もう迷わない!時計を高く売るためのお店選び!高く売れる時計も紹介

最近では買取店やリサイクルショップでものを売るよりも、フリマアプリやオークションサイトで自分のものを売ることが流行っていますね。
買取店で売るのか、それともフリマアプリやオークションサイトで売るのか、どっちのほうが高く売れるのか…。どうせ売るなら最も高く安心できるところに売りたいですよね。

そんな中で気軽に売れて投資価値としても注目されているのがロレックスなどの高級時計。発売当初110万だったデイトナ116520が現在では300万円を超える相場で取引されているくらい、高級時計の買取は盛り上がっております。
あなたの時計を1円でも高く買取してもらえる方法をこのページではご紹介させていただきます。

目次

1 高価買取している買取店の3つ特徴

買取してもらうのに一番大切なこと。それは売り先です。
お店によって買取額は違ってきます。

以下の表は実際に日経新聞社がダイヤモンドとエメラルドを査定した際の価格表となります。

同じ宝石でも買い取り価格はこんなに違う

場所

店舗

ダイヤモンド

エメラルドの指輪

新宿

A

査定せず

10万円

B

10万1000

7万700

C

査定せず

5万円

D

5万円

6万円

池袋

E

35万円

10万円

F

10万円

10万円

銀座

G

7万円

10万円

H

10万円

14万円

I

14万3000

15万円

J

25万円

20万円

台東区御徒町

K

11万円

9万6000

L

15万4500

13万4000

M

13万円

12万円

N

17万円

15万円

新橋

O

16万9000

7万1945

P

14万3000

5万円

北区

Q

10万円

3万1000

埼玉県川口市

R

10万円

12万円

千葉県浦安市

S

1万5000

1万1000

江東区

T

5万400

9万1948

出典:日経新聞

時計の話で宝石の査定額!?と疑問に思うかもしれませんが、実は時計も宝石も査定に重要なポイントが一緒なのです。それは、『店舗選び』です、

この表を見ると店舗選びをちゃんと行わないと最大50万円ほど損をしてしまいます。
これは宝石だけでなく、高級時計でも全く同じことが起こります。買取店は買取額が安ければ安いほど利益率が高くなります。また、買取店は購入後に市場に流したり、バイヤーに販売します。そのため、購入後の売却先、つまり卸額が高ければ高いほど買取店は高価買取することができます。
また、知識の少ない店舗では時計を買取する際に失敗のリスクを減らすために格安の値段で買取を行います。宝石では宝石を見ることができるかどうか、高級時計などはブランド品の知識量この二つが大切です。宝石店に珍しい時計を持って行っても格安での買取りになり、時計店に宝石を持って行っても査定してもらえないか格安での買取りになります。

売却先をちゃんと選ぶこと。それが高く売るために最も重要なことなのです。

しかし一般の方ではどこが買取額が高くてどこが低いのか見分けることが難しいと思います。
そこでこの項では高価買取しているお店の特徴を3つご紹介させていただきます。

1-1ネットで集客を頑張っているお店は安心度が高い

『時計 買取』などで検索して『 広告 』と表示されているものを見たことはありますでしょうか?

こんな感じのやつです。

これはGoogleやYahoo!に広告費を支払いすることで検索の上位表示をさせております。

20~50代のスマートフォンの普及率が9割を超えている現代ではネットでの集客が重要になっております。
また、この世代はネットでの情報収集に強い傾向があり、この世代の足元を見て適正価格よりも安く買取することは買取店側も難しいので、適正な買取金額をお客様に伝えます。
ネットでの集客をしている買取店はそのような情報収集に強いお客様を普段から対応しております。そのため、対応力はもちろん日々の相場確認、更新を怠らず適正な価格で買い取りしているお店が多い傾向にあります。
買取店を探す際にはネットでの集客を頑張っているお店に持っていくと良いでしょう。

1-2多店舗展開しているお店は買取金額アップの期待大

多店舗展開するためにはそれなりにコストが必要です。コストが必要と考えると『買取金額が下がってしまう。』と思ってしまいそうですが、実はそんなことはございません。
例えば1店舗で30万円のコストが必要で10店舗運営している場合に300万円が必要となります。会社全体で見た場合には大きいコストとなりますが、1店舗毎で考えると必要なコストは変わりません。
多店舗運営するために1番重要なのは“信頼”です。お客様の信頼がないと1店舗の運営も成功することができません。店舗が多いということがそれだけお客様に支持されていることを意味しております。買取が安かったり、接客態度がよくないとお客さまは離れてしまいます。
多店舗展開するための企業努力を惜しまない店舗は買取金額が高いので、1店舗ではなく複数店を運営している買取店を選びましょう。

1-3接客態度は口コミで事前調査ができる

ある程度買取店の絞り込みができたら、店舗の情報を調べましょう。
『○○ 口コミ』と検索することで買取店の口コミ情報を調べることができます。
Amazonレビューのように桜レビューも一部あるのですが、店員の対応や店舗情報を参考する程度に見るのにはちょうどいいです。
ただ、すべての店舗が載っているわけではございません。
載っている店舗の特徴はただ一つ、良くも悪くも認知度が高い買取店です。口コミが少ないお店は対応や査定額が悪いわけではないのですが、口コミが少ないので利用するにはギャンブル性が高まってしまいます。
なるべくであれば口コミが載っているお店で前調査したうえでお店に行くのが良いでしょう。

この3点が高価買取をしてくれるお店の特徴です。
基本的にはネットで情報を集めることができるので、事前に調査し時計を売るのにベストな店舗を選びましょう。
ただ、次のようなお店には気を付けるようにしましょう。

2 逆に売るのはやめたほうがいいお店3つの特徴

せっかく前情報でよさそうなお店を見つけても実際には査定額も安く、対応も悪いこともあります。
このようなことは特に利益追求しているお店に多く、卸先を探したり、高く買取するための努力をしていないお店が当てはまります。
情報に疎い方を集客し、安く買取をする。あまり長持ちのしない買取店1番の特徴ですね。

この項では実際に査定にもっていってから“ダメな店舗”ということがわかるケースをご紹介させていただきます。

2-1 金やプラチナなど貴金属の買取価格を公表していないお店は危険

時計の買取をしているお店のほとんどで、貴金属の買取も行っております。
これは金で作られている時計もあるため、その商品を素材の地金の重さで買取することがあるからです。
そして貴金属というのは日々相場が更新されます。ここで気を付けてほしいのは“買取価格”の表示です。相場を表示しているが、それが“買取価格”ではないケースがあります。相場を表示することで、『ちゃんとしているお店ですよ。』とアピールをしています。しかし買取額は表示されている相場価格より3割以上も安いことがあります。気付く方はここで売却することをやめるのですが、情報に疎い方は売ってしまいます。

買取額に自信を持っているお店は“買取価格”を表示しております。もしあなたが時計を売る場合には貴金属の買取ができるか聞いてみてください。どのくらいで買取できるのか聞きましょう。そして相場と照らし合わせてみてください。相場の9割以上で買取してくれるお店であれば悪くないお店だといえるでしょう。
また、『当店は時計専門店なので貴金属は他に売った方が高いですよ。』と言ってくれるお店があったら信用できるお店です。無理に安く買ってお客様が損をしないように考えてくれるお店なので、そのようなお店に当たった場合には売却しても良いと私は思います。

2-2 目の前で査定を行わないお店は商品知識が浅いので買取額が安い

査定してほしい商品を店舗にもっていった際にバックヤードで商品を査定するケースがあります。これは査定する人に商品の知識がないため、本部や詳しいお店に問い合わせするためにバックヤードで査定を行います。
この方法にも良い点はあります。それは多店舗展開をしているお店の場合、値段の開きが出ないように調整することができます。しかし、そのお店にはプロがいないことを意味しており、また相場の把握をしていないことが想定できます。
相場を把握していないということは、適正な価格で買取をしてもらえないことを意味します。会社で一定の買取額が決まっており、それに沿って買取をします。これは2-1のような利益追求型の店舗によく見られる査定方法の一つです。
更に査定時間が長いという特徴もあります。プロが見ればすぐにわかるものでも、店頭に立っている人はただの店員なので商品知識がありません。
買取価格も安く時間の無駄にもなるので、目の前で査定を行わないお店があった場合にはすぐに帰っても良いでしょう。

2-3 何度も査定金額を変えてくるお店は足元を見ているので要注意

値段を変える回数ですが、許せても1回が限度です。どんなお店でもいきなり最高額で提示することは少ないのですが、良いお店では最高額に近い金額を提示してもらえます。

何度も査定金額を変えるお店はこのようなことを言います。

店員「このモデルは10万ですね~」
お客様「安いですね。」
店員「今ならキャンペーン適用で20%アップ適用して12万円です。」
お客様「それならいいです。」
店員「今すぐ決めてくれるなら最高額の13万円で買い取りますよ」
お客様「いや、大丈夫です。」
店員「どこ行っても同じくらいの金額ですよ?」
お客様「いいです。」
店員「もし退転されたら、もう二度とこの金額出せませんよ!?

良いお店ならこんな対応はしません。
店員「このモデルは今キャンペーン適用で15万円ですね~」
お客様「もう少し上がらないですか?」
店員「ちょっと相場を確認しますね…上げる事が出来ても16.5万円が限度ですかね…」
お客様「わかりました。他の店を見てきます。」
店員「もし他のお店が安かったらうちに戻ってきてください。その時の相場の状況によりますが、なるべく最大限の値段で買い取りますので。

良いお店はお客様の対応を1度きりのものと考えておりません。何度も査定額を変えることが不信感につながり、リピーターになる可能性をかなり下げてしまいます。良いお店は短期間の店舗運営でなく、長期間運営することを目的としているため、不信感を抱きやすい行為を避けます。

もし査定してもらったときに何度も査定額を変えてくるお店はすぐに退店しましょう。

良いお店、悪いお店二つの特徴をお伝えしましたが、時計を買取してもらえるお店はたくさんの種類があり、どのお店に売ればいいのかまだ不安な点があると思います。
店舗選びの基準をクリアしており、尚且つ高価買取をしているお店をご紹介させていただきます。

3 査定してもらうお店は買取専門店がおすすめ!

時計の買取をしてもらえるお店は大きく分けて6つあります。

メイン商材

買取金額の高さ

リサイクルショップ

生活用品

×

古着屋

アパレル

総合買取店

なし

買取専門店

ブランド

質屋

ブランド(質入れ)

時計屋

時計

もう結論は書いてありますが、高価買取をしているお店は“買取専門店”が多いのでおすすめです。
時計屋さんは高く買取してもらえると思いがちですが、実はそんなことはないです。
それぞれの特徴をお話させていただきます。

3-1 まとめ売りはリサイクルショップが便利だが価格は下がってしまう。

リサイクルショップや総合買取店はほぼ同じ意味を持つ店舗運営です。生ものを除くほとんどを買取し、販売します。古着屋はアパレルに特化した店舗ですが、リサイクルショップと一緒に店舗展開していることもあります。
基本的になんでも買取してもらえるので、便利に見えますが、買取の種類が多いということはそれぞれの知識が浅いことを意味します。家の中を丸ごと見てもらったり、査定するものの件数が多い場合には特におすすめできるのですが、ブランド品だけは別のところに売ることをおすすめします。
リサイクルショップでは真贋を見分けることもできないことがあるため、買取してもしものことがあってもお店側が損しないよう買取します。つまり買取金額は特に安いです。また、メイン商材ではないため、買取金額を頑張りません。家具家電などはメイン商材なので、どこよりも頑張ってくれると思うので、家具家電を売る際にはおすすめです。

ここで覚えておくポイントは“メイン商材”です。
『高級時計は高級時計が強い店にもっていく』これが重要です。
高級時計がメイン商材でないリサイクルショップ、総合買取店、古着屋で売ることは安く手放すことを意味します。どこよりも高く売りたい場合には商材のあっているお店に持っていきましょう。

3-2 買取専門店は“買取”に特化しているので買取額が高値になる

高級時計の買取が強いお店、それは買取専門店、質屋、時計屋です。こう並べるとやっぱり時計屋さんが高くなりそうな感じがしますね…。時計屋さんが高くない理由を簡単にお話すると『需要と供給』です。
時計屋さんは買取したものを自社で販売します。そのため、よく売れる商品は高く買取をしますが、売れない商品は在庫になってしまうので、売れないときのリスクを減らすため安く購入します。
もちろん売れる商品は高く買取りをしますがほんの一部商品に限ります。時計の乗り換えを検討している場合には購入予定の時計を割引してくれることもあるので、購入したい時計がその時計屋さんにある場合はおすすめです。

質屋さんは売りたくないけどお金が欲しい場合にはおすすめです。質入れは商品を預けることでお金を借りることができます。売った方が高くなるのですが、どうしても手放したくない場合は利用すると良いでしょう。
また、最近の質屋さんでは買取専門店のように買取に特化しているケースもあります。そのような質屋さんは買取の高いケースもあるので、もしお近くに買取特化している質屋さんがあれば一度査定してもらうと良いでしょう。

そして買取専門店。買取に特化しており、その時の相場で買取してもらえます。売れるかどうかを気にすることがないので、常にどの商品でも相場で買取ができるため、高価買取を実現しています。
高価買取店でもお店により値段が異なります。これは卸先の問題です。卸値が高いオークション会場を利用していたり、海外のバイヤーとつながっていたり、企業努力をしている店舗は特に高価買取をしてくれます。もししていない場合でも相場での買取をしてもらえるので、時計の売却は買取専門店にしましょう。

3-3 フランチャイズ店はお店ごとに値段が異なるのでなるべく避けよう

注意点が一つあります。買取専門店はコンビニのようなフランチャイズで展開しているケースがあります。本部で経営している店舗であれば問題ないのですが、フランチャイズ店の場合、利益追求のため安く買取をしている店舗もあり、同じ店舗名でも店舗毎で価格が異なります。
長年フランチャイズとして店舗を運営している場合は、独自の卸先を手に入れていることもあり、本部より高く買取することも稀にあるのですが、基本的には買取した商品は本部に卸すので、本部よりも買取額が安くなりやすいです。
FCかどうかの見極め方は企業のホームページで店舗数を確認しましょう。100店舗を超えていて、且つ『フランチャイズ募集』の文言がある場合にはほとんどの店舗がフランチャイズと考えていいでしょう。

買取店を選ぶ際、店舗数に注目しましょう。100店舗以上の店舗で『フランチャイズ募集』がある店舗には査定を頼まないようにしましょう。

4 高価買取してもらうための3つの方法

店舗選びが出来たら高価買取をしてもらうための準備をしましょう。
ただ時計を持っていくだけでは買取額がかなり安くなってしまいます。
どうせ売るなら高く売って得したいですよね。私ならそう思います。

時計を高価買取してもらう方法、すなわちその時計の価値を最大限に高める方法です。
少しの工夫で買取額が5万以上アップすることもあるので、時計を持っていく前に以下の方法を参照にしてください。

4-1 売るタイミングが最も重要!相場の確認をしよう!

相場の確認。これが最も重要です。しかし、『買取相場』はどこにも掲載されておりません。貴金属は世界的に相場が決まっているので、公表されておりますが、高級時計の相場は決まっているわけではないため、公表されていないのです。
それではどの相場を確認したらいいのか。それは『販売相場』です。商品名をグーグルで検索すると、販売しているサイトがいくつか出てきます。価格.comのようなサイトでは販売額の推移を掲載しているページがあります。これを一つの目安としてみると良いでしょう。
※これは販売額の相場なので、この金額では買取してもらえません。

販売額が上がっている時は需要が高まっている時なので、必然的に買取額が上がってきます。もちろん相場物なので下がるときもあります。
そしたらいつ売るのが良いのか、それは『売りたい』と思ったその時が良いでしょう。
私の話になりますが、ロレックスGMTマスターⅡ116710LNを売ろうと思い相場を確認しました。3月に急激に相場が上がったのを見て、もう少し上がったら売ろうと思い少し待っていたら4月末にもう10万円上がりました。欲が出た私はまだ上がると見込んで売らずにいたら相場が下がってしまいました。今売ればいいのですが、売る気がなくなってしまい、結局今でも売らずに所持しております。
売ろう!と決心して売却をしていれば、今頃他の時計を手にしていると思います。また、なぜか損した気持ちになって気持ちが負けてしまいました。笑

売ろうと思ったその時に売る方が精神衛生上良いので、あなたが今時計を売ろうとしているのであれば早めに売った方が良いでしょう。
今は高級時計の相場が上がっているので、今がチャンスだと思っています。
私も気が向いたらGMTマスターⅡを手放します。涙

4-2 付属品ありで査定額アップ

購入時の付属品は取っておくタイプですか?
もしまだ残ってそうであれば、ぜひそのまま残しておいてください。付属品の有無で買取額が5万以上アップすることがあります。
付属品は主に箱・保証書・コマの3点です。箱や保証書は本物の証明となり、コマはブレスレットを調整できるので、もしまだ付属品が残っている場合には持っていきましょう。

4-3 こまめな手入れが高価買取につながる

時計を持っていく場合には綺麗にして持っていきましょう。
汚い時計を持っていくとそれだけで評価が下がります。最低限拭いてから持っていくのが良いでしょう。
また、長年オーバーホールをしていないと内部部品が汚れていたり、すぐに故障してしまうリスクもあるため、若干買取額が下がる可能性があります。
ただ、今すぐ売る時計をオーバーホールをしてから売却することはおすすめできません。査定額が下がるのはオーバーホール代くらいなので、今オーバーホールをしても正直なところ無意味です。
もし今すぐ売るわけでないならオーバーホールをした方が良いでしょう。オーバーホールをすることで内部部品は新しくなり、綺麗になります。オーバーホールをしているということはこまめに時計の整備を行い、大切にしている印象がつきます。

綺麗な時計は高価買取をしてもらえる。特に新品に近い状態であればかなりの高値になります。
まだ売る気がない方はワインディングマシンというもので保存すると良いでしょう。
ワインディングマシンとは時計を自動で動かし続けてくれる保存容器です。時計は止まってしまうと故障しやすくなってしまいます。つけないときはワインディングマシンに入れておけば故障防止にもなるので、ワインディングマシンでの保存はおすすめです。

この項をまとめると、売りたいと思ったときに付属品を持って軽く手入れをしてから査定にもっていくと高価買取をしてもらいやすくなります。
過去に戻ることはできないので、こまめな手入れは間に合わないかと思います。しかし少し拭いて汚れを取るだけで綺麗に見えますので、少しの手間を惜しまず行ってみてください。

次で買取についてのお話は最後になります。査定方法は大きく分けて3つあります。
それぞれの特徴とおすすめをご紹介します。

5 買取方法は主に3種類ある!

良い店舗の選び方、悪い店舗の避け方、高価買取してもらう準備。最後のお話は買取方法です。
買取方法と聞くとほとんどの方が『店頭に足を運ぶ』ことをイメージするかと思います。しかし買取方法はそれだけではございません。売りたいものを郵送したり、査定スタッフを家に呼んだり、買取してもらう方法は店頭での対応と合わせて主に3種類あります。

わざわざ店頭に行くのが面倒であれば郵送や出張で頼むのも良いですし、郵送や出張が心配であれば直接来店することが良いでしょう。
それぞれのメリットデメリットがあるので、あなたにあった買取方法を見つかると嬉しいです。

5-1 全国どこでも『郵送買取』はイチオシの買取方法

実は買取価格には地域差があります。例えば東京の店舗と青森の店舗だと、東京の方が高く買取ります。それは東京のマーケットだとすぐに売却ができるため、市場やオークションで高値で取引してもらえます。
そのような地域格差をなくすことができるのが郵送買取です。郵送買取であれば地域を選ばず高価買取している店舗に査定してもらうことができます。
『地域格差をなくして高価買取してもらうことができる』これが郵送買取のメリットです。

デメリットは『入金まで時間がかかること』です。
商品を梱包するための段ボールを買取店に送ってもらい、それを送り返す。最短でもここで3日かかります。
買取店に到着後査定が行われ、買取金額に問題がなければ入金が行われます。
多いのは翌営業日の15時までに入金ですが、もし土日を挟んでしまったらそれだけ遅れてしまいます。なので、郵送買取は今すぐに現金が欲しい人には合っていない対応方法になります。

逆に考えれば自分で時間を調整することができます。仕事やプライベートが忙しい人は実際に店舗に持って行ったり、出張で来た査定スタッフの対応することは難しいかと思います。
郵送買取では段ボールを送り査定額の連絡を待つだけなので、忙しい方やとにかく高く売りたい方には特におすすめな対応方法です。

5-2 商品数が多い場合には『出張買取』が便利

出張買取は店舗スタッフが実際に家に来てくれる買取方法です。
実際に家に来てもらうスタイルなので商品数が多い場合にはおすすめな買取方法で、これがメリットでもあります。
ただ出張買取ですが、査定スタッフが余っていないと出張買取の対応ができないので、出張買取を行えるお店は限られております。
デメリットは玄関先、またはリビングまで人を入れなければ家に上げなければいけないことくらいです。人を家に上げる事に抵抗のある方はあまりおすすめのできない買取方法です。

また出張買取はトラブルが多い買取方法でもあります。
押し買いというものです。売らないと断っても無理やり購入する人がいます。
現在では法が整備されたのもあり、押し買いは減ってきておりますが、まだまだ多いのも事実です。
出張買取にはそのようなリスクも伴ってくるので信用できるお店以外での利用はおすすめ出来ません。

5-3 一番安心できる買取方法は『店頭買取』

店頭買取は実際に店舗に行く方法になります。店舗に商品を持って行ってその場で査定してもらいます。
現金は当日に手に入ることがほとんどです。レアな時計の場合は“預かり”となり、数日調査が必要なケースがあります。稀な対応なのであまり起こらないですが、もしあなたの時計があまり見ないレアな時計であれば、査定に数日があることを頭に入れておきましょう。

メリットは安心感。査定スタッフの顔を見ることができます。
デメリットは実際に足を運ばなければいけません。労力を必要とするので、時間がない方やめんどくさがりの人には向いてないです。

以上3点が買取をしてもらう主な方法です。
郵送買取では全国どこでも高価買取をしてもらうことができます。もし郵送することに抵抗がないのであれば郵送買取が一番のおすすめです。もし郵送買取に不安がある場合には他の方法で、特に店頭買取がおすすめです。
前述している通り、出張買取はデメリットがあり、信頼している店舗以外での利用はおすすめできません。一度店舗を利用したうえで出張買取を頼むのであれば、楽に売却もできるので、この方法はおすすめです。

以上が商品を売却する店舗や買取方法の選び方です。
信用のできる選び店舗を選んで、ご自身にあった方法で最高額で売却できることを祈っております。

最後に2019年度特に相場が上がっている高級ブランド時計をご紹介いたします。
もし所持しているのであれば、売却する際にオススメなので、ぜひご覧ください。

6 特に高く買取してもらえるおすすめのブランド5選

300,000円くらいで購入した時計が30,000円になることもありますし、ただ、売る時期や商品によっては買った額よりも高く売れることもあります。ちなみに高級時計では購入時よりも高く売れることもあり、投資としても所持している人もいるくらいです。購入時より高く売れる時計は、投資として高級時計を所持している人の中では有名なことでも、一般の方にはなかなか出回らない情報です。もし購入時より高く売れる時計の情報があったら、実際に購入して所持しておきたいですよね。

この項では初値と現在の実勢価格の比較で、特に価格の比率が高いブランドをここでご紹介させていただきます。もしあなたが所持している時計があった場合には売却の目安としてご覧ください。

6-1 高級時計の定番『ROLEX(ロレックス)』はスポーツモデルが特におすすめ!

高級ブランド時計と言ったらロレックスです。日本だけでなく世界的に人気があり、相場は高い水準で維持しております。特に相場の高い時計はデイトナやサブマリーナなどのスポーツモデルです。スポーツモデルは特に人気が高く、購入時より売却金額を上回ることがあります。

逆に売るときに安くなりやすいのは宝石などがあしらわれているモデルです。このようなモデルは需要が少ないため、買取額が安くなります。相場に重要なのは“需要と供給”です。需要があり、生産量が少ないモデルは必然的に相場が高くなり、逆の場合は相場が下がります。需要と供給を意識することでお手持ちの時計の買取額が高くなると思うので、ぜひ頭の片隅に入れておいてください。

この項ではロレックスのなかでも特に値上がりしているスポーツモデルをご紹介させていただきます。

6-1-1 デイトナ116520

出典:ROLEX(ピンタレスト)
初値(2005年):1,172,600円
実勢価格:3,500,000円
価格比率:298.48%

ロレックスの大人気モデルデイトナ2005年の初値から比べると約250万円値上がりしております。徐々に相場が値上がりしたわけではなく、2019年に入り急激に相場が上昇しました。
2017年10月ごろでも2,350,000円で取引されていたので、2年前と比べても100万円以上の値上がりしております。現在の相場は落ち着いており、売却をするのは今がチャンスだと思います。上がる気配もありますが、下がる可能性もあるので、損する前に売ってしまいましょう。

6-1-2 サブマリーナデイト116610LN

出典:ROLEX(ピンタレスト)

初値(2010年):748,000円
実勢価格:1,250,000円
価格比率:167.11%

スポーツモデルというとサブマリーナを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ロレックスのダイバーズウォッチですね。初値から約50万円ほど値上がりしております。サブマリーナデイトもデイトナと同様急激に相場が値上がりしたわけでなく、2019年に入り相場が上がりました。
2017年10月ごろでも1,000,000円で取引されており、2年で約30万円ほど値上がりしております。8月ごろは若干相場が落ちておりましたが、現在は相場が上がり始めているので、デイトナ同様売却するなら今がチャンスでしょう。

6-1-3 エクスプローラー 214270

出典:ROLEX(ピンタレスト)

初値(2016年):562,786円
実勢価格:810,000円
価格比率:143.93%

スポーツモデルの中でも特にシンプルなデザインのエクスプローラーはビジネスシーンでも使いやすいモデルなので、スーツ姿で働く人に特に人気なモデルです。発売から3年しか経ってないですが、約30万円ほど相場が上がっております。相場の動き方はサブマリーナデイトと似ており、8月に若干相場が下がりましたが、現在は相場が上がってきているため、売却時は今がベストです。

ロレックスは購入時より値上がりすることもあり、投資として所持している人もいますが、すべてがすべて値上がりするわけではございません。基本的には購入時より値下がりするものと考えておくといいでしょう。

6-2『OMEGA(オメガ)』はロレックスと比べて安いがリセールバリューは悪くない

オメガはロレックスと比べると安価で購入でき、知名度も高い時計なので、『初めての高級時計』として購入されることが多いです。また、シーマスターというモデルはダイバーズウォッチとして、スピードマスターはアメリカ航空宇宙局(NASA)で宇宙空間でも使える時計として選定され、両方のモデルが世界中で人気を博しております。
そんなROLEXより安価なオメガでもリセールバリューの良い時計をご紹介いたします。

6-2-1 スピードマスター311.30.42.30.01.005

出典:OMEGA(ピンタレスト)

初値(2014年):400,913円
実勢価格:400,000円
価格比率:99.77%

ムーンウォッチともいわれるスピードマスター。クロノグラフを採用しており、ロレックスで例えるとデイトナのような時計です。発売から相場が安定しており、現在でも初値と同等の価格で取引がされております。相場が落ちにくい時計なので、このまま所持していても売ってもどちらでもいいかと思います。個人的には使っていないのであれば売却して、それを頭金にしてロレックスを購入することをおすすめします。

6-2-2 シーマスター 220.10.41.21.03.001

出典:OMEGA(ピンタレスト)

初値(2017年):474,993円
実勢価格:400,000円
価格比率:84.21%

オメガのダイバーズウォッチ。このモデルは150mの防水性能があります。シンプルなデザインなので、ダイバーズウォッチですが、ビジネスシーンでもよく見られる時計です。こちらは発売から相場が落ちてしまっておりますが、人気があるモデルのため、スピードマスター311.30.42.30.01.005と同様に値段が初値に戻る可能性があります。私ならもう少しだけ様子をみます。3カ月くらい様子見して上がらないようであれば、その時に使っていなければ売却するでしょう。

6-2-3 シーマスター 210.30.42.20.01.001

出典:OMEGA(ピンタレスト)

初値(2018年):471,300円
実勢価格:450,000円
価格比率:95.48%

シーマスター 220.10.41.21.03.001と比べて防水性能が300mに伸びたモデルです。ロレックスのサブマリーナのようなデザインをしている時計です。上記同様に発売から若干相場が下がっておりますが、伸びる可能性を秘めている時計です。まだ新しいモデルのシーマスターですね。時計の買い替え検討をしている場合には今が売り時でしょう。そうでないならまだ使用してもいいかと思います。

オメガは相場より若干下がりますが、相場が安定しているイメージがあります。そのため、20代の時に初めて買った高級時計が30代で売ってもそこまで値段が落ちることがありません。状態にもよりますが、40万円くらいで買ったシーマスター210.30.42.20.01.001が35万円くらいで売れるイメージなので、実際にかかる費用は5万円くらいです。リセールバリューがとてもいいので、若いうちに1本くらい購入しておいても良いでしょう。
長年使うのもよし、売って他の時計に買い替えるのもよし、購入、売却ともにおすすめができるモデルです。

6-3 最近流行りの『HUBLOT(ウブロ)』は今後に期待ができる

特徴的なビスや丸いベゼルはフランス語で船窓を意味するHublot(ウブロ)をモチーフにしたデザインとなっております。最近ではメジャーリーガーの田中将大選手とコラボし限定モデルが発売されたり、フェラーリとコラボしていたり、スポーツ界隈でとてもにぎわっており、特に人気が出始めている高級時計ウブロ。有名人や著名人が着用している時計から『成功者の時計』とも言われております。

最近人気の高級時計ウブロの価格はどのような変化があるのでしょうか。

6-3-1 クラシックフュージョン521.NX.7071.LR

出典:HUBLOT(ウブロ)

初値(2016年):935,200円
実勢価格:800,000円
価格比率:85.54%

クラシックフュージョンはウブロ初期のクラシックのデザインを継承したモデルで、ウブロの中でもシンプルなデザインとなっております。このモデルではクロノグラフを採用しており、シンプルなデザインの中でもオシャレを追及されたい方にオススメです。
初値から10万円程度しか価格が落ちず、相場が落ち着いている印象があります。
最近では特に人気が出始めているので、今後相場が上がる可能性があります。投資価値として持ちたい場合には、クラシックフュージョンよりもビックバンの方がおすすめです。
ウブロの売却タイミングは現状とても難しいです。今は高水準の相場でキープされておりますが、もちろん下がる可能性もあります。私なら今売ってしまい、ビッグバンに買い替えるでしょう。

6-3-2 ビッグバン 411.NM.1170.RX

出典:HUBLOT(ウブロ)

初値(2013年):1,665,950円
実勢価格:1,500,000円
価格比率:90.04%

ビッグバンは2005年に発表された現在でも主力製品となっている一番人気のモデルです。そのため、ウブロの中でも特に値段が落ちにくい印象です。2017年には140万円に落ちていましたが、現在では150万円以上で取引されており、その人気度がわかります。まだまだ人気が出ると思うので、今後も上がることに期待ができます。私なら3~6カ月くらい様子見して、相場が下がりそうならすぐに売却をします。

6-3-3 ビッグバン 301.SB.131.RX

出典:HUBLOT(ウブロ)
初値(2009年):862,000円
実勢価格:1,000,000円
価格比率:116.01%

このビッグバンカーボンの文字盤を使用されたビッグバンで特に売れているモデルです。その人気から初値より高値で取引されているくらいです。今ウブロは特に人気が出ているブランド時計でもあり、今後も相場が下落することは少ないでしょうが、少々古いモデルなので下がる可能性や故障する可能性があるので、もし所持しているのであれば今が売ることをおすすめします。
もし所持する場合にはこまめな手入れ、オーバーホール、傷がつかないよう保管するようにしてください。

ウブロは他の高級ブランド時計と比べると歴史が浅い会社です。しかしブランディングやマーケティングを駆使して現在かなり人気が出てきております。そのため今度の人気にも期待ができます。
売却時期はとても難しい時計です。売ろうと思ったときに売却するといいでしょう。

6-4雲上時計『PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)』600万円も相場が上がっている

雲上時計という言葉を聞いたことはございますか?高級時計の中でも特にラグジュアリーで高値で取引されている時計のことを言います。数ある雲上時計のブランドの一つ。それがパテック・フィリップです。パテック・フィリップの中でも安いものでも200万円を超え、高いものとなると数千万円の値が付くものも多いです。

そんなパテック・フィリップですが、どのようなものがあるのかご紹介いたします。

6-4-1 ノーチラス 5711/1A-010

出典:PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)

初値(2009年):2,089,616円
実勢価格:8,000,000円
価格比率:382.85%

パテック・フィリップといったらノーチラス。もっとも人気なモデルです。現在の価格は800万円で初値より600万円ちかく値上がりしております。パテック・フィリップが高いのは富裕層に人気なことも理由の一つですが、長い歴史を持っていたり、価値に見合う機能が搭載されていることが一番の理由です。機能というのもこのノーチラスは8.3mmという薄いケースで作られておりますが、12気圧防水と薄いのに防水機能も兼ね備えている他の時計ではありえないくらい特殊な技術で作られております。
新品未使用品であれば500万円をこえる買取額にも期待ができるので、初期に購入していた人はかなり得をされている商品ですね。
もし所持されているのであれば、今売ればかなり得できると思うので、一度査定にもっていってみると良いでしょう。

6-4-2 アクアノート 5164/A-001

出典:PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)

初値(2012年):2,946,666円
実勢価格:7,000,000円
価格比率:237.56%

アクアノートはノーチラスに次ぐスポーツモデルとして1997年に発売されたモデルです。こちらもノーチラス同様にかなり相場が上がっております。ノーチラスとカラトラバのいいところを取ったようなモデルですが、人気はノーチラスの方が高いです。しかし、生産量が少なく、需要より供給が大きいため、これだけ相場が跳ね上がっております。
このモデルももし所持している方がいた場合には売却を検討されることをおすすめします。

6-4-3 カラトラバ 5296R-010

出典:PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)

初値(2012年):2,786,666円
実勢価格:3,000,000円
価格比率:107.66%

カラトラバはパテック・フィリップの中でも特にシンプルなデザインの時計です。そのシンプルさから長年人気があり、相場も落ちません。しかし特に上がるわけでもないため、投資としての所持をしている人は少ない時計です。個人的にはこの時計がシンプルで好きです。
パテック・フィリップの中でも特に相場は落ち着いているため、投資としては向かない高級時計で、着用するために購入されている方がほとんどでしょう。
相場も落ちず上がらずで落ち着いているので、売るタイミングはいつでも良いと思います。

パテック・フィリップのノーチラスは現在800万円で取引されております。その世界中の人気から特に手に入りにくく、価格帯からも購入できる人が限られている時計です。
もしこの記事を読んでいる方が購入できるのであれば、1本購入して家宝にすることをおすすめします。

6-5『AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)』安定した相場。特に相場が落ちにくい

パテック・フィリップを同じく雲上時計といわれる時計の一つです。最近ではyoutuberのヒカキンが同じくyoutuberの東海オンエアとコラボ動画にて約2,000万円のオーデマ・ピゲを購入し話題になりました。一般人ではなかなか購入することができないオーデマ・ピゲも相場が落ちない時計です。

そのオーデマ・ピゲの時計を上記同様3つほどご紹介いたします。

6-5-1 ロイヤルオーク15202ST.OO.1240ST.01

出典:AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)

初値(2013年):2,023,200円
実勢価格:4,600,000円
価格比率:227.36%

ロイヤルオークはオーデマ・ピゲの代表的な時計です。8角形のベゼルに6角形のビスがついており、この特徴的なデザインは潜水用ヘルメットの窓部をモチーフにしたみたいです。
オーデマ・ピゲはパテック・フィリップと同じく雲上時計ですが、比べるとても安価に見えるのも現在人気が出ている理由の一つです。相場は落ち着いている印象があり、落ちないイメージです。もし私が購入できるようになったら一本は飾っておきたい時計の一つに入っています。
もし所持されている方がいたら、売り時は今が良いでしょう。上がっているうちに手放すことをおすすめします。

6-5-2 ロイヤルオーク26331ST.OO.1220ST.02

出典:AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)

初値(2017年):2,429,950円
実勢価格:3,000,000円
価格比率:123.46%

このロイヤルオークはクロノグラフを採用したモデルとなっております。まだ発売されてから年月は経っていないですが、相場も上がり始めております。上記の15202ST.OO.1240ST.01と同様今後伸びていく期待ができるモデルでしょう。
このモデルの売却時期は私なら3カ月くらい様子見をします。その中で下がりそうなタイミングがあればその時に売却をします。今後上がる気配はあるのですが、下がるリスクもあるので見極めていきましょう。

6-5-3 ロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.01

出典:AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)

初値(2012年):1,160,000円
実勢価格:3,000,000円
価格比率:258.62%

2019年4月に急に50万円ほどあがったモデルです。高級時計全体の人気が出始めたのがこの時計の相場が上がった理由でしょう。現在の相場は落ち着いており、今後も急に落ちることがないでしょう。個人的には投資として所持するよりは着用するモデルとして所持する場合におすすめです。逆に投資として所持する場合には26331ST.OO.1220ST.02のモデルを所持すると良いでしょう。
現在お持ちの方は今が売り時です。急に相場が上がったというのもあり、急に下がることも想定できます。もし使われていない場合には一度査定に出してみると良いでしょう。

オーデマ・ピゲはパテック・フィリップと比べると現在の上がり幅は小さく見えます。しかしまだまだ伸びしろのあるブランド時計なので、もしデザインが好きな方は購入してみると良いでしょう。
余談ですが、ヒカキンの所持しているオーデマ・ピゲは『ロイヤルオーク26510OR.OO.1220OR.01』というモデルで取り扱いの少ない商品です。価格はおよそ1500~2000万円で販売されております。

以上が特に高価買取が期待できる高級時計となります。
ロレックスのスポーツモデルは特に相場が高水準で安定しているので、購入、売却ともにおすすめできる商品となります。
また、ロレックスはロレックス専門店があるくらい需要がある高級時計です。購入時はもちろん、売却をされる際でもロレックス専門店を利用すると良いでしょう。

まとめ

時計や宝石、ブランド品を安心して高く買取りしてもらうにはとにかく情報と準備が必要です。

  • まずは店舗情報をネットで調べて情報収集。
  • 『貴金属の買取価格を公表しないお店』『目の前で査定を行わないお店』『何度も査定額を変えてくるお店』この3つが当てはまりそうなお店には十分気を付ける。
  • 査定してもらうのは『買取専門店』にする
  • 高価買取してもらうために、付属品を忘れないようにし、時計は拭いておく
  • とにかく高く買取りをしてもらいたいなら『郵送買取』を利用する

冒頭でもお話した通り、高級品の売却金額は店舗によりかなり差がつきます。
以上5点を意識することで高値で買取してもらうことや、安心できる店舗を選ぶことができます。
もし意識せずに店舗選びに失敗すると数十万円損してしまうこともあります。

この記事をお読みいただき、お持ちの時計が1円でも高く売却できることをお祈りしております。

あなたのロレックス、独自の中古時計再販ルートによりどこよりも高く買取します。

あなたが大切にしているロレックス

確かな目を持つバイヤーがお客様のロレックスの正しい価値と驚きの価格を提案します。

弊社は独自の中古時計再販ルートの他にも4つの強みがあります。

・常に弊社より見積りが高いところが無いか調査し、一番高い買取が実現できるように努めています。
・問い合わせてから査定をするまで全て無料!もちろん郵送、出張買取サービスも無料で承っています。
・LINE、電話、メール!お好きなお問合せ方法が選べます。
・スピードにも自信あり。最短、最速でお客様の期待に応えます。

現在、新規のお客様はお見積り金額最大20%UPのキャンペーン実施中です。

下記の問い合わせページから今すぐお好きなお問合せ方法で問い合わせしてみてください。