは日本を代表する225社の平均株価のことを指し、『日経平均』『Nikkei』『日経225』などと呼ばれるものです。すべての平均株価ではなく、代表企業225社の平均株価なのです。

最近この日経平均株価が2万円台を下回ったというニュースをご覧になられた方もいるかと思います。
2万円台を切った最後の年は2017年でしたので、3年ぶりの2万円以下の記録でした。2万円を切るとどういうことが起こっているかと簡単にお伝えすると、不景気が訪れていることを意味します。

不景気が訪れているということは企業の株価が大幅に下がっているため、現在は株投資を始めるチャンスでもあります。
有名株がかなり落ち込んでいることもあるため、倒産しにくい会社を選んで株を購入し、景気が良くなったタイミングをみて売却することで、得することが出来ます。

株投資を行ったことがない人でも始めやすい時期だと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

3 自粛期間を利用して行うことが出来る金策② 断捨離

「投資はちょっと敷居が高い」という方には断捨離がオススメです。

普段仕事で忙しいとなかなか部屋の片付けをすることってできないですよね。
自粛期間は良くも悪くも自宅にいる時間がかなり増えます。自宅にいる時間を使って断捨離を行うことで、気持ちもすっきりしますし、今お金が欲しい場合にはすぐにお金を入手することもできます。

3章ではこの自宅にいてすぐにすぐに現金化できる方法についてご説明させていただきます。

3-1 断捨離① 使わないものを整理する

断捨離と言えばまずは整理ですね。
いるものといらないものに分けましょう。

ここでの注意点は断捨離をするときはすぐに捨てないことです。
「売れる商品はすべて売る!」これに限ります。
家具家電はもちろん、洋服まですべて一旦捨てずにまとめておきましょう。

まとめてみると意外と高く売るものが出てきたり、存在すら忘れていたものも出てきたりします。
この存在すら忘れていたものは意外と高く売れたりするので、絶対に残しておくようにしましょう。

3-2 断捨離② 不要なものは宅配買取を頼む

さて、ここからが本題です。
断捨離したものは捨てずに取っておいて、お金にしちゃいましょう。

この自粛期間において推したいのは宅配買取一択です。宅配買取は非対面取引ですので、合う人数を必要最小限まで抑えることが出来ます。合う人数を抑えることで新型コロナへの感染リスクを最小限に抑えることが出来ます。
家に段ボールがあればそのまま送ることが出来ますし、もしもなくても買取業者によっては無料で段ボールを手配してくれるところもあるので、ない場合には頼みましょう。

宅配買取って一言で言ってもどんな風に売ればいいのかちょっと心配な要素があるかと思います。
基本的には餅は餅屋という言葉があるように、得意分野のお店に売ることをオススメします。

家具家電は大型リサイクルショップに売ったり、ブランド品はブランド買取専門店で売ったりすると良いです。
そんな買取におけるポイントを次の章でまとめさせていただいたので参考にしてみてください。

4 宅配買取を頼む際に選ぶべき3つのポイント

宅配買取の業者を選ぶポイントは大きく分けて3つあります。

  1. それぞれの専門業者に頼む
  2. 相場を更新しているところに頼む
  3. 首都圏に店舗展開しているところに頼む

    餅は餅屋にという言葉があるように、適当な業者にモノを売るのではなく、それぞれの専門業者に頼むことで査定をしっかりしてもらうことが出来ます。
    相場については特に金が分かりやすいのですが、金の相場は平日毎日更新されているものです。つまりその相場を見ることでちゃんと相場を更新しているところなのか、それとも適当なところなのかが分かります。
    最後の首都圏に店舗展開しているところは店舗が多いところに構えているお店は買取競争を行っているため、買取価格も比較的高くなる傾向があります。

    具体的にどのようなイメージなのかお伝えさせていただきます。

    4-1 ポイント① ブランド品はブランド買取業者に頼む

    餅は餅屋!頭の片隅から離れないように覚えておきましょう。

    弊社ではブランド品の買取専門店(ブランドリバリュー)を運営しているので弊社を例にお話させていただきます。
    ブランドリバリューでは毎日ブランド品や貴金属の買取を行っております。そのため、ブランド品に関する知識はどこよりも高く、偽物の情報を毎日確認したり、相場情報も確認します。
    買取品はブランド品に絞っているので、そもそもブランド品以外のノーブランドの洋服や家電の買取を行うことが出来ません。適正な価格で買取することが出来ないので、買取はしないというような感じです。

    総合リサイクルショップと言うものもありますので、総合リサイクルショップの特徴についてもお伝えさせていただきます。結論から先にお伝えすると、『安く売っても良い』と言う方は総合リサイクルショップを使ってもいいかと思います。
    総合リサイクルショップは買取商品を絞らず『売れるものであれば何でも買う』と言うスタンスの買取店です。主に家具家電などをメインに取り扱いをしているお店が多いですが、ブランド品や貴金属など幅広く買取りしている店舗です。
    1店舗に査定してもらうことで一気にモノを売ることが出来るので、かなり楽ではあるのですが、高級品においては知識が乏しく正しい査定をしてもらうことが出来ません。個人的には雑貨を買うのによく使用させてもらっているのですが、ブランド品の査定額はかなり安く、時間をかけてでも他のところに売ろうって思いました

    ブランド品はブランドリバリュー、家具家電は総合リサイクルショップ、断捨離と言うともう一つ洋服がありますよね。
    洋服の買取はノーブランドの洋服とブランド洋服の2種類に分かれます。

    ノーブランドの洋服の場合には古着屋やリサイクルショップが『段ボール一箱千円』など箱買いしている店舗があるので、ノーブランドの洋服はまとめて売りに行くと良いでしょう。
    ブランド洋服の場合にはブランド古着買取専門店(Bring)がありますので、弊社で運営している店舗などのブランド古着専門のお店に売るようにしましょう。

    4-2 ポイント② 相場を更新しているところに頼む

    相場の更新については一つの指標と思ってください。ここでの確認する相場は貴金属相場になります。
    貴金属の買取は買取業に最も簡単な買取商品ですので、基本的にはどの買取業者でも買取を行っております。

    ただ、簡単である貴金属の買取も買取業者によって値段が異なります。
    基本的には日本で多く流通している田中貴金属の相場を利用して買取をしている店舗が多いのですが、一部田中貴金属の相場とは全く関係のない安い価格で買取している店舗もあります。
    また、貴金属の買取に手数料など必要ないですが、一部店舗では手数料と言って実際の査定額から安く買取りしている店舗もあるようです。
    ホームページを見ることで相場を更新しているかどうかはすぐにわかりますが、もしもお近くの店舗で売りたいとホームページのないお店に持って行くとしたら、『今日の買取価格』を聞くと良いでしょう。『金 相場』と調べるとすぐに本日の金相場が分かるので、少しでもズレがある場合には売らない方が良いでしょう。

    4-3 ポイント③ 首都圏のお店に頼む

    最後のポイントは店舗の構える地域についてのお話になります。
    どうして地域が大切なのかというと、買取店が多い地域のお店では買取競争が起こっているので買取価格はかなり上がります。
    よく「地方と首都圏で価格が違うのはなぜですか?」と聞かれることがあるのですが、これは地方店舗では価格競争が起こらないため、利益を追求した買取を行うことが出来ます。
    企業的にはそれが良いのですが、売る側からしたら1円でも高く売れる方が良いですよね。
    また、地方は買取をした後の再販に時間がかかってしまうこともあるため、ある程度価格を下げて購入することもあるのですが、首都圏はモノの流れが速いため、薄利多売の商売で成り立ちます。首都圏のお店で売ることでかなり高い金額で売れることを頭の片隅に入れておくだけで、売るときのお店選びを絞ることが出来るかと思うので、必ず覚えておいて下さい。

    5 絶対にやってはいけない買取依頼

    最後にやってはいけない買取依頼について二つお伝えさせていただきます。
    先にお伝えしておくと

    • 飛び込み営業の人には売らない

    • 店舗に行かない

    の二つになります。

    5-1 飛び込み営業の人には売らない!

    先ず飛び込み営業についてご説明させていただきます。
    飛び込み営業はいきなりチャイムをならして営業を行うスタイルを指します。貴金属の飛び込み営業は既に法律で禁止されているため、今はほとんどいませんが、家具などの回収から入り貴金属を買取している業者がいるとよく聞きます。

    ネット社会の現代で飛び込み営業をしている時点で若干疑いはありますが、それ以上に法律的にNGなので、飛び込み営業で貴金属を買取してこようとしている業者には絶対に売ることはやめましょう。

    また、電話営業もできる限り辞めたほうがいいです。
    電話営業で「いらないミシン買い取ります」「不要な商品のリサイクルを行っています。」「片方の靴でも買取できます。」とアポイントを取得する業者もいます。
    このアポイントの正体はミシン買い取りやリサイクルの可能性が限りなく低く、貴金属やブランド品の買取がメインの業者です。高額なミシンであれば買取もできますが、一般的なミシンの買取はとても安く電話営業を行うメリットがありません。リサイクルもそうです。片方の靴でも買取できるという人もいるみたいですが、企業は慈善事業ではないので片方の靴だけの買取で出張買取をすることもありません。

    電話営業できた出張買取を頼むくらいなら自分で調べた業者に依頼した方が圧倒的に信頼できますし、買取額も高くなりますので、電話営業の業者には絶対に売らないようにしましょう。

    5-2 店舗に行って売らない!

    ここは時事的なお話になりますが、店舗に行くことは絶対にやめましょう。
    店舗に行くと新型コロナの感染のリスクが高まり、お金だけではなくウィルスももらってしまいます。

    また、宅配買取であれば、地方の方でも首都圏のエリアに頼むこともできるので、どのエリアからでも高価買取が実現します。現在の状況的のもそうですが、店舗に行くメリットが全くありませんので、宅配買取を頼んで、家に居ながらお金を手に入れるようにしましょう。

    最後に

    今回は新型コロナにおける自粛期間を利用して出来る金策についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

    まずは自分で受け取ることが出来るお金について調べてみて、それについて動いてみてください。
    そして、新型コロナでは長期間の外出自粛期間があるかと思います。この期間を利用して家の整理を行ったり、投資を行うことで新型コロナが落ち着いた頃、または家に居ながらでもお金を手に入れることが出来ます。
    どなたかも言っておりましたが、今の時代には『自己防衛』が必要です。
    自分でいつでも動けるようにして、政府に頼らずお金の工面を出来るよう準備しておきましょう。

    そして最後になりましたが、弊社ではブランド品の買取を行っている店舗『ブランドリバリュー』とブランド古着専門店『Bring』を運営しております。
    ブランドリバリューでは貴金属の買取からブランドバッグ、時計まで幅広い買取を行っております。新型コロナの影響を受け、宅配買取のキャンペーンを実施しております。
    Bringではシュプリームやルイヴィトンなどのブランド服だけでなく、ゴローズやクロムハーツなどのシルバーブランドの買取を行っております。
    この機会に不要な貴金属、ブランド品、時計などを整理していただき、不要なものがありましたら下記よりお問い合わせくださいませ。

    この記事をお読みのお客様が金銭面での心配がなくなりますよう、心からお祈り申し上げます。